子供の頭痛!知らないではすまない意外な原因とは?

先日、3歳の長女が風邪をひきました。

妙におとなしくて、体温が高いと思ったら、
園で、流行中のヘルパンギーナが感染ったようで、
嘔吐や食欲不振などの症状が((((;゚Д゚))))


数日であっさり治りましたが、
印象的だったのが、頭を抱えてうずくまること。

眠いのかだるいのかと、最初は思いましたが、
今思えば、あれは頭痛の症状だったようです!


小さい子供は、症状を訴える事が困難な場合もあり、
また、訴えられても、単なる風邪ならいいのですが、
ごくまれに、重症な病気の前兆である頭痛だったりします。


案外侮れないのが、子供の頭痛・・・。

そこで今回は、どんな病気の可能性があるのか、
子供が頭痛の原因について
ご紹介します!



症状を訴えてきたら、チェックしてくださいね!


スポンサーリンク


風邪やインフルエンザが原因?

子供に「頭が痛い」と言われたら、
誰もが心配して、慌ててしまうと思います。


しかし、風邪の初期症状なら、
慌てないで、落ち着いて対処しましょう!


園や学校などで、風邪やインフルエンザが流行っているようなら、
まず疑ってみてください。

頭痛のほか、鼻水や咳、発熱などの症状が出ているようなら、
ほぼ、風邪が原因でしょう!

すぐに、小児科や内科へ連れて行って、
受診してくださいね。

実際、子供の頭痛のほとんどは、風邪によるものと言われてます。


またインフルエンザは、
鼻水・咳・高熱に加えて、筋肉や関節の痛みなどが特徴です。

風邪と同様に、医師の診察を受けましょう。

とにかく、頭痛を訴えられたら、

  • 他の症状の確認!
  • 水分はとっているか?
  • 食欲はあるか?
  • 便やおしっこに異常はないか?



など、
子供の状況を、よく見てあげてくださいね!


スポンサーリンク


脳の病気の可能性はあるの?

鼻水や咳、発熱以外に、
激しい嘔吐やめまい、けいれんや意識障害などの症状が出たら、
万が一の可能性として、重い病気の兆候である可能性もありえます。


何を隠そう、実は、私も経験者です(;´д`)

5歳の時に、頭が痛いと言って小児科に行ったら、
すぐに「髄膜炎」と診断されて、総合病院に1ヶ月入院しました。


髄膜炎は、インフルエンザ菌や肺炎球菌などのウィルスが
血管を通って髄膜に達し、炎症を起こす病気です。

首のところが硬くこわばるので、
小児科の先生もすぐにわかったようです。


比較的多い病気らしいのですが、
後遺症が残ったり、最悪の場合は死に至ったりする
恐ろしい病気と、後で知りました。
(後遺症がなくてよかった(´▽`) ホッ)


子供の頭痛の原因とは


脳にウィルスや細菌が入って炎症を起こすという点では、
似たような病気に、「脳炎」が挙げられます。

頭痛に加えて嘔吐や発熱、
意識障害が出た場合は、可能性があります。


日本脳炎が有名ですが、風疹や麻疹などによる脳炎も出ています。

数は少ないですが、
「脳腫瘍」「くも膜下出血」も、
発生する可能性はゼロとは言い切れません。

体が麻痺したり、めまいが生じたり、視界が暗くなったり、
遊んでいる時に転落・頭部打撲があったという場合は、要注意です。

中には子供に自覚症状がない(時間がかかる)こともあるので、
様子をよく見ていてください。


くも膜下出血まではいかなくても、
頭を打って意識がなかったり、吐き気があったりする場合は、
すぐに、脳神経外科などを受診しましょう。


そのほかの病気・生活習慣が原因の頭痛も

子供の頭痛の原因は、
他の病気に伴う症状の一つということもあります。


大人なら、具体的にどう痛いのか言えますが、
子供の表現力では、

「あたまいたい」

が精一杯だったりします。


子供が頭痛の時の注意点


そのため、風邪や脳炎以外の、意外な症状が発覚したりします。

順番に見ていきましょう!



中耳炎

代表的なものが「中耳炎」です。

中耳炎は、もちろん頭の病気ではありませんが、
子供の場合、耳の奥のもやもやを頭痛と言うことがあるのです(;゚Д゚)!


しかし、たかが中耳炎と侮ってはいけません。

中耳炎はウィルス感染が原因なので、
脳まで感染が進むと髄膜炎になる可能性も、まれにあります。

テレビの音が聞こえなかったり、
耳をしきりに触ったりしていたら注意しましょう!


そして、耳だけでなく、鼻の病気も頭痛につながります。


副鼻腔炎

鼻の奥にある副鼻腔で慢性の炎症が起こる、
「副鼻腔炎」の場合です。

蓄膿症という名前の方がメジャーでしょうか。


鼻水や頭痛なら風邪だと思うかもしれませんが、
いつまでも止まらないのであれば、副鼻腔炎を疑ってみましょう。

風邪のあとにかかるケースもありますよ!


偏頭痛

さらに、子供の頭痛は、
「偏頭痛」の可能性も比較的高いとされます。

原因ははっきりわかりませんが、
頭のサイドが痛む偏頭痛は、多くの人が発症しているので
子供がなってもおかしくないという状況です


ただし子供の偏頭痛は、嘔吐や下痢をともなうことがあったり、
短時間で痛みが治まったりと、
大人の偏頭痛とは違う特徴があります。

子供の偏頭痛の場合は、休養が第一です。長引くようなら、医師に相談も。


緊張型頭痛

偏頭痛とよくセットにされる「緊張型頭痛」も、
近年子供に増えているそうです。

これは肩コリからくるものですが、
長時間ゲームやインターネットをして同じ姿勢を続けていると、
血流が悪くなって頭痛につながります。


頭痛の原因はゲーム

このような場合は、当然ゲームなどをしすぎないように
生活を改善する必要が出てきます。

睡眠不足や眼精疲労なども、原因になりえます。


緊張型頭痛が起こる原因としては、

  • 学校や園に行きたくない
  • 家庭環境や友人関係でストレスを感じている

など、精神的なことも挙げられます。


ストレスで体調不良になるのは、
大人も子供も同じですね^^

その場合は、原因について子供の話をよく聞いてあげてくださいね!


視力の低下

他にも、目が悪くなっているなどの症状も考えられます。


私自身(大人になってからですが)、
頭痛がひどく、市販の頭痛薬も効きませんでした。

しかしある日、メガネが壊れたのを機に交換したら、
長年のうちに度が変わっていたことが分かり、
レンズを合わせたら、頭痛が緩和されました。


まとめ

いかがでしたか?

一言で頭痛といっても、
かなりいろいろな症状が、考えられますね(;゚Д゚)!

子供の頭痛を、「気のせい」「そのうち治る」
簡単に考えてはいけません。


まずは、

  • どう頭痛がするのか?
  • 頭痛の他にあらわれている症状はあるか?

など、きちんと様子を見るようにしましょう!


必要なら早めに病院へ連れて行ってください。


私が発症した髄膜炎も、
当時年長組だったので、すぐに痛みを訴えられましたが、
発見が遅れたら重症化していた危険があります。

大人でも辛い頭痛、
早くお子さんの原因が解明されて、痛みが緩和されますように。。。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ