赤ちゃんのプールデビュー!オムツは何を選んでどう履かせる?

「プールに行きたい~!」

夏、涼を求めてプールへ出かけたり、
近所のお友達を集めて、お庭にプールを出して遊んだり、
はたまた、スイミングスクールのベビークラスで親子で楽しんだり。


赤ちゃんに、水遊びをさせるとき、
気になるのが、「オムツをどうするか」ですね(;´д`)

オムツはずれは程遠く、
「おしっこ出そう!」と教えてくれる年齢でもない赤ちゃん。

水遊び用オムツはスーパーや子供用品店で買えますが、
どんなふうに選び?どう使えばいいのでしょう?

そもそも、普通のおむつで代用できないのでしょうか?


今回は、そんな疑問を解決すべく、いろいろ書いていこうと思います♪

赤ちゃんのプールデビューを計画中のお母さん、必読ですよ!


スポンサーリンク


普通のおむつじゃダメ?水遊び用おむつってどんなもの?

自宅のベランダや、お庭で水遊びするレベルなら、
すっぽんぽんで水浴びだー!というのもアリですよね!

しかし、大勢の人が集まる場所では、
可愛い赤ちゃんとはいえ、やはりいただけません。

そんな時活躍するのが、水遊び用オムツ


普通のオムツとどこが違うのかと言うと、
水に入っても膨らみません

我が家では、立っちができるようになった1歳過ぎに、
プールデビューをしたのですが、普通のオムツで水に入ると、
オムツが水を吸収してしまい、破裂しそうなぐらいパンパンに(;゚Д゚)!


立ち上がろうとしても、おしりが重くて立ち上がれない・・・

という可哀想な状況で、転ぶ、よろけるということがあり、
水の事故が不安だったので、2回目以降は、
専用の水遊び用オムツを使うことにしました(;´д`)

ここで、最初に気になったのが、
普通のオムツを代用する方法はあるのかって事ですね。


疑問に思うママ


それでは、詳しく見てみましょう!

普通のオムツは代用できる?

水遊び用オムツが膨らまないのは、
高分子吸水材という、水をよく吸う素材を使っていないため。


裏を返せば、
プールの水も吸わないけど、おしっこを吸う性能も低め


水遊び用オムツは、おしっこやうんちが、
ダイレクトに水中に流れ出ることを防ぐもの!
という認識が、いちばん正しいと思います。

しかし、この吸う性能が低めと言うのがポイントで、
普通のオムツは、出来るだけ水を吸う様に作られています。

なので、そもそも、真逆のものと考えるのが正しく、
残念ながら、普通のオムツを代用に使うのは難しいです



スポンサーリンク


オムツはずれしていない赤ちゃん全面NGの施設も!

前章に書いた通り、おしっこの流出を、完全に防げるわけではないので、
施設によっては、たとえ水遊びパンツであろうと、
オムツの赤ちゃんは、全面NGという所もあるようです!

そして、水遊びおむつ着用ならOKという施設でも、
公共の施設であれば、次のようなことに気を付けながら楽しみたいですね。

  1. 便が緩い時や、感染する病気の心配があるときは入らない
  2. 乳幼児専用のプールで遊ぶ
  3. 普通のオムツよりも、こまめに履き替えさせる



家族や友達だけで遊ぶ、子供用プールなら、

「お互い様・・・(^_^;)」

という気持ちで遊ぶこともできますが、
公共のプールには、いろんな考えの人が集まっています。


嫌な思いをせず、お互い楽しく遊べるように、
最大限の注意を払いたいものですね!


水遊びオムツでプールに入る時のおすすめコーディネート

売り場に行ってみると分かりますが、水遊び用オムツは、
色あざやかで、かわいいデザインのものがたくさん!


なので、

Tシャツ+水遊び用オムツ!

でも充分サマになりますよ♪


しかし、公共のプールでは
「水遊び用オムツ+水着」の着用が絶対条件という所も多いので、
行く前に確認すると良いですね。


赤ちゃんのプール

これから、赤ちゃんの水着を探すというあなたには、
ボディスーツタイプではなく、上下セパレートになっている水着を、
強くおすすめします!


理由は、おむつ替えの時に、着替えが楽ですし、
ちょっと、おむつの状況を見たい時に、ぺらっとめくりやすい!

これだけで、かなりの違いがありますよ^^


まとめ

楽しい水遊びデビューのために♪


小さい時から水と親しむことで、
将来、泳ぎに対する苦手意識をなくしたり、体を強くしたり、
赤ちゃんの水遊びは、いろいろな良い影響があると思います^^

ですが、オムツ外れしていない小さな赤ちゃんの、
プールデビューとなると、親としてはいろいろ不安があるもの。

安全と衛生に気を配り、親子で楽しい思い出を作りたいものですね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ