お仕事中の妊婦さん必見!妊娠初期に気を付けること!

「妊娠と同時に、つわりが始まっちゃったみたいなんです…」
先日、妊娠初期の後輩が、ぐったりした様子で出社してきました。

ぐったりの原因は、満員電車で誘発されたつわり(-_-;)


お腹が目立つわけでもない妊娠初期。

妊娠前と同じ生活スタイルで大丈夫と思うプレママさんは、
意外に多いのではないでしょうか?

しかーし!妊娠初期だからこそ、気をつけなければイケないことが、
たくさんあります(;゚Д゚)!

実は流産のリスクが高く、この程度は大丈夫と思う事でも、
妊婦の身体には負担がかかっていることが多いです。

ましてや仕事をしているなら余計に、
自分の身は自分で守らなくてはなりません。


そこで今回は、仕事を持つ妊娠初期の妊婦さんが、
安全に赤ちゃんを産むために気を付けること
をご紹介します!

あなたにも、あてはまる事があるか、
チェックしてくださいね^^


スポンサーリンク


通勤中に気を付けたこと!

まずは通勤編です。

ここで気をつけたいことは、大きく分けて2つ!

  1. 満員電車をさける
  2. 通勤方法を考える



それぞれを見ていきましょう!


1つ目は、満員電車は避けるということ。

満員電車は、妊婦じゃなくても気分が悪くなることがあります。

妊娠初期でつわりがある人は、
その確率がぐーんと上がります(;´Д`)


実際私も、妊娠初期の頃に満員電車で気分が悪くなり、
毎回ホームに降りては、次の電車に乗るを繰り返したことが…

ギリギリ出勤時間には間に合いましたが、
精神的にも体力的にも、すごいストレスを感じました。


妊娠中は、満員電車を避けるために、早い時間で空いている電車にしたり、
出勤時間を少し遅くしてもらうといった工夫は、必要ですね!


そして、2つ目の注意点としては、通勤方法を考える!

通勤に車やバイク・自転車を利用している人は特に要注意!

妊娠中は、あなたが思っている以上に、様々な変化があります

例えば、急に睡魔に襲われたり、バランス感覚が鈍くなったり、
判断力が低下することなどもあるんです。


こういったことから、妊婦が車やバイク・自転車の運転をすることは、
あまりおすすめできません!

運動もかねて徒歩にしたり、バス・電車で通勤に変えましょう。


スポンサーリンク


勤務中に気を付けること!

つづいて、勤務中に気をつけたいことです。

ここでは主な3つのポイントをご紹介します!

  1. 重い荷物は持たない
  2. 履物について
  3. つわり対策



まず1つ目は、重い荷物は持たないこと

お腹が目立ってくる妊娠中期以降になると、
体勢的に荷物を持つことが辛くなるのですが、
初期のうちは大丈夫と思い、持ってしまいがち(-_-;)

けれど、お腹に力を入れて荷物を運ぶような行動は、
妊娠初期には、とっても危険なこと

赤ちゃんが育つ子宮が安定していない妊娠初期の今が、
流産のリスクが一番高いんです。

そんな時、お腹に極端な力を加えてしまうと、
子宮にも影響を及ぼす可能性が((( ;゚Д゚)))

ちょっとでもお腹に力が入ってしまう荷物ならば、
周りの人にお願いして、一緒に持ってもらうなどがおすすめ!


妊娠初期に気を付けること


次に、2つ目の履物について

妊娠中と言えども、女性としては、オシャレにはこだわりたいところ(*^_^*)

見た目もおしゃれな高めのヒールなど、履いてませんか?


気持ちは分かりますが、高いヒールは転倒のリスクがあるので、
どうしても履きたい場合は、3CMまでのパンプスにしましょう。

お腹の赤ちゃんを守るため、女子力より母性を高めがおすすめです!


ちなみに、内勤のお仕事をしている人で、
サンダルのようなものを履いている妊婦さんもいると思います。

基本的には、ヒールがないので良いのですが、
サンダルの裏側がツルツル場合は注意が必要

床がタイル地のところなどで濡れていたりすると、
かなり滑って危ないです(;´Д`)

そこでおすすめなのが、ナースサンダル

裏側が、滑りにくい加工をしているので安心です^^


仕事をする妊婦


最後に3つ目は、つわり対策について

つわりは個人差があるので、全く経験しないで出産を迎えてしまう人もいますが、
多くの人は、何らかの症状に悩まされます。

さまざまな症状がありますが、一番多いのは、吐き気


臭いがきっかけで起きたり、突然襲ってくることもあるので厄介なところΣ(゚д゚lll)

対策としては、炭酸飲料や酸味のある食べ物など、
スッキリするものを常に近くに置いておくと

仕事中にちょっと吐き気がしてきたと時は、
炭酸水を飲んだり、プチトマト食べるだけで、
スッキリして、吐き気が治まりますよ^^


ちなみに、しょうがもおすすめ!

しょうがには、吐き気の症状を和らげてくれる作用があるので、
しょうが湯やジンジャーティーを飲むと楽になります。

お寿司についてくるような小分けのガリを持ち歩くのも良いですよ。


まとめ

いかがでしたか?

通勤手段や勤務時間の過ごし方など、
妊娠初期だからこそ大切なこと。

そして、仕事をしている妊婦さんが一番気を付けてほしいのが、

絶対に無理をしないこと!

妊娠は病気じゃないから、このくらいは大丈夫…
自分に言い聞かせながら、残業をこなしたり、仕事を抱え込んでしまう人がいます。

けれど、妊婦になった今最優先するべきことは、自分とお腹の赤ちゃんを守ることです。

仕事はもちろん大切ですが、赤ちゃんを産むために、
日々変化していく母体には、想像以上に負担がかかっています。

少しでも体調が良くない時は、無理をせずに休む!

妊娠初期の体に対しては、「過保護かも」と思うくらい、
自分を甘やかして、自分に合った通勤方法や勤務中の過ごし方をしてくださいね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ