水筒に黒い斑点!パッキンにも黒ずみ! どうやって洗えばいい?

今時の子供はどこに行くにも、水筒を持って行きますよね^^

我が家の子供は習い事にも、遊びに行く時にも必ず持って行きます!


こんなにも大活躍の水筒なんですが、
うっかり洗い忘れたり、よく乾かさないまま使い続けていると・・・

中のステンレスの部分に、

「あれ?なんか黒い斑点がある!」

とか、

「パッキンがまっ黒!!」

なんていう事態を招いてしまいます(;´д`)

そして、飲もうとしたらカビ臭っ!なんてことも・・・

実際、それはカビなの?身体に害は?
そういったところから、水筒の洗い方までをお話していきますね!


スポンサーリンク


水筒内部の黒いものはカビ?害はある?

ずばり、その黒いものは、真菌の1種のカビなんです(;゚Д゚)!

そうだろうとは思っていたけど、やっぱりカビだったんですね・・・


となると、害があるのかが気になるところ。

またまた、ずばり言ってしまうと、

「健康な人には特に害はありません!」

実は、カビを飲んでしまったとしても、
胃酸で殺してしまうので、大丈夫です。

そう聞くと、胃酸ってすごいですよね(*゚▽゚*)


これを聞いて、ひとまず安心できました?

・・・でもちょっと待ってください。


私達の身の回りには、目に見えないカビがたくさん存在していることを、
あなたはご存知でしょうか?

実は、小さなカビの胞子が空気中を漂っているんです。

とは言うものの、こちらも体質的な問題を除けば、特に害はありません。


一方、この水筒の黒いカビは、目で確認することができますよね。

これは見方を変えると、カビの量が大量にあるということ!


カビは、まず小さな胞子が発芽したり、分裂したりします。

そして、カビの大好きな湿度たっぷりな環境のもと、菌糸が伸びて、
さらに大きく育ってくると、目で確認できるようになりますΣ(|||▽||| )


いくら害がないとは言っても、正直、気持ち悪いですよね・・・

そして何より不潔なのは確か!これは何としても落としたくなりませんか?

次の章では、洗い方、カビの落とし方をご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク


正しい水筒の洗い方とは?

基本的には、使ったらなるべく早く洗うということを心がけましょう!


しかし、これは分かっているけど、なかなか出来ないのが実情・・・

鞄の中に入れっぱなしだったりして、次に使うまで忘れてた!
なんてこともしょっちゅうですね(^_^;)

水筒はなるべく早く回収して、中身を出して洗う
これが鉄則です。

これを踏まえたうえで、おすすめの洗い方をご紹介しますね。

水筒のおすすめの洗い方!


  1. 普段のお手入れ!
  2. 食器用洗剤を付けた長い柄付きのスポンジで洗う。

    毎回、水だけですすいで、おしまいにしていませんか?
    きちんと落としきれずに雑菌が繁殖してしまいますよ。

    柄付きのスポンジは100円ショップでも売ってます。
    たった100円のお買い物で、水筒を洗う手間がぐんと楽になりますよ。

    パッキンなどの細かい部分は、取り外して洗いましょう。
    私は、数回に一度の割合で、外して洗っています。

  3. 週に一度のお手入れ!
  4. 漂白剤に付けて除菌する。

    普段のお手入れをしっかりやっていれば、パッキンがまっ黒!
    なんていう事態にはならないはず。

    でも、だんだん茶渋などが付いてきて、
    どうしても落としきれない汚れってあるんです。

    そうなってくると、匂いも気になってきますよね。

    そこで、週に一度、漂白することをおすすめします。
    漂白剤には、大きく分けて、酵素系と塩素系とがあります。




そして、ここで注意!

パッキンによっては、塩素系はゴムの劣化を招く恐れがあるとして、
使用しないよう明記されているものもあります。

説明書をよく確認してから、使ってくださいね。


水筒の洗い方


その場合も含めて、キッチン用の粉の酵素系漂白剤がおすすめ。
お湯に溶かして使うタイプのものですね。

効き目は塩素系より弱いですが、
あの漂白剤の独特のツンとした匂いもないですよ。

飲み口部分やパッキンの溝などの細かい部分は、
つまようじや歯ブラシで、軽くこするときれいに落ちます。

そして、何よりも大事なことは、
洗った後はよく乾燥させるということ!

しばらく使わない時は、特によく乾燥させてからしまってくださいね^^


どうにも落ちないパッキンの黒ずみの対処法!

一度、パッキンの奥深くまで黒カビが入り込んでしまうと、
漂白剤でも、歯ブラシでこすっても落とせません(;´д`)

漂白したことで、カビの菌は死滅していますが、
やっぱり黒ずみは気になりますよね!


この場合は、残念ながらキレイにすることは諦めて、
新しいパッキンだけを買い換えてください。

実は、多くのメーカーでは、パッキンだけを買うことができます。

しかも、一つ200円程度なので、新しい水筒を買い換えることを考えると、
気軽に清潔な水筒として生まれ変わります^^


水筒の洗い方


ただし、同じメーカーの型番が一致するものと取り替えてくださいね。

そうでないとふたがきちんと閉まらず、
かばんの中が大洪水になってしまいますヽ(´Д`;)ノ

サーモスなどの有名メーカーであれば、取り寄せなくても、
いつものスーパーの店頭に並んでいることもありますよ。


まとめ

水筒の洗い方について見てきましたが、
いかがでしたでしょうか?

今や、ママの困る事柄に対しては、
必ずと言っていいほど、便利グッズが存在します。

まずは、100円ショップで、柄付きのスポンジをゲットしましょう!
水筒のお手入れが劇的に楽になりますよ^^


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ