寒い冬の赤ちゃんの服装!寝るときはどうする?

最近、朝晩冷え込んできましたね~。

風邪はひいてないですか?


この時期心配なのが、赤ちゃんの服装

赤ちゃんは暑いとか寒いとか言えませんから、
「汗かいてる」「寒そう」といった様子を、
パパやママが見極めて、対応しなくちゃなりませんよね。


しかし、寝ているあいだは、
パパもママも対処のしようがありません。

私も一度寝てしまうと、気付かない方ので・・・・(^_^;)


『夜中に様子見て着せ替え!』

なんて事は、とても大変で難しい事ですよね!


そこで今回は、厳しい寒さの雪国で住んでいる私が、
冬に赤ちゃんが、快適に寝ることができる服装について
実践して、培ったノウハウを全てご紹介します!

この記事が、あなたの悩みも解決するのに、
役に立てば、こんな嬉しい事はありません^^


それでは、赤ちゃんは冬場、どんな服装で寝かせたらいいのでしょうか?
一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


基本は長肌着&短肌着!

地域にもよりますが、
長肌着と短肌着の2枚重ねが基本です!


具体的には、

肌着と、カバーオールやパジャマの組み合わせ!


大人と同じ布団に、寝ると考えると、
このくらいで、ちょうど良いですね!


冬の赤ちゃんの服装


『夜は寒いし、ちょっと薄着すぎない?』

とあなたは思うかもしれませんね^^


しかし赤ちゃんの服装は、

『大人より、一枚少なく!』

というのが基本ですし、
寝ているあいだも、厚着は不要です。

ただし、

  • 肌着やカバーオールなどは、
    汗を吸収しやすい綿素材を取り入れる
  • お腹が出てしまわないように、
    ロンパースタイプのものを着せる

など、ある程度の工夫は必要です。


また、少し月齢が上がってきたら、
パジャマでもいいですが、
寝相が悪いと、お腹が冷えがちです(;´д`)

そんな時には、ロンパースタイプの肌着を下に着せたり、
腹巻付きのパジャマを、取り入れたりしてもいいですよ!


ちなみに、私の長女は、7~8ヶ月にはなっていましたが、
寝るときは、長袖ロンパースの肌着に、
長袖長ズボンのカバーオールという仕様でした。

ダブルの布団で私と一緒に寝ていましたが、
一緒に寝ると、これでも暖かくて、
気持ちよかったのを覚えています(笑)


スポンサーリンク


着せすぎ&布団のかけすぎに注意!



先ほどの服装は、あくまで基本です!

中には、もこもこ素材のカバーオールを着せたり、
厚手の布団で、大人と一緒に寝ていたり、
状況は様々だと思います。


しかし、月齢にもよりますが、
赤ちゃんは、新陳代謝がよく、
体温も高いので、大人の二倍も汗をかきます!

服の着せすぎ、布団のかけすぎによって
冬でも、あせもができてしまったり、
汗が乾いて、風邪をひいたり、
脱水症状に陥ったりすることがあるので注意


最近の研究では、あまりに暑いと
赤ちゃんが、無意識に体内に熱を溜め込んでしまって、
乳児突然死症候群(SIDS)になることも
考えられるそうですよ((((;゚Д゚))))

顔や背中に汗をかいたり、
布団を蹴飛ばしたりしていたら、厚着の証拠


肌着や布団を、薄いものに変えましょう!


中には、布団を蹴飛ばす脚力がなくて
暑いことを主張できない赤ちゃんもいるので、
静かに、寝ているからと安心せずに
きちんと確認してくださいね^^


プラスアルファの保温対策!

ちなみに、私の家は東北で、
朝・昼・夕方と3回も雪かきをしなければならない日もあり、
豪雪とはいかなくても、寒冷地帯ではあります。


少量の雪、で電車が止まったとか、
ヒールのブーツを履いて転んだとかいうニュースを聞くたびに
「軟弱な!」と思ってしまうような気質ですが(笑)

それはさておき。


特に、冷え込む冬場は、状況によって、
きちんと防寒対策をしなければならなくなります。

先述の長女も、本格的な冬が来たら、
上記の2枚重ねにプラスして、
フリースのスリーパーや、綿のはんてんを、
着て寝かせていました。

スリーパーは、ノースリーブでしたが
丈が長く、寝返りをうっても脱げなくて、
かなり重宝しましたよ~!


しかし、布団を抜け出した長女が、
夜中にくしゃみしたりするので、
はんてんも重ね着した次第です(笑)


『それは厚着すぎないか?』

と思うでしょうが、夏に半袖肌着一丁で、
タオルをお腹にかけるだけでも、足で払いのけていたほど
元気がよすぎる子です。
(注:熱帯夜ではありません(;´д`)


はんてんを着せておけば
布団ごと移動しているようなものなので、
冷え込む夜中に畳で寝るような状況でも、安心だったのです。
(特に汗ばんでもいませんでした)


赤ちゃんの寝るときの服


他にも防寒対策に、
ベビー湯たんぽも活躍しました。

寝てしまうとあったかいのですが、
寝始めの布団が寒かったので、使ってみました。

また、寝る直前まで暖房をしていると、
空気が乾燥して、早く冷え込むので、加湿器も使っていました。


あまり強くすると壁がカビたり襖がふやけたりしますが、
保温効果もありよかったです。

特に、長女は喘息持ちでもあったので
冬の加湿でどれだけ助かったか。。。


と、このように、赤ちゃんの寝るときの適切な環境
状況によりけりです。

集合住宅と一戸建てでは、温度環境が違いますし、
私の場合ですと、同じ市内ですが
中心地の私の実家と、海沿いの夫の実家とでは
降雪量も気温も、全く違いました(;´д`)


赤ちゃんが快適に感じる環境を設定するのは
難しいことかもしれませんが、
服でもグッズでも、ダメだったらやめればいいので、
まずは実際に、ちょっとずつ試してみましょう!


まとめ

いかがでしたか?


薄着で厚い布団をかけるか?

厚着で薄い布団をかけるか?

は、その子の個性によるところも大きいので、
赤ちゃんに合わせて調整してあげてください。


赤ちゃんが、生まれてはじめて迎える冬、
風邪などひかないように、元気に乗り切って欲しいですね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ