子供の肥満の原因!実は親にあるってホント?

小学生の10人に1人は、肥満児だという言われますが、
なぜ、これほど子供の肥満が多くなったのでしょうか?


確かに昔にくらべれば、食事の内容も生活習慣もかなり違いますが、
偏った栄養の食事、不規則な生活、運動不足などなど、
子供が不健康な生活を送るのには、親の責任の部分も多いです。

しかし、親の責任で肥満になるのであれば、裏を返せば、
親であるあなたのサポートがあれば、改善できるという事ですね!


そこで今回は、子供の肥満の原因で、親が気を付ける事をご紹介します!

この記事を読み終わる頃には、お子さんの生活習慣に変化が起きるかも?


スポンサーリンク


ズバリ、肥満の原因とは!

子供の肥満の原因の95%以上は、
食べ過ぎか運動不足、またはその両方です!


子供と言えども、大人と同じように、
消費するエネルギーよりも、摂取するエネルギーが多ければ、
余分なエネルギーが脂肪になります。

そして、恐ろしいことに、メタボ、高血圧、糖尿病、高脂血…など
中年の生活習慣病と思っている病気に、子供もなってしまうのです((( ;゚Д゚)))

その為、最近では「小児肥満外来」を設置して、
専門的な対応策をする病院も増えています。

もちろん、そういった身体的な負担だけではなく、
本人が見た目を気にするようになったり、お友達にからかわれたり、
精神的な負担となることも少なくありません。

カワイイ子供がそうなる前に、それぞれの原因を、
もう少し詳しく見ていきましょう!


スポンサーリンク


主な原因は、やっぱり食生活にあり!

子供の肥満率は、

  • 両親が共に太っていると、子供の肥満率:約80%
  • 両親のどちらかが太っている:30~70%
  • 両親共に普通か、もしくは痩せている:約10%

と言われてます。


実は、これは遺伝が原因というよりも、
その家族の食生活の習慣が問題だと言えます。

例えば…

  • 外食が多い
  • ジャンクフードを好んで食べる
  • 夕食の時間が20時を過ぎることが頻繁にある
  • 早食いだ
  • 大皿に盛って、個人個人が好きなだけ取って食べる
  • ごはんや麺類、パンなどの炭水化物の摂り過ぎ(糖分が多い)
  • 果物の摂り過ぎ(糖分が多い)
  • 間食の摂り過ぎ(市販のおやつは糖質、脂質共に多い)
  • 揚げ物や肉料理が多い(脂質が多い)

外食だと、自分の好みのものばかり食べてしまい、
どうしても、偏食になりがち(-_-;)

栄養バランスが崩れるだけでなく、
添加物や糖質、脂質の多い食事は肥満のもとです。


子供の肥満


また、大人だと「22時以降に食べると太る」なんて言いますが、
食事の消化には、少なくとも2時間は必要とされます。

寝る時間から逆算していくと、大人の場合に22時でも、
子供だと20時には夕食を済ませておきたいものです。

早食い+大皿で好きなだけ食べる、という習慣もNGです。

人の満腹中枢(おなかが満たされてきたな~と感じる神経)が刺激されるのは、
食べ始めてから、15分~20分後と言われています。

早食い+大皿料理となると、満腹感を得る前に、
好きなものをどんどん詰め込んでしまうことになります。

これでは当然、カロリーオーバー((( ;゚Д゚)))


これらの食生活の習慣で思い当たることがあれば、
少しずつでも改善をしてみてください。

体重だけでなく、体調もよくなるはずですよ(*^_^*)


「ここで言われるような食生活は送っていないわ~」
という場合には、運動不足が原因かもしれません。

次に運動不足について見て行きましょう。


運動しなければエネルギーを消費できません!

あなたの子供は身体を動かすことが好きで、
積極的に、運動をしていますか?

実は、太っていることが原因で、
負のスパイラルに陥ってしまうケースが多いのです。

  • 太る→体が重い→運くのが億劫→運動が嫌い→エネルギーを消費できない→太る
  • 太る→運動する→少しの運動でも大汗をかく→甘いジュースをたくさん飲む→太る
  • 太る→運動が苦手→お友達の遊びについていけない→ストレス→食べる→太る

などなど・・・。


かと言って、「運動しなさい!」と親が強く言っても、
一度、運動に苦手意識を持った子供はなかなか動きません(-_-;)


そんな時こと、あなたの出番です!!

早朝に親子でランニングしたり、週末に家族でアスレチックに出かけたり、
親子マラソンにエントリーするのも素敵ですね。

親が誘い、楽しく一緒に身体を動かすことで、
子供も抵抗なく運動することができるようになります^^


肥満の原因

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまで読んでくださったあなたにはもう、
「不健康な生活が子供の肥満を作る」
ということにお気づきだと思います。

そして、肥満が更なる体の不調を呼んでしまい、
本当に不健康になってしまったら、それこそ大変ですよね。

適度な食事、適度な運動は、快適な睡眠にもつながります。

成長期のお子さんに健康的な生活を送らせる為には、
あなたのサポートが絶対的に必要ということになりますね。

この記事が少しでも参考になって、ここから改善してみよう!
と思ってもらえたら嬉しいです。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ