赤ちゃんの鼻づまり!風邪が原因のときは解消法が効果的!

スヤスヤと眠っている赤ちゃんを見ている時…
ママになった喜び、我が子への愛おしさを感じて、とても幸せな時間ですよね。

しかし、赤ちゃんが風邪をひいて鼻づまりになると、
そんな幸せな時間を感じることができません(;´Д`)

鼻がつまり呼吸出来ない赤ちゃんには、ミルクを飲むのもひと苦労


鼻が詰まって苦しい赤ちゃん、そしてそれを見てツラいあなたのために、
赤ちゃんの風邪、ここでは特に鼻づまりの解消法についてご紹介します!


ちなみに、私は、赤ちゃんの鼻づまりに悩まされ続けて、
ありとあらゆる方法を試しました。

そして、その中でも抜群に効果的だった方法を、ここでご紹介します!

これを参考にしてもらえれば、
あなたの赤ちゃんのスヤスヤかわいい寝顔がゆっくりみれるかも^^


スポンサーリンク


鼻づまり解消法4選!

細かいことはさておき、まずは、簡単ですぐにできそうな解消法から

部屋の加湿

部屋の湿度は60%くらいが望ましいので、
湿度計付きの温度計を置いたりしながら、こまめにチェックしましょう。


「…加湿器ありません(;´Д`)」
なんて、加湿器が無いあなたでも大丈夫!

赤ちゃんがいる部屋に、洗濯物を干したり、濡らしたバスタオルなどを、
ハンガーに掛けて吊るすことでも、十分に加湿することは出来ます。


ただし、注意点としては、万が一の落下とタオル等による窒息を防ぐ為、
赤ちゃんが寝ている真上を避けて干しましょう。

さらに、加湿器を使用する場合は、フィルターなどをこまめにお手入れをして
雑菌が飛散しないようにしてくださいね。

鼻を温める

熱すぎないお湯に濡らしたガーゼやタオル等(蒸しタオル)で、
鼻の眉間に近い部分を温めます

温めることで血流が良くなり、気道が広がって空気の通り道が確保され、
鼻づまりが解消されますよ(*^_^*)

注意点としては、赤ちゃんの鼻の穴と口を塞がないように気をつけましょう。

お風呂で体を温める

発熱、嘔吐、咳などが無ければ、室内と浴室を十分に暖めてから、
お風呂に入れてあげましょう。

お風呂で温まることで全身の血流が良くなり、
鼻の粘膜のむくみや腫れが解消されてきます。


また、お風呂の蒸気で固まっていた鼻水も柔らかくなって、
吸い出しやすくなりますよ。

注意点としては、普段の沐浴と同じように、
あまり長時間の入浴は避けて、10分程度にしましょう。

上体をを高くして寝かせる

仰向けになると鼻づまりは余計に苦しくなるので、
寝かせる際は、頭の方を高くしてあげます

適当な厚みになるように畳んだバスタオルや座布団などを、
赤ちゃんの布団の頭側の下に入れます。

このとき頭から腰にかけて、なだらかな傾斜になるように調整することがポイントです。


上体を起こすことで、痰やのどに落ちてきた鼻水を飲み込みやすくなり、
鼻の通りがよくなります。

注意点としては、枕などで頭だけを高くしないでくださいね。

赤ちゃんの首を痛めてしまったり、
余計に鼻をつまらせてしまうことがあります(;´Д`)


赤ちゃん鼻づまり

そもそもなぜ鼻がつまるの?

どうして赤ちゃんは、よく鼻が詰まるのでしょうか。

人間の鼻は、外からウイルスやアレルゲン(ダニや花粉など)が、
鼻腔内に入ってきた時、鼻水を大量に分泌して異物を洗い流そうと働きます。

このとき、鼻腔内の毛細血管が広がることで、
鼻の粘膜は腫れるので、空気の通り道が狭くなるのです。


さらに、赤ちゃんは大人よりも鼻の穴が小さいので、
どうしても詰まりやすくなりますね(-_-;)
 

また、赤ちゃんは乾燥予防と体温調節のために、
大人よりも鼻腔内が敏感に反応するため、
余計に鼻づまりが起こりやすいのです。


スポンサーリンク


薬を使わずに改善する方法とは?

先ほどの方法を試したけど、イマイチ効果が感じない。

とは言え、月齢の小さな赤ちゃんに、薬はなるべく使いたくない・・・
小児科の診察時間が終了しているが、夜間救急に行くほどではない、でも苦しそう・・・

そんなあなたへ、次のような、まるで「おばあちゃんの智恵袋」
みたいな改善方法は、いがでしょうか?

  1. 玉ねぎのスライスをお皿に少しのせ、枕元に置く
  2. 玉ねぎを切っていると涙が出てくるのは、からみ成分で硫化アリルと言います。この硫化アリルは、粘膜の炎症を抑えてくれるので、においを嗅ぐと鼻が通ってきます。

  3. アロマオイルを枕元にたらす、又はお湯にアロマオイルをたらしたものを部屋に置く
  4. オイルの種類としては、ユーカリ・ペパーミント・ラベンダー等が、鼻づまり解消に効果があり、同時に気持ちを静めて寝付きやすくしてくれます。

  5. 小鼻の脇のちょうどへこんでる辺りは「迎香(げいこう)」と呼ばれるツボを押す
  6. ここを軽く指で押してあげると、鼻が通ってきます。



とっておきの裏ワザ!

効き目の持続時間は短いかもしれませんが、
とっておきの裏技があります!

一時的にでも赤ちゃんの鼻がスーッと通って、
ご機嫌になっている内にスヤスヤと眠ってくれたら、
あなたもちょっとは休めますね(*^。^*)

  • 裏ワザ①
  • 赤ちゃんの鼻の入り口を、綿棒またはティッシュで作ったこよりで、こちょこちょっと軽く刺激して、くしゃみを出させます。

    これで、鼻の中に詰まっていた鼻くそやネバネバした鼻水が、くしゃみと同時に一気に飛び出てきます。

    さらに、お風呂上りで鼻の中が湿っている時に行なうと、より効果的です。

  • 裏ワザ②
  • 鼻が詰まっている方と反対の脇の下に、タオルを丸めたもの等で軽く圧迫します。脇を圧迫すると交感神経が刺激され、鼻の血管も収縮して腫れがひいて、鼻が通ってきます。



まとめ

いかがでしょうか。

すぐに取り入れられそうな解消法を、中心にあげてみました!

我が家のアレルギー性鼻炎の赤ちゃんは、小児科のお医者さんから教わった、
上体を少し高くして寝かせる方法と、ペパーミントのアロマオイル
眠りにつくようになりました。

お子さんによって、どの方法がよく効くのかは様々かと思います。

色々と試してみて、我が子にはコレ!というものを見つけてくださいね。

赤ちゃんも、そしてあなたも、少しでも早くぐっすりと眠れますように・・・!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ