ひな祭りの由来!子供にも伝わる簡単な説明を考えた!

3月3日は、ひな祭りですね!

あなたは、雛祭りの由来を、知ってますか?

実は、私は子供に、

『ひな祭りって、どうしてするの?』

と聞かれて、答えられませんでした(ーー;)

しかも、おどおどして、笑ってごまかしながら、
逃げてしまいました(笑)

親としての面目丸つぶれです・・・。

そこで、ひな祭りの由来と意味を、
子供に分かりやすく、簡単に説明できるように徹底的に調べました!

調べて分かったのですが、そこには優しい気持ちが・・・・。

子供に質問されても、安心して答えれて、
しかも、大切な気持ちも伝えるように、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


桃の節句とは?

3月3日は、雛祭りですが、桃の節句とも呼ばれます。

節句とは、季節の節目となる日として、
日本では、昔から年中行事が行われていました。

もともとは、中国からきた習慣で、季節の変わり目の節句に、
旬の食べ物を食べて、邪気を払うのが目的です。

正しくは、上巳の節句(じょうしのせっく)と言われる3月の節句ですが、
3月が桃の咲く時期で、桃には邪気を払う力がある事から、
3月3日が、桃の節句と呼ばれるようになりました。

では、なぜ桃の節句が、ひな祭りの日になったのでしょうか?


スポンサーリンク


ひな祭りの由来とは?

ひな祭りの由来を見ていきましょう!

もともと、中国には上巳節句に、
川で身を清めて、災いや、邪気を払う習慣がありました。
これが、日本に伝わった時に、自分の災いを、人形に変わりになってもらい、
川に流すようになりました。


この頃に、身代わりに流していた人形は、
草や、わらや、紙などで作られた、素朴な作りの人形だったようです。

この素朴な人形に、病気や災いを、身代わりになってもらい、
健康と幸せを願って、川や海に流してました。

また、この頃の貴族の女の子の間では、
紙の人形で着せ替えや、ママゴトをする『ひいな遊び』が、流行ってました。

人形を流して健康と災いを払う習慣と、女の子の人形であそぶ『ひいな祭り』が、
合わさって、ひな祭りになりました。


ひな祭りの時に、もともとは、人形に災いや願いを込めて、
川に流してました。

しかし、ある時代(江戸時代との説あり)から、
人形を川に流すと、川や海が汚れという理由で流すのをやめて、
飾るようになったと言われています。


雛人形を飾る


娘の災いを引き受けて、幸せにしてくれるひな人形は、
次第に、華やかな人形になり、徐々に豪華になっていきました。

当時は、豪華なひな人形を持っている事が、
自慢になり、憧れの象徴にまでなったそうですよ^^


そして、桃の節句には、ひな人形を飾って、
女の子の成長・良縁・幸福を願い祝う日として、今のかたちになりました。

もともとは、性別や年齢は関係なく、全ての人の災いを払い、健康を願う日だったのが、
長い年月をかけて、女の子の日になったのですね^^


ちなみに、今でも奈良県や鳥取県には、
流し雛の習慣が残っているところもあります。

一度、参加してみるのも、
風情を感じれて、楽しいかも知れませんね^^

では、子供に分かりやすく簡単に説明すると、どのようになるのでしょうか?


子供に分かりやすく簡単に!

なるほど、ひな祭りの由来は分かりましたが、
子供に、説明するとなると少し難しいです(´Д`;)

そこで、子供にも分かるように、簡単に説明できるように例文を作ってみました!


3月3日は、女の子の成長を喜び、幸せを願う日なんだよ。

もともとは、女の子の病気や、悪い事の身代わりになってもらっ人形を、
川に流していたんだ。

ちなみに、流していた人形は、紙や草や土などで作っていて、
あまり、キレイではなかったみたいだけど^^

そんな時に、女の子の病気や、災いを祓って、
幸せにする不思議な力があるひな人形が、できたんだって。


ひな祭りの由来を簡単に


そして、雛人形を、キレイに飾るとその家の女の子が、
病気もしないで幸せになると、言われ始めたんだ。

それから、3月3日には、雛人形を飾って、
女の子の、健康と幸せをお願いする為にひな祭りをするんだよ!

だから、ウチでも、○○ちゃんが、いつまでも、元気で幸せになって欲しいから、
ひな祭りは、家族でお祝いをしよう!



私の場合、こんな感じ説明すると、娘が嬉しそうな顔してくれました^^


ちなみに、『私ならこう説明するのに!』があれば、是非コメントくださいね!

みんなで、シェアしましょう^^


まとめ

ひな祭りの由来にも、ちゃんと意味があって面白いですね^^

しかし、子供にも分かりやすく説明するのは、なかなか難しいです。

私も、子供の『これって、なに?』攻撃には、いつも、頭を悩ませます(笑)

この記事が、少しでもあなたのお役に立てて、
素敵なひな祭りを過ごせれば、嬉しいです!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ