どうして同じ孫なのに差別する?された子供を救う方法!

「可愛いわね、いくつ?」「まぁ、お利口さんね」なんて街で声を掛けられると、
自然と笑顔になり温かい気持ちになりますね(*´▽`*)

自分の子どもが、誰かに褒められたり愛されている姿を目にすることは、
本当に幸せを感じますが、反対に、自分の子どもだけが冷遇されていたら…

自分のこと以上に、ツラくて胸が苦しくなります。

しかも、名前も知らない人からでもツライのに、
血の繋がった家族からなら、なおさらツライです(ーー;)


そして、意外に多いのが祖父母のよる孫差別

そこで今回は、祖父母により孫差別の実態と対処方法をご紹介します。

経験した人の生の体験談もありますので、
是非、参考にしてください!


スポンサーリンク


経験者が語る孫差別の実態!

孫差別に悩んでいる人は、意外と多いです。

何を隠そう私もそのうちのひとり…。

しかも、私の子供が両親から差別を受けて悩んでいるのではなく、
私自身が父方の祖母から孫差別を受けていました。

なので、孫差別をされた孫の気持ちが、痛いほど分かります。


ここからは、孫差別を受けた子供がどんな気持ちで過ごしていてるのか、
私の体験談をお伝えします!


まずは、なぜ私が冷たい待遇を受けたというと、
それは、私が次女だから

え、そんなことで?と驚くと思いますが、本当にこんな単純な事です。


驚く女性


大きくなってから知ったことですが、私が生まれて性別がわかった瞬間に、
「また女か…」と一言。

以降、私という孫が祖母の関心を惹くことはなかったです。


その時の私の気持ちはというと、
「いつもどうして?」と思いながら、寂しかったです。

冷たくされていることも、寂しかったんですが、
無条件に愛されている姉弟が羨ましく思っていました。


ここまで読んで、どんよりとした気持ちになったらごめんなさいm(_ _)m

しかし、このことが私の心に深い傷として残っているかというと、
実は、そうでもありませんヽ(*´∀`)ノ

どうして、こんなにあっけらかんと昔話として話せるのかと言うと、
それは、私がちゃんと救われた子供だからです!

では、もしも、あなたの子供が孫差別を受けたら!?
その対処方法をご紹介します!


スポンサーリンク


どうすれば我が子を寂しさから救えるの?

まず、父親・母親(子どもにとっては祖父母)を変えよう!と思っても、
相手はあなたよりも、何十年も長く生きている大人ですから、なかなか難しいです。

もちろん、説得して変わってくれたら、それ以上嬉しい事はありませんが…
私の祖母は変わりませんでした(ーー;)


でも、そんな状況でも、

祖父母の悪口は決して言わない!

子供はあなたの顔が悲しみや怒りで歪むことより、
笑ってくれていることが何より幸せなのです。

子供は、差別される理由を自分の中に探して、
自分のせいで、大好きなお母さんが悲しんでいると思います。


「私が良い子なら…」「私が愛されれば…」
なんて思って、胸を痛めています。

ちなみに、祖父母を変えるのが難しいのと同じくらい、
孫を嫌う理由を改善するのも難しいです。

私のように理由なんてあってないようなもの…

次女であることはどうしようもありませんし、
生まれた順番を変えることなんてできませんからね^^

内孫か外孫か、実娘の子か嫁の子か、懐く子か人見知りが激しい子か…
仮に変えられたとしても、他の孫たちと同じように愛される保証もありません。


大切な我が子を理不尽な寂しさから救うためには、
現状を変えようと努力する事よりも大切なことがあります!

それは、あなたにしかできない事で、
母が私に使ってくれた、とっておきの魔法は、

「あなたが一番好き」「あなたが一番かわいい」と伝える!



内緒だよと前置きしてから、伝えると更に効果的です!

私の母親は愛情深い人で、私たち姉弟を平等に愛していることは、
幼いながらも感じていました。

でもやっぱり、誰かの一番になれることは、
涙がでるほど、嬉しんです!

そう言って抱きしめてもらえたことで、
私は、心に深い傷を残さずに母親になれました(*´▽`*)


子供を愛する

まとめ

祖母は私に話しかけても笑いかけてくれませんでした。

「でもお母さんは私を愛してくれている」という強い確証があったから、
私の心は寂しさで壊れることなく成長しました^^

そうされることで、私の中には寂しい思いをした記憶よりも、
愛された記憶、母が守ってくれた記憶の方が圧倒的に強く刻まれています。


心の処理をうやむやにできない子どもにとって、
愛されるべき身近な存在からの冷たい対応は、心に大きな穴が…

しかし、最も身近で、最も愛されたいあなたやお父さんであれば、
ちゃんとその穴を埋めることができるのです!

変えることが難しい現状を改善しようとするより、
寂しさをしのぐ愛情を伝えてあげてくださいね!

あなたの大きな愛情があれば大丈夫!
あなただけが守ってあげられるのです!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



4 Responses to “どうして同じ孫なのに差別する?された子供を救う方法!”

  1. mi より:

    私も祖母から差別を受けています。
    なぜか分からないけれども少しのことで怒るし、姉に同じことを祖母が言うと私とは違い、優しく慰めてくれたり
    しています。私のお母さんは気が弱いので私が何か祖母に言われたら祖母から見えないところで慰めてくれます。私も
    次女なので差別をされるかも知れません。でもこれがいつまで続くのかが分からないのでとっても嫌です
    早く差別をやめて欲しいです。私も心が弱いので1度死のうかとしました。
    熊本からです

    • nico より:

      mi様 
      コメントありがとうございます。

      それは大変ですね。そして、とても難しい問題です。

      原因が分からないのに、怒られたり差別されるとツラいですよね。

      お母様が、見えないところで慰めてくれるのが救いですね。一日も早く差別がなくなり、明るい毎日になるように願っています。
      くれぐれもご自愛くださいませ。

      また、熊本体という事、この度の震災で、被害の大きさに未だ信じられない驚きでおります。心よりお見舞い申し上げます。そして、一日も早い復興を願っております。

  2. himo より:

    私も父方の祖母から差別をうけています。
    態度の違いに疑問を思うばかりです。
    私の母は、これといったことはしませんが、思いきって相談したら、励ましてくれました。
    これから、頑張って行こうと思っています。

    • nico より:

      himo様

      コメントありがとうございます。

      お母さんに勇気を出して相談して良かったですね。一人でも分かってくれる人がいるとずい分違いますから。

      無理をし過ぎず、頑張ってください。himo様が幸せになれますように願っています。

コメントを残す

このページの先頭へ