産後の体型戻し!エステに行くならベストタイミングはいつから?

妊婦さんのお腹は、
とっても神秘的で、美しいものです。

でも、赤ちゃんが生まれたあとは・・・。


この伸びきったお腹を、ちゃんと元に戻したい~!

と、女性なら誰でも思いますよね^^


「いろんな制約があった妊娠生活、
 ご褒美を兼ねて体型戻しに、エステに行きたい~!」



産後のボディリメイク方法として、また、お楽しみのひとつとして、
あなたも、エステを検討しているプレママの一人ではないでしょうか?


産後のエステはいつから


しかし、

「エステに行きたいけど、産後はいつからなら大丈夫なのか?」

気になりますよね!

実は私自身、今まで2回出産を経験し、
一度目は失敗・・・・・。

そして、二度目の時には、産後の体型リフォームについて、
徹底的に調べたおかげで、見事、もとの体型に


と言う経験をもとに、自称産後エストのプロ(笑)の私が、
出産後の体型が気になるあなたのために、
最高の産後エステについて、ご紹介します!


もとの体型を取り戻す為に、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


産後にはヤセ期がある!?

じつは、産後体型を戻すのに、ベストといわれる時期があります!


それが、産後のヤセ期です!


ヤセ時期とは、ホルモンバランスの関係上、
産後、体型を戻すのに最も向いていると、言われる時期で、

「産後6カ月間」

とされています!


特に、産後3カ月は、体型を戻すのには、
一番向いている時期にあたるそうです。


私自身、2人目を産んだ際、

『お腹のお肉の柔らかい産後半年間は、
 体型を戻すのにぴったりよ~。』

と、助産師さんから教えてもらい、産後3ヶ月から半年間頑張ったので、
体重も体型も、すんなり戻った経験があります。

もちろん、エステだけに頼るのではなく
食事の摂り方など、日常生活の中でも気を配りましたが(^_^;)


そして、3人目を妊娠中の今も、
この絶好のタイミングに、リラクゼーションを兼ねて、
エステで、ちょっと大きくなりすぎたカラダを、元に戻したい!

と、密かに狙っています( ´▽`)

では、実際にいつからエステを受けることが可能なのでしょうか?


スポンサーリンク


エステを受けられる時期はいつから?

エステと一言でいっても、
フェイシャルから骨盤矯正など、幅広いですよね。


フェイシャルであれば、ママの体調次第でしょうが、
産後、すぐからでも問題ありません(^^)


最近では、産婦人科でも、出産後のサービスで、
フェイシャルを受けることができる産院も、多く存在します。


実際に、私は2人目を出産した時、
産後3日目に、産院からのプレゼントでフェイシャルを受けました!

しかし、
骨盤矯正や、痩身を目的としたカラダ全体に力を加える施術は、
産後、すぐにOKって訳にはいきません。


いろんなエステを、リサーチしたところ、
早くても、産後1カ月後、健診でお医者様からOKが出てから、
さらに言えば、悪露(おろ)が落ち着いてからが、ベストのようです。
※そのほか、リラクゼーションや整体なども、ほぼ同じ見解でした。


また、子宮が非妊娠時の状態に戻っていくのは、
おおよそ、産後3カ月くらいかかります。

なので、産後のカラダや、生活のリズムが整いはじめる、
3ヶ月以降に、エステに通い始めるのが、理想的ですね!



最近では、産後のママの為の専用サロンがあったり、
赤ちゃんを連れていける託児付きのお店までありますよ~!

時間に比較的、余裕のあるプレママの時期に、
いけそうなサロンを調べておくのも、楽しいですね^^

施術開始可能時期などは、お店によって異なるので、
気になるサロンが見つかったら、事前のリサーチはお忘れなく。


産後のエステ


また、産後にエステなど、施術を受ける時には、
カラダの回復具合などを、お医者さんに聞いてからだと、
より安心できるので、おすすですよ!



ちなみに、エステなどに通えない時期には、
市販の産後のリフォーム下着で、骨盤を固定しておく方法が良いです。

サロンの方いわく、何もしない場合に比べて、
戻りがスムーズなんだそうです。

入院準備と一緒に、用意しておくといいかもしれませんね。


まとめ

産後のヤセ期や、エステを始めるベストな時期とされる、
産後半年間という時間は、あなたにとっては、
赤ちゃんとの生活に慣るために、とても大切な時期でもあります。


まずは、ママの体調回復。

そして、焦らずに、
生活のリズムになれていくことが大切です。


自分のカラダと、赤ちゃんの体調と相談しつつ、
自分磨きができるママを目指したいですね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ