赤ちゃんの肌をあせもから守ろう!効果のあった予防法とは?

思わず嫉妬してしまうぐらい、
ぷるぷるですべすべな赤ちゃんのお肌( ´▽`)

しかし、赤ちゃんの肌って本当に弱い!

我が家の子供は、1歳になるまで、

「今日暑かったな~、着せすぎたかも・・・」

という日は、必ずと言っていいほど、あせもに(゚д゚lll)

私自身、皮膚のトラブルはほとんどないので、
正直、「あせもって何?という感じでしたが、子供のスベスベお肌に、
赤いブツブツができてしまった日のショックと言ったら・・・。


スポンサーリンク



しかも、気付かないうちにあせもがひどくなっていて、
ある日見たら、赤くただれたような跡が!!

なんて経験した事ありませんか?

そこで今回は、同じように悩んでいるあなたの為に、
赤ちゃんをあせもにさせない!予防法について調べてみました。

ぷるぷるお肌を守る為に、一緒に見てきましょう!


なぜあせもはできるの?

あせもは、汗腺に汗がたまってできる炎症

赤ちゃんは本当に汗っかきです。

お昼寝のあとや、車のチャイルドシートから抱き上げるとき、

「えっ?そんなに暑かった!?」

というぐらい、びっしょり汗をかいていることが多々あります(;゚Д゚)!


あせもに驚く


じつは、赤ちゃんには、大人と同じ約200万個以上の汗腺があり、
それが大人より、何倍も小さな体に密集しているのです。

そりゃ、汗を大量にかきますね(^_^;)

けれど、ご存じのとおり、汗は、体温を下げる大事な働きをもつもの。

大人は、「汗をかく」以外の方法でも、体温を調節することができますが、
赤ちゃんは、汗をかく以外に自分では体温調節できません

更に、大人と比べると、新陳代謝が活発で体温が高いことも
汗をかきやすく、あせもになりやすい原因になっています。

冒頭に書いた「赤くただれた跡」は、皮膚科で診てもらったところ、
あせもを掻き壊したことで、ばい菌が入るなどして、
水ぶくれができ、それが破れた状態(とびひ)、と言われました・・・。

「最近またあせもできてるなー」と思ったのも束の間、
すぐにそんな状態になってしまったので、
なってしまったあせもには、早めの処置が大切!と肝に銘じました^^

そして何より、「あせもにならないようにする!」
ことの大切さを思い知りました。

それでは、次にあせもにならない為の、
予防法を見ていきましょう!


スポンサーリンク


予防法1:汗をかく前にできること

いちばん分かりやすい予防法は、

「必要以上の汗をかかないようにすること!」

ですね!

冷やしすぎも良くありませんが、大人が我慢できる暑さでも、
子供の体感温度は、もっと高いので冷房を上手に取り入れるのが必要!

意外に思われるかもしれませんが、熱帯夜など暑い夏の夜は、
「朝までクーラーつけっぱなしが正解!」なんです。

快適な温度で眠りについても、クーラーのタイマーが切れてしまうと、
あっという間に温度が急上昇~!

あせもとは違いますが、そんな理由で、
夜間に熱中症を発症するケースも多いです。

エアコンや扇風機は、風が直接体に当たらないように気を付け、
部屋全体の温度を下げるように心がけましょう^^


エアコンであせも予防


空調以外の方法としては、赤ちゃんに着せる洋服の工夫

育児に慣れてきた今なら、

「これは着せすぎかな?」

と分かりますが、生まれてからの1年間は、
赤ちゃんにとっても、親にとっても初めての「春夏秋冬」

季節ごとに、どんなものを、どれくらい着せたらよいか分からず、
寒いかも?冷えちゃうかも??と、私はつい着せすぎていました(;´д`)

そんなわけで、厚着のしすぎで、冬にあせもになる赤ちゃんが、
意外に多いらしいですよ。

  • 赤ちゃんの体感温度は高め!
  • 温めるなら、服ではなく、部屋の温度で調節!



というポイントを、ぜひ覚えておいてください。

吸湿性や、通気性にすぐれた素材を使った服を選ぶのも、
あせもを予防する方法のひとつですね!


予防法2:汗をかいてしまった後できること

それでも、やっぱり汗はかきます!

むしろ、まったく汗をかかなくするほうが、体によくありませんよね。

大切なのは、汗をかいてしまった後にどうするか?です。

いちばんの方法は、シャワーで流すこと!

汗をかいたままにしておくと、皮膚の表面にたまった汚れで、
汗腺がつまってしまい、赤くてかゆみを伴うあせもになってしまうのです。

シャワーが難しければ、清潔な濡れタオルで、できるだけゴシゴシせず、
やさしく拭いてあげるのがおすすめ^^


あせもの赤ちゃん


私の経験からして、赤ちゃんのあせもが進行するスピードは、驚くほど速い!


「汗かいちゃったね、帰ったらシャワー浴びようね」

 ↓

帰宅したら、すでにあせもできてる((((;゚Д゚))))

ということもザラでした。

あせもができないように、あんなに気を付けてたのに・・・
と嘆きたくなりますが、子供にあせもは付きものと、割り切ることも必要ですね。



そして、あせもを酷くしないために、

  • 清潔にする
  • あせも用の塗り薬など準備しておく
  • ひどくなるようなら、小児科または皮膚科へ!

という事後の対応も大切!です。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ