赤ちゃんが鼻づまり!困った時には耳鼻科に行こう!

「あれ?また、鼻がつまっている!」


赤ちゃんって、抵抗力が弱いから、

すぐに風邪をひいたり・・・
体調を崩したり・・・

熱も出ないのに、鼻づまりなんてことが、よくあります。


鼻をかめればいいのだけれど、
当然、赤ちゃんには、まだまだ難しいです(;´д`)

しかも、鼻水が出にくい体質の子供だっています。



私の場合、上の子が鼻づまりになると・・・

  • 鼻水が垂れてこない
  • 鼻をかんでも 出てこない

と、鼻に栓をしてるのかしら?
と、いう感じで困っていました(;´д`)


そんな時に、どうすれば赤ちゃんが少しでも、
楽になるのかを、徹底的に調べ尽くしました!

そこで分かった事は、赤ちゃんが鼻づまりの時は、
小児科ではなく、耳鼻科に行く事
でした!



結論を先にお伝えすると、耳鼻科に行って、
本当に良かったです!!

それでは、なぜ耳鼻科に行って良かったのか?
について、その理由などをご紹介していきますね。

と、その前に、鼻づまりの原因から、
まずは、見ていきましょう!


スポンサーリンク


鼻づまりの原因は?

赤ちゃんが、鼻づまりになることが多い一番の原因は、風邪です。


風邪以外にも、花粉やハウスダストによる
アレルギー性の鼻づまりなどがあります。

これらの鼻づまりは、細菌やウィルスなどの病原から、
身体を守るために起こる症状なのです。


ある意味で、鼻づまりとは、身体が悪い菌と、
戦ってくれて、正常に機能している証でもありますね^^


そして、その他の原因では、大きな鼻くそによって、
鼻の穴が、ふさがれていることもあります((((;゚Д゚))))

たいていは、クシャミをさせるか、綿棒でそっと取れば、
通ることが多いです。

なるほど、鼻づまりの原因は、分かりましたが、
一体、小児科よりも耳鼻科の方が、
良い理由は分かりませんよね。

次の章で、その理由を説明します!


スポンサーリンク


耳鼻科だから分かる事とは?

あなたは、赤ちゃんが風邪をひいて、鼻づまりになったら、
小児科に行ってませんか?


上の子が赤ちゃんの時に、
風邪をひき、鼻がつまったことがあります。

鼻を押さえれば 多少出てくるものの、とても、苦しそうです(;´д`)


そんな時に、私の母親に、

「鼻づまりがひどければ、耳鼻科に行ってみたら?」

と言われたので、藁にもすがるおもいで、
耳鼻科にいってみました。。。


赤ちゃんの鼻づまりは耳鼻科へ


すると、なんと!


『滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)』

との診断(;゚Д゚)!


えっ?って思うでしょ?

実は、耳鼻科の先生は、鼻づまりだけど、耳も診察してくれます。

中耳炎と言えば、熱や痛みを伴うはず・・・

しかし、熱も痛みも伴わないことがあるのです。


鼻づまりと共に、耳と鼻がつながっている管も腫れ
耳の抽出物が出て行くところがなく、中耳内に溜まってしまうのです。

まさか、鼻づまりで中耳炎になる?

思っても見なかっったことで、すごく びっくりしました!


家に帰って、調べると・・・
中耳炎は、ほおっておくと、難聴になることもあります。


もしも、小児科に行っていると、発見出来なかったかも知れません。
(あくまでも、個人的な感想です。)


鼻だけではなく、耳の病気も視野に入れて、
診断してくれるのは、助かりますね!


おすすめの活用法とは?

乳児の鼻の穴って、見てみた事ありますか?


まぁ、ママさんなら、ほとんどの人が、
見たことあると思いますが、小さな穴ですよね^^

この穴が詰まってしまうと、すごく苦しいものです!

ここで、すこし、自分に置き換えて考えてみると、
横になると鼻が詰まりやすく、
座るとスッと鼻が通りやすくありませんか。


そう言う意味では、乳児は、寝ている時間が長いので、
どうしても、鼻が詰まりやすいのです。


実は、これを改善するのに、一番いい方法があります!


耳鼻科の先生


その方法が、

耳鼻科へ行って鼻水を吸い取ってもらうことです!





家でも鼻吸い器を使って、鼻水をとることはできますが、
奥のほうまでは、なかなか吸いきれないですね。

なので、家で鼻水を吸い取っても、すぐに苦しそうになりますΣ(|||▽||| )


そこで、耳鼻科の登場です!

耳鼻科に行くと、奥のほうまで、しっかりと、鼻水を吸引してくれます!

しっかりとした鼻吸引は、
鼻づまりを緩和するために、とても、良いですよ!


まとめ

赤ちゃんが鼻づまりになると、

  • 苦しそうに息をしている
  • 夜もゆっくり眠れていない
  • 機嫌が悪い

などと、イロイロな困ったことが起きます。


ちゃんと眠れないと、
治るものもなかなか治りません!

ゆっくりと、寝かせてあげたいものです。

耳鼻科に行って、鼻を吸引してもらいスッキリとして、
少しでも不快感を和らげてあげましょうね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ