食べ物を活用した風邪の治し方!子供も医食同源がおすすめ!

寒くなってきた今日この頃。。。


子供たちの周りで、風邪が流行っていませんか?

いくら手洗い・うがいをしていても、
幼児は大人より免疫力が弱いので、風邪をひきがちです。

大人も子供も、家庭で風邪を治すケアの方法は、
「あったかくする・しっかり寝る・栄養を摂る」のが基本。

しかし、保温と睡眠はともかく、
食事となると、風邪を治すには何を食べたら有効でしょうか?


スポンサーリンク



ちなみに、一般的に、風邪にいいといわれるネギやニラ、生姜や梅干などは
小さい子供は、あまり食べてくれないですよね(;´д`)

あるいは食欲がないと言って、食べたがらないこともあるでしょう。

そこで今回は、そんな子供でも食べれる風邪を治すのに有効な食べ物を、
症状別に、おすすめをご紹介します!



さっそく、一緒に見ていきましょう!


鼻づまり・喉の痛みがあるときにオススメ食材!

風邪の症状の代表といえば、喉と鼻の諸症状


早めに対策をとって、重症化するのを防ぎたいですよね。

先述のとおり、ネギ・ニラ・生姜・梅干など、
発汗促進・殺菌作用があるものを食べると有効です。


ハチミツ大根や、生のレンコンのジュースも、
喉の炎症を抑えるのに、強い効果がありますね。

ただ、効果が期待できれば、大人は多少嫌いでも我慢して食べますが、
どれも幼児が食べられるかというと、ちょっと微妙(^_^;)

とは言うものの、風邪の時に、
体を温める食材をとることは、とても大事です!


そこで、おすすめは根菜

サツマイモやジャガイモ、カボチャを柔らかく煮てつぶしたものなら、
胃にも負担がかからず、喜んで食べてくれます^^

ニンジンやカブなども、スープやおかゆにまぜたモノや、
玄米のおかゆも、栄養豊富でいいですね。


ほかにも、鼻や喉の粘膜を保護するビタミンBも、
是非、取りたい栄養素です!

肉や魚はタンパク質も摂れていいのですが、
苦手なお子さんの場合は、豆や卵、バナナなどをメインにしてください。

また、湯豆腐や茶碗蒸し、納豆などを取り入れると、
比較的、摂りやすいと思います^^



反対に、生野菜や冷たいものなど、
体を冷やす食べ物は、控えたほうがいいとされますが、
喉の痛みがあるときは、臨機応変にしましょう。

口の中を痛がるようなら、冷たいものの方が、喉にしみません。

薄めたジュースや、冷ましたお茶、ぬるめのミルク、
ゼリーやプリン、アイスクリームなど、
口当たりのいいものをあげると良いですね!


風邪を治す食べ物


私の子供も、咳が長引く風邪をひき、
いつもは大好きなごはんも飲み込むのが辛そうでしたが、
甘いものなら、喜んで食べてくれました^^

個人的なオススメは、果汁入りのミニゼリー。
いろいろな味があって飽きず、少しずつ食べられるのもいいですよ。

ただし、下痢を併発するようなら、
口当たりがよくても、クリーム系のアイスやヨーグルトなど
乳製品は控えるように、お医者さんに言われました。

他にも、辛いものやすっぱいもの、しょっぱいものや固いものなど
のどに刺激が強い食材は、咳の原因になりやすいそうです。


冷奴や卵豆腐など、あっさりした柔らかいおかずを、
メインに考えて、献立してください!


スポンサーリンク


熱があるとき・寒気がするときにオススメ食材!

次に、熱や寒気がする時に摂りたい栄養の紹介です。


まずは喉や鼻の症状と同じ、
体を温める食材がいいでしょう!


人参や大根、豆腐や白身魚など、ビタミンとタンパク質を、
汁ごといただける煮込みうどんや鍋は最強!

喉の痛みがないようなら、熱すぎない程度にとりわけて、
ちょっとずつ食べさせてくださいね。

ちなみに、家族全員の風邪予防にもなりますよ^^


食べ物で風邪になりにくい身体


また、熱がでると、水分とエネルギーが大量に消費されます。

なので、水分、炭水化物の摂取は重要!
忘れずにこまめにとりましょう。

水分は、子供が熱でぐったりしているようなら
スプーンで、少しずつ飲ませてあげてください。

オレンジジュースやリンゴジュースは、酸味が喉を刺激することもあるので
湯冷ましや薄めの麦茶がおすすめです。


スポーツドリンクやイオン飲料もいいとされていますが、
小さな子には甘すぎるので、個人的にはあまりおすすめしません。

もしも、イオン飲料をあたえるなら、
ぬるま湯と砂糖に塩、オレンジかレモンなどの果汁だけで、
自家製の経口補水液も作れます。
(私の子は不味いと飲んでくれませんでしたが(;´д`))

だた、イオン系飲料を摂ると、熱が一気に下がったことがあり、
あまりの効果に、夫と一緒に驚きました(笑)
※当然個人差はあります。あくまでも個人の感想です。

市販の飲料が気になるときは、簡単なので、
自家製を一度試してくださいね!


下痢や吐き気がするときにオススメ!

最後に、下痢・吐き気のあるときにオススメの食材です。


下痢や吐き気は、胃腸が弱っているサイン。

消化のよいものを中心に、一度にたくさん食べるより、
こまめに食事をとるほうがいいですね。

特に、吐き気がするなら、水分をちょっとあげてみて、
大丈夫なら、少しずつ消化のいいものを食べさせてください。


下痢の時は、水分を十分に、柔らかめの食事をあげます。

ちなみに、うんちの程度と同じくらいの固さが目安と言われています・・・。
(水っぽいうんちなら水分を、ドロドロならドロドロのものをあげる)


どちらの場合も、脱水症状が心配なので、
水分だけは忘れずにして、しっかりあたえましょう。

オススメ食材!


具体的には、柔らかめのおかゆやうどん、
味噌汁や野菜スープ、豆腐や鶏ささみなどを薄味で。

イモやカボチャの裏ごしやポタージュもいいでしょう。


そして、定番はすりおろしリンゴ。

バナナやほかのフルーツも、
ビタミンやミネラルがまるごと摂れるのでオススメです。




そして、吐き気や消化不良がおさまって、食欲も出てきたら、
白身魚や豆腐、卵などのタンパク質もOKです。

タンパク質は、便を固くしてくれる効果もあります。

ただし、脂身の多い肉や魚は禁物です。

同様に、牛乳やヨーグルト、アイスやプリンなどの乳製品、
消化の悪い海藻類や揚げ物(スナック菓子含む)も、
胃腸に負担がかかるのでやめましょう!


小児科の看護師さんが言うには、
スイカやトマトなども、下痢のときは控えてほしいそうです。
(赤い食べ物は血便や血尿と紛らわしいので)


ちなみに、水分も消化のいいものも全て吐く場合は、要診察です。


風邪がひどい時はお医者さん


私の子供の場合は、麦茶もイオン飲料も飲むものの、
最終的に黄色い液体(=胃液)まで吐いたので、
即小児科に連れて行き、2時間ほど点滴してもらいました。

その後リンゴジュースと薬を飲み、
ケロリとしていましたが、私はかなり焦りましたね(;´д`)


まとめ

いかがでしたか?


食欲がないときに、無理に食べさせるのも逆効果ですが、
食べないと薬が飲めないということもあるので、お試しください。

軽度であっても、子供の風邪は心配ですよね。

早く元気になりますように!


そしてパパやママも、風邪がうつらないように、
しっかり食べて、風邪予防しましょう!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



2 Responses to “食べ物を活用した風邪の治し方!子供も医食同源がおすすめ!”

  1. 大川琴は より:

    私は今小学生です今風邪になってしまったのでとても助かりました今後もよろしくお願いいたします

    • nico より:

      大川琴はさま

      コメントありがとうございます。

      お体大丈夫ですか?

      お役に立てたようで嬉しいです。
      お大事にしてくださいね。

コメントを残す

このページの先頭へ