子供の脳炎 !知らないでは済まない原因と症状とは?

子供が重篤な病気になってしまったら…。

想像したくない事ですが、テレビやネットで色々な情報を目にすると、
我が子がそうなったらどうしよう、と考えてしまいます。


子供がかかると恐ろしい病気は色々とありますが、
その中でも、今回は「脳炎」について原因や症状をご紹介します。

もしもの場合に、何も知らないと焦るばかりで子供を守ることが出来ません。

でも、万が一の時に、何とか助けたいと思うのも親心。

そのために必要なのは、正しい知識や情報ですよね。

正しい知識や情報があるだけ、いざと言うときに、
最適な行動が取れる様になり最悪の事態を回避できます

そんな事態が起こらないことを祈りつつ、
最悪の事態に備えるために、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


脳炎を発症しやすいケースにはどんなものがあるの?

脳炎と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、
予防接種でも馴染みのある「日本脳炎

あなたも聞いたことがあると思いますが、どんな病気かと聞かれると、
知らないこともあるのではないでしょうか?

そこで改めて、日本脳炎の基本知識をおさらいしてみましょう。


日本脳炎ウィルスは、豚の体内で感染・増殖するウィルスです。

豚自体は感染しても無症状ですが、蚊を媒介してヒトに感染すると、
脳炎を引き起こす可能性のある病気になります。


実際に発症するのは、感染者の中でも100〜1000人に1人と言われており、
そこから脳炎に至る割合はより僅かです。

近年では予防接種の効果もあって、日本脳炎が流行することはほとんどありませんが、
万が一感染してしまったら、治療薬はありません

また、脳炎を発症した場合の後遺症率は50%、致死率は15%

いかに恐ろしい病気かわかりますね。


そして、もう一つ「インフルエンザ」も同じように注意が必要。

インフルエンザの場合は、脳炎とほとんど同じ症状である「脳症」になるケースが多く、
インフルエンザ脳症」という名称があるくらいです。

この脳症というのは、脳炎のように、脳自体にウィルス等が浸入していないのに、
脳炎と同じ症状を引き起こすという厄介な状態。

さらに、その原因がはっきりしないので、治療が困難な病気でもあるんです!


ちなみに、インフルエンザ脳症を併発するタイミングは、
発熱後48時間以内と言われています。

インフルエンザと診断された場合は、発熱から二日程度は気を付けてくださいね。


子供の脳炎

脳炎発症割合が最も高い、単純ヘルペス脳炎とは?

インフルエンザ脳症や日本脳炎よりも、
脳炎を発症するケースで、最も高い割合を占める病気があります。

それが、単純ヘルペス脳炎

ヘルペスというと、口周り等に出来るできものを思い出す人も多いと思いますが、
実は、帯状疱疹や水疱瘡など、色んな種類のものがあります。

そして、脳炎を引き起こすもののほとんどが、
この口周りに出来る単純ヘルペスなんです。


単純ヘルペスの厄介なところは、感染力が非常に強いというところと、
初感染後も、また再発する場合があるというところ。

脳炎を発症させるケースは、この再発した時が多いと言われています。


さらに、脳炎に至る割合には、口周りのできもの等は、
見られないこともあるというのも怖いところ。

お子さんに口周りのヘルペスが出来た経験がある場合は、
こうした怖い再発例があることを、頭に入れておくといいですね。


スポンサーリンク


気になる脳炎の症状とは?

どの病気がきっかけであったとしても、
子供が脳炎脳症を発症した場合は、症状が急激に現れることが多いです。

分かりやすい症状としては、「けいれん」「意識障害」

その前に、「頭痛」を訴えたり「嘔吐」症状がある場合もあります。

こうした症状が現れたら、迅速な行動が必要です。

すぐに小児科や夜間救急に走りましょう!


ちなみに、「けいれん」というと、「熱性けいれん」というものもありますよね。

子供がけいれんを起こした場合、親はそれだけで動揺してしまいそうですが、
そのほとんどは熱性けいれんと言われています。

脳炎と熱性けいれんの分かりやすい見分け方は、その「時間」です。

熱性けいれんの場合は、発生時間が5分以内です。また、左右対象に症状が現れます。

熱性けいれんの場合は、けいれんが止まれば特別な心配はありません。
(念のため、医療機関は受診しましょう。)

5分以上続く場合や、左右不対象な激しい動きなどがあれば、
脳炎の危険性を疑ってください。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

脳炎を発症させるケースや、その症状についてお伝えしました。

きっかけとなる病気はいくつかあるものの、
どの場合も、その病気から脳炎に進行する原因は、
はっきりと解明されていないのが現実です。

原因がわかっていないということは、予防もしづらいということ。


私達親の出来ることは、こうした病気になるべく感染させないように努力するだけです。

是非、日ごろの生活など、この機会に見直してみてくださいね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ