妊娠中にカフェイン!摂取するとこんな影響が・・・

妊娠して、食生活を変えなければならない上で、
ママが結構しんどいと思う事……。

いろいろあるけれども、
中でも「カフェインの摂取制限」は大きいのでは?


コーヒー、紅茶、緑茶に抹茶、烏龍茶やほうじ茶、
ココアにコーラに、栄養ドリンクなど、
多くの飲み物に、カフェインが含まれています。

「1日1杯程度なら大丈夫!」

とは言われますが、
妊娠前まで1日何杯も飲んでいた人にとっては、
それでも、相当大変なはず(;´д`)


そこで今回は、妊娠中にカフェインが与える影響について
まとめましたので、ご紹介しますね!



紅茶大好きな私が、妊娠中に飲まなくなった理由が分かりますので、
カフェインを取りたいあなたも、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


赤ちゃんとママへのカフェインの影響

では、そもそもなんで、妊娠中にカフェインをとるといけないんでしょうか?

気分をリフレッシュしたり、目をぱっちり覚ませたりするのに
効果的なカフェイン。

仕事の休憩時間や、
ティータイムには欠かせないですよね!


しかし、あなたをギンギンするだけでなく、
実は、お腹の赤ちゃんもギンギンにしちゃいます(;´д`)


言うまでもなく、ママが摂った食品の成分は、
そのまま赤ちゃんに、影響します。


妊娠中のカフェインの影響


しかも、カフェインの分解は、肝臓や腎臓の発達が未熟な赤ちゃんにとって、
大人より、はるかに負担がかかります((((;゚Д゚))))


どうしても排出しきれなくて、
体内に長期間残る事になり、眠れなくてイライラ!

という状況になったら、可哀想ですよね。

他に危険性はあるの?

実は、カフェインは、流産や早産を誘発したり、
低出生体重児の原因になるという説もあります。

カフェインは、血流を促進させる効果があるものの、
利尿作用もあって結果的に体が冷えます

そうなると、胎盤の血流が減少して、
酸素や栄養がうまく赤ちゃんのところまで届かず、
低体重などの発達障害につながる可能性が、出てくるというわけです。



因果関係が、はっきりと証明されたわけではありませんが、
もしものことを考えたら、
やはり、カフェインは控えたほうがいいですよね。


また、妊娠中のママの体にも、
カフェインの悪影響はあります。

妊娠中は、普段より多めに摂るべき「カルシウム」や「鉄分」

カフェインは、カルシウムを尿と一緒に大量に排出したり、
鉄分の吸収を妨げたりしてしまうのです(;゚Д゚)!


食品やサプリで、カルシウムと鉄分を摂ろうと心がけても、
吸収されなくなってしまったら台無しですね。


私も妊娠中、カルシウムが足りないせいで足がつったり、
鉄分不足で貧血になったり、マイナートラブルに悩みました。


赤ちゃんが栄養を摂ろうとするのを、
ママに止めることはできません。


自分の体調管理のためにも、カフェイン中毒の人は見直してくださいね!


スポンサーリンク


カフェインと上手に付き合うには?

とはいえ、上記の症状は、大量のカフェイン摂取によるもの。


1日数杯程度なら、
それほど大きな問題にはなりません^^


研究の結果としても、「1日あたりコーヒー1杯(カフェイン100mg)の摂取」
を続けることにはまず問題がなく、
「2、3杯(カフェイン 200~300mg)の摂取」も影響はないとされています。


妊娠にカフェイン


世界保健機関 (WHO)では、1日あたりコーヒー3杯、
イギリス食品基準局では、1日コーヒー2杯にあたる、
カフェインが指標になっています。


実際の許容範囲は明らかになっていませんが、
どの研究でも、カフェインを摂取している量が多い人ほど、
流産・死産率が高いという報告があります。

ですから、1日100㎎以内のカフェイン摂取なら、
まず安心と言って良いと思います。


ちなみに、いきなりコーヒーやお茶、
チョコやコーラを100%やめてしまうのは、
逆にストレスになって、赤ちゃんに悪影響になります。

では、代用できるものはある?

市販の缶コーヒーやペットボトルのお茶は、
かなりのカフェインを含んでいます。

それでも、「やっぱりコーヒー好き!」「お茶は命!」という人は、
ノンカフェインのコーヒーやお茶を選びましょう!


タンポポの根からできる「たんぽぽコーヒー」
カフェインフリーのコーラなど、最近はいろいろ出ています。

紅茶や緑茶など、お茶好きの人は、ハーブティーや健康茶にシフトして。

麦茶や杜仲茶、黒豆茶やタンポポ茶は
カフェインフリーなので安心です!


ホットで飲むと、体も温まって妊婦さんに優しいですよ。

ただし、ハーブティーは、妊婦が控えたほうがいいものもあるので、
注意書きなどを見て、事前に確認をしてくださいね。


あとは、
カモミールやローズヒップティー、ルイボスティーがオススメ。

ビタミンが摂れたり、
利尿作用でむくみや便秘を解消したりする作用もありますよ。



体の状況に応じて、いろいろな飲み物で水分をきちんと摂りましょう!


カフェイン制限生活は意外と長い!

「コーヒーも紅茶も好きだけど、出産するまでの我慢だわ!」

と思っているママはいませんか?


実は、カフェインは母乳にも影響します。

母乳で育てようと考えているなら、
低カフェインライフはまだ続くと覚悟しましょう!


先述のとおり、カフェインは覚醒・興奮作用があります。

妊娠中の反動で、過剰摂取するようなことがあれば、
赤ちゃんは落ち着かなくて、ヒステリックにぐずったり、
夜泣きが続いたりしてしまうことも((((;゚Д゚))))


卒乳までは、引き続きカフェイン摂取は、
少なめを心がけましょう。


まとめ

いかがでしたか?


妊娠中のカフェインに関しては、
まだまだ研究の途中です。

今後の報告に要注目です!


それまでは念のために、
カフェインを抑えつつきっちり水分をとる、
地道な努力をしましょう!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ