はいはいの練習!赤ちゃんもママも楽しみながらできる方法!

「はいはいって皆、練習しているのかしら・・・。」

と悩んでいませんか?

他の子供と比べるのは、よくないとわかってはいても、
子供の成長を、ついつい比べてしまいがち(^_^;)

月齢が同じぐらいの赤ちゃんが、
元気に、はいはいしている姿を見ると、
自分の赤ちゃんがまだなら、少し心配になりますね・・・。


確かに、はいはいをしないで、いきなり、立つ赤ちゃんもいます。

しかし、昔から『はいはいをすると肺が丈夫になる。』
なんて、言葉があるくらいなので、
出来れば、はいはいして欲しいですね。


そこで今回は、赤ちゃんのはいはい練習方法をご紹介します!


一生懸命な姿に、にんまりしながら、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


はいはいを始める時期とは?

はいはいをする時期は、だいたい生後8か月頃が目安になります!

もちろん、赤ちゃんによって個人差があり、
他の赤ちゃんがしているのをみて、興味を持って、
もっと早くに、はいはいをする赤ちゃんもいます^^


一般的には、兄姉がいる赤ちゃんの方が、
はいはいをするのが、早い傾向にあります。

一緒に遊びたくからでしょうね^^


ただし、一般的な子供よりも遅すぎるときは、
筋肉の発達や、身体に問題がある場合もあるのようなので、
よく赤ちゃんを観察してあげて、気になる時は、病院に行きましょう。


スポンサーリンク


はいはいまでの道のり!

なかなか、はいはいをしないわが子をみて、
無理矢理、はいはいの姿勢にさせちょうとするママさん!

ちょっと待ってください。

急に、はいはいの姿勢にするのは、とても、危険です((((;゚Д゚))))

まだ、筋肉の発達が不十分なのに、はいはいの姿勢にさせたら、
ケガをする可能性があります。

そのうえ、赤ちゃんに、恐怖心を植え付けてしまいかねません!


困っているママ


では、どうしたら、自然な形で、
はいはいを、促してあげることができるでしょうか?

 ここがポイント!

赤ちゃんは、首が座ると寝返りを始めます。

寝返りは、赤ちゃんにとって横の運動になります!

そして、寝返りをしばらくすると、
今度は、ずりばい運動


ずりばい運動とは、ほふく前進の恰好で、
腕立てをしないで、お腹を床に付けて前に行く動きです。

ずりばいは前後、斜めの運動になります。

ここまでできるようになると、
赤ちゃんは、前後に動けるようになり、
自然と色々な動きをはじめます^^

ずりばい運動を、活発にすることで、
はいはいに、必要な筋力が鍛えられるんですね!




ずりばい運動で、しっかりはいはいに繋がる筋力を鍛えましょう!


ずりばい運動での遊び方!

はいはいには、ずりばい運動が大切ですね。

そこで、ずりばい運動をたのしみながら、
出来る方法をご紹介します!


そのまま、はいはいの基礎の練習にもなりますね^^

 前方に、興味を持たせる遊びをしましょう!

例えば、ママが少し離れた前方に座って、声をかけるだけでも、
この頃の赤ちゃんにとっては、うれしい遊びです。

たくさん声をかけて、刺激を与えてみましょう!


ママに、ギューッと抱きしめてもらいたくて、
気持ちが、前へ前へと進みます。

気持ちが身体に伝わり、ずりばい運動へと繋がります。



ずりばい運動をたくさんすると、はいはいに必要な筋肉が作られます。

ちなみに、私もこの練習方法で、子供の筋力を鍛えましたが、
その時子供は、キャッキャッと叫んで、とても嬉しそうでした^^

あの頃の笑顔が懐かしい。。。


はいはいの練習方法


ほんの少し赤ちゃんが移動することが出来れば、
後は、距離を少しずつ伸ばしてください。

あなたのところに、行きたいという気持ちで、
メキメキ距離を伸ばしていきますよ!


ずりばい運動⇒はいはいの体勢を見せる!

ずりばい運動が上手になったら、はいはいの体勢を見せてください!


ママがはいはいの恰好をして、
ずりばいをしている赤ちゃんを、追いかけるといいですよ!

または、児童館等のはいはいをしている赤ちゃんが、
いそうな所に行って、見せてあげるのもいいですね^^


はいはいの姿勢を、赤ちゃんが覚えると、
あとは、自然に、はいはいをするようになります!

ただし、個人差があるので、くれぐれも焦りは禁物ですよ^^


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ