子供がインフルエンザで高熱!解熱剤の安全で効果的な使い方とは?

子供が突然の発熱!病院で受診するとインフルエンザとの診断…
普通の風邪とは違い、急激に高熱がでるインフルエンザだと慌てますね(;´Д`)


病院からは、タミフルやリレンザなどの治療薬と、
たいていの場合は、解熱剤が処方されます。

ただ、この解熱剤の使用には、効果的な使い方と注意すべき点があるのですが、
お医者さんや薬剤師さんの説明だけでは、少し分かりにくところも…

そこで今回は、インフルエンザの解熱剤の役割と使い方を、
分かりやすくご紹介します!


スポンサーリンク


解熱剤の役割はなに?

解熱剤の役割を見ていく前に、まずは発熱について説明しますね。

体内に細菌やウイルスが入った場合、人間の体は体温を上げて増殖を抑えようとします。
また、体温を上げることで免疫力も活性化して、病原菌に対して効果を高めます。

つまり、発熱することは、細菌やウイルスと体が闘っている証拠なんです。


子供のインフルエンザ


ということは、発熱自体は非常に大切な症状。
では、その発熱を抑える解熱剤の役割ってなに?ってなりますね。


実は、解熱剤には、ウイルスを退治したり病気を治療する力はありません。

解熱剤の役割は、一時的に熱を下げて熱で疲れた体を休めてあげる!



また、解熱剤は、1日3回までとか、最低5時間あけるなど、使い方が決まっています。

機嫌は悪くないのに、熱が高いので、とりあえず使ってしまうと、
熱の影響で寝れない時に使えないということになりますので、
使うタイミングには注意が必要です。

では、次にどのタイミングで使うと良いのかを見てみましょう!


スポンサーリンク


どのタイミングでどうのように使うのが良いの?

インフルエンザの解熱剤を、病院や薬局で処方されるときには、
「だいたい38度~38,5度以上を目安に使用してください。」
と、説明されます。

しかし、それを基準にしてしまうと、とりあえずの使い方をしてしまい、
本当に使いたい時に使えないことも((((;゚Д゚))))

そこで、大切なのが、子供をしっかりと観察すること

熱はあるけど、とりあえず眠っている。
または、落ち着いていて食欲もあり水分も摂れる!

という状態の時は、そのまま様子をみましょう。


解熱剤を使い、体を休めてあげる必要があるのは、以下のような状態のときです!

  1. 苦しそうな様子で、ぐずったり、自分で体のつらさを訴えてくる
  2. 食欲はありそうなのに、苦しくて食べ物が喉を通らない
  3. 寝つけないとき、または夜中に目が覚めてしまい眠れない

①の場合は、数時間熱を下げることで、体を休めてあげましょう。
熱で不安な気持ちも、これで楽になります^^

②の場合も同じです。解熱剤の使用から30分ほどたつと、薬が効いてくるはずなので、
その間に消化の良いもの、好きなものを食べさせてあげましょう。 

ただし、胃や内臓などの消化器も、疲れて弱っているので、食べる量には注意
好きなだけ食べさせると、後で気分が悪くなることも(;´Д`)

③のように、ゆっくり眠れないのは、苦しいですね。
そんなときは、迷わず解熱剤を使用して、眠れるようにしてあげましょう。

もちろん、使っていい回数や、間隔は守ってくださいね


解熱剤の使い方

解熱剤の使い方で注意すべきこととは?

病院でお医者さんからインフルエンザとの診断を受けて、解熱剤を処方された場合は、
処方されたときに説明された用法を守れば問題はありません

注意しなければいけないのは、市販の解熱剤を使用するとき


通常、大人の鎮痛解熱剤として使われるアスピリン系の解熱剤は、
子供に使用すると、インフルエンザ脳症を引き起こす可能性が高いと言われています。

飲み薬だけではなく、座薬でも同じです。

一方、子供の解熱剤に使用されるのは、アセトアミノフェン製剤と呼ばれるものです。
これら以外のアスピリン系のものは、子供に使用するのは控えた方が良いですね。

そして、市販薬の使用だけでなく、
以前に何かの病気で処方された解熱剤の使用も止めましょう。


市販薬を使用する場合、少しでも不安がある時は、
薬局に問い合わせる、相談ダイヤルを利用するなどして、
十分に確認にしてから使うようにしてください。

解熱剤に限らず、大切な子供を守るために、日頃から薬の投与には、
大人へのものより、配慮が必要です。

市販薬購入の際には、「○○用の薬」、「○○に効く」など
パッケージの言葉だけで判断するのではなく、
裏面の成分表や、薬剤師さんの話を聞いて、判断しましょう。


まとめ

最後に、病気で体の調子が悪く、気持ちまで不安になっている子供へ、
もうひとつ効果的な薬があります。

その薬とは、「少しずつよくなっているよ。」などのあなたの言葉です。

声をかけながら、背中をなでてあげるあなたの手が何よりの薬になります^^

早く治ると良いですね、お大事にしてください。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ