赤ちゃんにロタの予防接種!本当に必要なのか考えてみた!

無事、赤ちゃんが産まれ、
ようやく、生活にも慣れて来たかと思ったら、
すぐに、予防接種の準備が始まります(;´д`)

しかし、

「小児科はどこにしよう?」

「任意の予防接種は打つべき?」

などと、迷っているうちに、
接種したい注射が間に合わないかもしれない!

なんて、焦っていませんか?


私も子供を産むまでは、こんなにも予防接種があるなんて、
夢にも、思っていませんでした(;゚Д゚)!

そして、順番から考えると、最初に迷うワクチンは、
「ロタウイルス」ではないでしょうか。


そこで今回は、赤ちゃんにロタの予防接種をするにあたって、
期間や種類、効果について
、詳しくご紹介しますね!



ロタの予防接種がどんなものかを、理解したうえで、
必要か不必要かを決めるのに、役立てば嬉しく思います!


スポンサーリンク


ロタワクチンはいつまで打つことが出来るの?

まず、ロタワクチンについて、
最初に知っていて欲しい事があります。


それは、どんな理由があっても、

○○週日+1日」と規定の数週を過ぎてしまった場合には、接種は出来ない

という事です。


ロタの予防接種は必要


何故1日でも過ぎたら駄目なの?
って、思いますよね。

それはロタウイルスの特徴に関係があります!

ロタウイルスの特徴とは?

ロタは、感染したら重症化しやすいウイルスです。

実は、生後3ヵ月くらいまでは、
母親からの免疫があるため、
あまり、ロタには感染しません。

しかし、3ヶ月を過ぎ免疫が無くなった時に、
感染しやすく、感染した場合には重症化しやすいです。

  
なので、免疫が無くなる前に、
早く接種を終わらせる事が重要なのです。


そのために、期日が厳守されております。


スポンサーリンク


ロタワクチン接種が間に合わないかもしれないママさん必見!?

先ほど、「期日は絶対である」というお話をしましたが
戸惑っているうちに、接種したかったロタワクチンが接種出来ないかもしれない・・・
と、がっかりしているあなたに、朗報です!


実は、ロタワクチンには、
ロタリックスロタテックという2種類があります。

そして、なんと、それぞれ接種できる期限が違います!


どのように期限が違うのか、見てみましょう。

 

ロタリックス 【平成23年11月21日発売】

  • 1回目:生後6週~20週まで
  • 2回目:生後10週~24週まで

  
ロタテック 【平成24年7月20日発売】

  • 1回目:生後6週~24週まで
  • 2回目:生後10週~28週まで
  • 3回目:生後14週~32週まで



という事は、
ロタリックスの接種が間に合わなかった場合でも、
ロタッテクは約1ヶ月ほど初回の接種時期が遅いため、
間に合う可能性がありますね!



ただ、期間が違うからという理由だけで、
接種するには、抵抗がありますよね(^_^;)

では、この2つの予防接種には、
一体、どんな違いがあるのでしょうか?


ロタリックスとロタテックの違いは?

それでは、さっそく見ていきましょう!

ロタリックス

  • ヒト由来の為、免疫がつきやすい
  • 1種類のロタウイルスワクチンである。

※ただし一度の接種では一種類の免疫しか付かないが、
二度接種する事で他のロタウイルスへの効果も報告されている


ロタテック

  • ウシ由来の為、免疫がつきにくい
  • 最初から5種類の免疫を取得する事が出来る。



この2点が、一番大きく異なる点ですが、
実際には、どちらのワクチンも、効果について、それほど差は無い
と報告されています。


どちらのワクチンを接種しても、問題はなさそうなのですが、
そもそも、予防接種さえすれば、安心しても良いのでしょうか?



実際にロタワクチンを打ったらもう安心なの?

スケジュールを詰め込んで、このロタワクチンを接種した!

・・・もう、ロタの心配はなくなるのでしょうか?


ロタの予防接種に悩む女性


残念ながら、答えはNO!です。

日本では年間約80万人ほど、
ロタウイルスに感染・発症すると言われています。

しかし、ロタワクチンを接種する事で、
点滴や入院を必要とする重症例を、
なんと、約90%も減るそうです!


他のワクチンも同様かと思いますが、

ロタワクチンも接種したら確実に感染しない!

と言うわけではありません。


しかし、ロタの特徴として、小さいうちは重症化する事も多く、
合併症や脱水症状も怖いですよね。

私の周りでも、接種していたにもかかわらず、
発症したお子さんは入院する事もなく、
思ったより、早く完治したと言う話を聞きました。

もちろん、副作用という心配もありますが、
ロタは感染例も非常に多く、感染経路も身近なウイルスです。


約90%重症化を防げるという点は、
個人的には、大きなメリットに感じます!

上記を参考に「接種の必要性」「我が子の接種が間に合う時期」を、
今一度確認してうえで、どうするか決めて貰えばと思います。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ