子供が発熱!!自宅でできる熱を下げる方法とは?

顔が赤くて見るからに熱っぽく、何だか呼吸も荒い…
吐く息も熱く、頭からも湯気が出てそう…

親が一番焦る瞬間、そう、「子供の発熱」です(;´Д`)


子育てをしていて、心配になる事は無数にありますが、
そのなかでも、特に心配なのが子どもが熱を出した時。

ハァハァと苦しそうにしている子供をみて、
何とか熱を下げる方法はないかと、親なら思いますよね?

そこで今回は、子供が発熱したときに家庭で出来る事をご紹介します!


スポンサーリンク


熱がでたらとにかく水分補給!

熱が出ると、ハアハアいう呼気や汗で体の中の水分が、
どんどん奪われていきますΣ(゚д゚lll)

脱水症状を防ぐためにも、こまめに水分補給をすることは大切!


特に、経口補水液やスポーツ飲料は、
素早く体内に吸収されるのでおすすめです。

とは言え、急な発熱でストックがなかったり、好みではないときは、
普段、飲み慣れているお茶や麦茶でもOK!

麦茶は意外に吸収力が良いので、夏場の熱中病対策にも良いですよ^^


そして、実は脱水症状を防ぐ以外に、もう一つ大事な目的があります。
それが、オシッコをたくさん出すこと

熱が小便と一緒に出て行くので、水分をたくさんとって、
トイレの数を増やすことで、体が楽になります。

体が楽になったところで、ゆっくりと休ませてあげましょう(*^_^*)


スポンサーリンク


冷やして下げる!でもここに注意!

熱がでると、ほとんどの人がまずは冷やすと思いますが、
いきなり冷やしても、実は、あまり効果がありません(・・?

熱の出はじめのゾクゾクと寒気がしているときは、
まだ、熱が上がりきっていない証拠。

そのタイミングで冷やしても熱を下げる効果がなく、
一度、上がりきるまで待ってください。


子供の熱


熱が上がりきると、今度は体が火照ってきますので、
そのタイミングで、パジャマを薄手のものに替えたり、
掛け布団を1枚減らして、冷やしてあげてください。

たまに、「汗をかくと熱が下がる」と言って、無理に厚着をさせて、
汗を出させる人がいますが、これは間違い。

正しくは、汗をかくから熱が下がるのでなく、
熱が下がる時に、自然に汗が出るのです!

ちなみに、無理に汗をかかせるために、布団を多くかけたり、厚着をさせると、
熱がこもって、もっと熱が高くなることあるので危険なのでやめましょう。


そして、氷嚢や冷えピタなどの保冷剤で冷やす時ですが、
闇雲に冷やしても効果は薄いです。

熱を下げるのに効果的な冷やす場所は…

  • 首の付け根
  • 脇の下
  • 足の付け根

ここには太い血管があり、発熱した時に冷やすと、
熱を下げるのに、非常に効果が高いです!

ちなみに、おでこを冷やす人が多いと思いますが、
気持ちよく感じるだけで、熱を下げる効果はイマイチ(^_^;)


熱を下げる方法

熱を下げるのに解毒剤は必要なの?

ある意味、熱を下げるのに、最も効果的なのが解熱剤


しかし、病院の先生からは、すぐに使うようにとは言われません。

実は、熱が出るというのは、体内に入ってきたウイルスや菌と闘っている証拠

ウイルスなどの病原体に感染すると、脳から闘え!という指令が出て、
体内で免疫物質が作られ、発熱物質が血中に出てきて発熱。

熱がでることで、ウイルスや細菌の活動を抑えたり、
免疫力を高める効果があります。


なので、解熱剤で一時、熱を下げても、根本的な原因の解決にはならず、
病原体がなくならない限りは、また熱が出てしまいます((( ;゚Д゚)))


ただし、次のような症状が出た場合は使ったほうがいいです。

発熱が原因で…

  • 寝られない
  • 食欲が落ちている
  • 苦しくて、辛そう



※お医者さんで診断してもらってから使用しましょう。

解熱剤については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
子供が熱をだした!座薬を使う最高のタイミングっていつ?


まとめ

子供の熱の下げ方についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか?

子供が熱を出した時は、熱を下げるというよりも、
いかに楽に過ごして、安静を保つかが大事

それでは、早くよくなりますように、お大事にしてください。。。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ