子供の習い事!習字で身につく6つのメリットをご存知ですか?

子供が大きくなってくると、何の習い事をさせようかと考え出します。

最近の習い事はいろいろ・・・

サッカー、野球、空手、水泳?
そろばん、習字、ピアノ、英会話?

その他にも、習い事はたくさんありますね(^_^;)

確かに色々あるけど、親としては、
大きくなっても役に立つものを、習わせてあげたいのが本音です。

私の場合も、色々悩んでいたのですが、
保育園の教育の一環でしていた『習字』が候補にあがりました。

よく考えてみると、「字を書く」と言うのは、
一生ついて回ります。

パソコンやスマートフォンが普及しているけれど、
字を書くことは、普段の生活から社会に出ても役に立つと考え、
習字を習わそうと決めたのです!

しかし、子供の習い事に習字を選んで、メリットはあるのでしょうか?


スポンサーリンク


習字の基本的なメリットとは?

本当に習字でよかったのかと、思っていましたが調べていくうちに、
習字を学ぶことで、たくさんのメリットがあることが分かりました!

って、よく考えたら、私も習字を習っていたので、
そう言えば、当てはまることが多々あります!
(言われて、はじめて気づきましたが(^_^;)


それでは、順番に見ていきましょう!


スポンサーリンク


基本が身につく

線の書き方から、始まる字の練習。

その次は、四角のマスを使って、ひらがなの練習。

手本を見て、きれいな字の書き方を何度も練習することで、
字の形のとりかたを覚えていきます。

基本を何度も練習するという作業は、
自然と基礎を身につけるという事ができるのです。


集中力がついていく

四角のマスを使っての練習。

お手本と同じように形をとるために、

  • どのあたりから字を書き出せばいいか・・・
  • どこで はらえばいいのか・・・
  • どこで 止めればいいのか・・・



これらを考えながら、集中して書きます。

『一文字』から『単語』、そして『文章』へと、
少しづつ集中力を伸ばしていくことができます。


子供の習い事に習字

姿勢がよくなる

現代は、ゲームやパソコンをすることが多く、
猫背の人が多いですよね。

大人は、背筋を伸ばすことを、
意識してすることができますが、子供はなかなか難しい・・・

子供の場合、姿勢が悪いと、学力の低下、運動機能の低下を起こしやすくなります。

正しい姿勢で生活するのは、
健康を損なわないためにも必要です。


習字をしている間は、正しい姿勢で字を書きます。

背筋を伸ばして 肩の力を抜き、鉛筆や筆を正しく持つ。

正しい姿勢で書かないと、
きれいな字が書くことができないからです。

字を書く間だけでも 正しい姿勢でいる、
それが継続していくと、正しい姿勢で生活していくことができます。


実はまだあるメリットとは?

実は、まだまだメリットがあります!

引き続き、見てみましょう!


落ち着きがでてくる

先程も紹介しましたが、字を書くときは、
姿勢を正して書きます!

机の前に座り、居住まいを正し、
手本どおりに書くと言う作業に集中していく。


気持ちを落ち着けないと、集中することができません。

自然と気持ちを落ち着けることが身についてくると、落ち着きが出てきます


考える力もつく

ひとつの文字を書くのに、バランスよく且つ、
きれいに見えるようにどう書くかを考えます。

  • どこから書き出せば いいのか?
  • 横棒の長さは?
  • 縦棒の長さは?
  • ハネの位置は?

などなど。

いろいろ考えながら、書いていきます。

一文字を書くのに、いろいろ考えながら、
書くので、自然と考える力がついていきます。

お手本どおりに、綺麗な字を書くのはどうすればいいのか?
と考えることで、考える力もつきます。


大人になっても役に立つ

最近はパソコンで、印刷したものが多いですが・・・

大人になると、自分の住所・氏名を書く機会が増えると思います。

  • 就職の時に書く・・・『履歴書』
  • 冠婚葬祭で書く・・・『記帳』

公の場で書く字がきれいだと、他の人から見て、
気品があるように思われます!

人柄は分からなくとも、きれいな字を書く人は、
落ち着きがあるように思ってしまうのは、私だけではないはずです(笑)


書道の筆


まとめ

このように習字をすることで、たくさんのメリットがあります。

長男は、魔の2歳児、悪魔の3歳児の時、
鉄砲玉のように、興味があれば、すぐさま走っていくような子供でした。

3歳児で保育園に入園して、集団生活をし 少し落ち着き・・・

そして、4歳児から、保育の一環で、『習字』を習い出しました。

それから、だんだんと、落ち着いてきたように思います。


何にでも興味があって、後ろを見ずに走り出していた子が、
すぐには走り出さず、周りの様子を見るようになりました。


集団生活・成長も落ち着いてくる原因だとは思いますが、
習字を習わすメリットの『落ち着きがでてくる』ことも関係していると思います。

字のほうはというと・・・

おかげで、きれいに形を取れるようになってきました^^

繰り返す事で、基礎が身についてきているんでしょうね。

字は、一生ついてまわるものです。

そう言う意味でも、習い事で習字はおすすですね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ