赤ちゃんが頭を打った!すぐにやるべき対処法とは?病院は何科を受診?

子育て中のあなたにとって、子供のケガは悩みの種。


動きが激しくなった赤ちゃんにとっては、家の中でさえ、危険でいっぱい。

つかまり立ちやヨチヨチ歩きが始まると、もう目が離ませんね…。


ちょっと目を離したすきに、
ドーン!ワァーーーーン。゚(゚´Д`゚)゚。

ひっくり返って頭を強打!なんてことは日常茶飯事ですが、
やっぱり、頭を強く打つと心配ですよね。

そこで今回は、赤ちゃんが頭を打った時の心構えや正しい対処法、
何科を受診するのか
について、ご紹介します!



スポンサーリンク


まずは打った直後の様子を観察!

頭を打った直後の観察は、病院が必要かどうかを判断するのに大切!

  • 泣かずにボーッとしている
  • 声かけにも応じない
  • 泣いた後もずっとグスグス機嫌が悪い
  • 嘔吐を繰り返す
  • タンコブが固くなく、ブヨブヨしている



など明らかにいつもと違う様子であれば、大変危険です。

「嘔吐を繰り返す」「痙攣を起こす」「顔色が悪い」などは、
脳内での出血や脳震盪を起こした場合に見られる症状。

「タンコブがブヨブヨとした柔らかいもの」というのも、
炎症が外ではなく、脳内に広がっている可能性がある症状です。

迷わずに、脳外科を受診しましょう!


頭を打った赤ちゃん

直後に症状がない場合の対処法は?

赤ちゃんが頭を打ったとしても、分かりやすく危険なケースは稀で、
特に症状のないことがほとんど。

そして、病院を受診するべきなのか?
と、あなたが迷うのも症状ができない場合だと思います。


まず、心配な打ち方をした場合、ギャン泣きしたりタンコブができても、
いつもと変わらない様子なら、緊急性は薄いものがほとんどです。

しかし、大丈夫と油断することなく
様子に変化がないか、打撲箇所の腫れが悪化していないかなど、
48時間は、注意する必要があります。
(患部はよく冷やしてあげましょう。)


他の怪我と違い、脳の厄介なところは、すぐには何もなくても、
時間が経ってから症状が現れる可能性があるところ。

これは、打ち方によって、出血のスピードに違いがあるためです。

症状となって現れるには、ある程度出血が進んでからなので、
ゆっくりと少しずつ出血が進んだ場合には、時間が経ってから現れます

特に、乳幼児の場合は、1〜2ヶ月後に出てくることもあるので、
何もなさそうでも、気になる時は、打った日時をメモしておくといいですね。

日時を控えておけば、病院で診てもらう時も的確に診断してもらえます。


スポンサーリンク


病院にはいつ行けばいいの?

症状は特に出ておらず、病院にいくべきか迷う時も多いと思いますが、
心配な場合はやっぱり受診するのが一番です。


「どの程度の打ち方だったら大丈夫なのか?」

「どれくらいの高さからなら落ちても大丈夫なのか?」

など、知りたいところですが、
残念ながら、明確な基準はありません


と言うもの、落ちた赤ちゃんや状況によって、
受けるダメージは違ってきます。

そこで、大切になってくるのが、「あなたが気になるかどうか!

いつも一緒にいるあなただからこそ、その勘は大切!

なんとなく気になる時は迷わず受診しましょう。


頭を打った赤ちゃん

重篤なケースは数%

実際には、子供が頭を打って救急搬送された場合でも、
本当に重篤なケースは数%と言われています。

90%以上の子供は、事なきを得て帰されています。


外来受診をしたケースも含めると、本当に稀なことだと思ってもらえると思います。

なので最悪なケースを頭に置くことは大事ですが、
これを踏まえて、落ち着いて行動しましょう。

一番怖いのは、時間が経って万一何かしらの症状があった場合に、
親が安易に考えていて、それを見落としてしまうことです。

そうならないためにも、大丈夫だということを前提に、
もしもの時に備えておくことが大切ですね。


まとめ

以上、赤ちゃんが頭を打った際の心構えや対処の仕方をまとめました。

子供は大人に比べて、身体に対する頭の比重が高い為、
どうしても転倒や転落をした場合に、頭を打ちやすくなります。


我が家でも子供が1歳前後の時は、毎日のようにどこかに頭をぶつけていて、
その都度こちらはヒヤッとしていましたが、ありがたいことに問題なく成長しています。

事故防止グッズも、今は100円均一でも沢山売られているので、
上手く活用しながら、危ない時期をやり過ごしていきましょう。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ