二人目の妊娠!時期はいつがベスト?授かりものとは言うけれど・・・

「えっ!また、おめでたなの~?」

実は、私の周りで、
静かに、二人目おめでたブームが到来しております^^


思い返せば、自分の初めての出産・・・

産み終わった後、分娩台の上で、

「・・・・もう2度と出産なんかするもんかp(#`д´#)q 」

と、一人でキレていた私(笑)


なのに、どうして人は、あの苦しみを忘れてしまうのでしょう( ´▽`)

一人目の育児が落ち着いてくると、

「この子がお姉ちゃんになったら、どんなふうだろう?」とか、

「新生児のあのふにゃふにゃを、もう一度お世話したい!」など、

という衝動に駆られます。


二人目の出産時期


いずれね・・・と自然に身を任せるのもひとつですが、
二人目をいつ産むかは、女性の一生を左右するといっても過言ではない!!

というわけで、今回は、次の3つの視点から、
二人目を妊娠する時期について、考えてみようと思います。

  • 自分と夫の年齢・健康状態で考える
  • 子供の年の差で考える
  • 仕事への影響で考える



是非、あなた自身に置き換えて、一緒に考えて行きましょう!

それでは、あなたの幸せ二人目計画へ向けて、レッツゴー♪


スポンサーリンク


視点その1:自分と夫の年齢・健康状態で考える!

例えば、

「三歳差で産みたい!」

などと思っても、本当にそのタイミングで妊娠できるか、
一人出産しているからと言って、安心はできません。


特に、夫婦両方、またはどちらかが高齢の場合、
もう1人欲しい!と思っているなら、
「できるだけ早め!」に、というのが定説・・・。

不妊治療の技術が進み、高齢出産を選ぶ女性も増えていますが、
やはり、リスクがあるものですから、注意したいところですね。

ギリギリの年齢に照準を合わせて計画を立てると、
うまく妊娠に至らなかった場合、

「望んでいた二人目を諦めなくてはならない・・・」

ということにも、なりかねません。


出来ることなら、少し余裕を持って計画したいですね^^


スポンサーリンク


視点その2:子供の年の差で考える!

おそらくこれが最もポピュラーな視点ですよね。


「何歳空けば育てやすいか?」

というのが、もっぱらの関心事だと思いますが、
育てやすさで言えば、年が離れていればいるほど育てやすいかもしれません。

ただ、現実的にはそうもいきませんよね。

「育てやすさ」というのも、お母さんによって、

  • 一瞬大変でも、一気に終わってくれるほうがラク
  • トータルで長くかかっても、順番に少しずつ子育てできるほうがラク

と、様々だと思います。


年の差を考える前に、

「全部で何人産みたいのか?」

ということも、夫婦で話し合いたいところですね!


二人目の時期を相談する夫婦


以下は、一般的に言われるメリット・デメリットを、
私なりにまとめてみました。

【1学年差(年子)】

  • メリット:子育てが一気に終わる
  • デメリット:母体が充分に回復しておらず、トラブルが起きる可能性がある



【2学年差】

  • メリット:遊びや興味の対象が似ているので、一緒に遊んでくれる
  • デメリット:上の子にも手がかかる時期に生まれるので、しばらく育児が大変



【3学年差】

  • メリット:受験のタイミングがまとまる(デメリットと取ることも)
  • デメリット:入学料など、まとまった出費が一気にくる



【4学年差~】

  • メリット:上の子が、お兄ちゃん・お姉ちゃんしてくれる
  • デメリット:トータルで育児にかかる期間が長くなる


などがありますね。


ちなみに、我が家は「4学年差」「二人兄弟」で計画中。

いちばん教育費がかさむ「大学生」期間を、
かぶらせたくないというのが理由です^^

あなたの二人目の時期、イメージはわいてきましたか?


視点その3:仕事への影響で考える!

あなたが、仕事をしているママさんの二人目計画なら、
問題はよりシビアに・・・。


職種や、会社の雰囲気にもよりますが、

  • 育休から復帰してきたと思ったら、半年もたたないうちに妊娠報告された
  • 復帰予定日決まってたのに、2人目妊娠で育休延長された

など、休むとなれば、
いろいろと言われるものです。


仕事と出産に悩む女性


また、
ちょこちょこ復帰するより、まとめて休んだほうがいい職種もあれば、
長く休んでしまうと、情勢が変わって仕事にならなくなる専門職などでも、
計画の立て方に違いがあるでしょう。

でも、会社が私の人生を保障してくれるわけじゃない!

仕事はこの先挽回するチャンスがありますが、
妊娠・出産は、タイミングを逃してしまったら、
取り返しがつかないことです!


まず自分がどうしたいのかを決めて、
何歳まではユルく働き、何歳からはバリバリ働く!など意思を固めて、
働ける期間に、精一杯の働きで会社に貢献する!
というのがいちばんではないでしょうか。


まとめ

予定は未定だ!!


私自身、第一子が1歳半になってようやく、

「もう1人産んでもいいかな」

という気持ちになり、周囲の2人目ラッシュが、
その気持ちに拍車をかけています。


「うちは4学年差予定なんでよろしく!」などと(笑)
親族・職場・ご近所に、吹聴して回っている私が言うのもなんですが、
計画にがんじがらめになって、
ストレスがたまらないようにお気を付けて・・・。

けれど、2人目妊娠時期を宣言すると、
両実家から「2人目どうするの?」と、
盆暮れの度に詰問されずに済んで、いいですよ(笑)


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ