子供が病気で仕事を休む・・・。最小限の迷惑でおさえる方法とは?

小さい子供を育てながら、
働くお母さんの悩みの種は尽きませんが、

『子供が病気になった時、仕事をどうするか?』

という問題は、永遠のテーマですよね。


子供が病気の時の仕事は


私自身、出産後に受けた会社の面接では、ほぼ100%、

「お子さんが病気の時はどうしますか?」

と聞かれました。


祖父母や頼れる人が、近くにいればいいですが、
実際には、そんなステキな環境はありません(;´д`)

そして、子供が病気をする頻度は、
親の想像のはるか上を行きます・・・。


そこで今回は、子育てしながら働く上で、
避けては通れないこの難題について、乗り切り方をご紹介します!



実際に、私が使っている方法なので、
役に立つ情報もありますが、
同じ悩みのあなたと、一緒に考えたいと思います!


スポンサーリンク


明日出社できない!可能性を考えながら退社する

どんなに気を付けていても、
集団生活を送る子供が、毎日いろんな菌をもらってくるのは不可避

そして、その度に親が仕事を休まなくてはならないのも、
残念ながら、また避けられないことです。


私は、どんなに子供が体調のいい時でも、

「明日、もし会社に来られなかったらどうなるか?」

を考えながら、退社するようにしています。

例えば、明日締め切りの資料があれば、

  • 今日提出することはできないか?
  • 誰に頼めば、やってもらえそうか?
  • どういうふうに置いておけば分かりやすいか?




など、休むことが決まってから、慌てなくて済むように、
作戦を立てるのです!


子供が病気でも休めない


子供の病気で、仕事を休まなくてはならないことは、
お互い様とはいうものの、確実に誰かに、しわ寄せがいきます((((;゚Д゚))))


申し訳ないという気持ちは持ちつつ、
ただ謝るだけでなく、誰かにかかる負担がどうすれば最小限で済むかを、
常に考えておくのも、ワーキングマザーの生きる知恵だと思います。


スポンサーリンク


パパとママの有休の残日数を照らし合わせる!

会社の人にかかる迷惑を減らす方法は、他にもあります!

それが、旦那さんの協力です。


正社員のパパ!契約社員のママ!という夫婦の場合、
付与されるパパの有給休暇の日数が、ママの倍以上!!

なんてことはよくあります。


なのに、子供の病気の時、
「仕事を休む係」がいつもママになっていませんか?


もし、たまにはパパにも休んでほしいなと思うお母さんが居たら、
「有給休暇の残日数」を持ち出すことをおすすめします。


旦那の仕事のチェック


「仕事が忙しくて休めない」とか、

「子供が熱で・・・」と言い出しづらい職場とか、

というパパもいるかとは思いますが、
1回体調を崩すと、2日3日は引きずるもの。


1日目はママで、2日目はパパが休むとか、
急なお迎えはママで、翌日の通院はパパ、
分担するのもひとつの手です!

日頃から、旦那さんと子育てについて、
しっかりと、話し合いしましょう!


休まないで済むためのセーフティネットを日頃から張っておく

子供が病気でも、一定の条件下で預かってくれる制度として、

  • 病児保育
  • 病後児保育
  • ファミリーサポートセンター




といったものがあります。


そして、公的なものでなくても、
おじいちゃんおばあちゃんに始まり、
人によっては、

「なんかあったら預かるわよ!」

と言ってくれる、
有難く心強いママ友がいるかもしれません。


上記のいずれも、
定員が少なかったり、急すぎて対応してもらえなかったり、
実際に必要な時に預かってもらえるかは、はっきり言って疑問符。


でも、一社会人として、
仕事を休まずに済むためのセーフティネットは、
ひとつでも多く、持っておくにこしたことはありません!
(どんなにユルユル(笑)の網だったとしても)


冒頭の面接の話ですが、

「お子さんが病気の時、どうしますか?」と聞かれて、

「他に見る人がいないので休みます」と即答されたら、

採用する側も二の足を踏まざるを得ません。


それを、例えば、

  • 仕事と職場の状況に照らして、
    場合によっては夫に休んでもらえないか相談します!
  • 地域の病後児保育室とファミリーサポートに、
    登録しているので、そちらに当たってみます!
  • それでもだめだった時は、大変ご迷惑をおかけしますが、
    お休みを頂くときもあるかもしれません!



ここまで言われればどうでしょう?

結果として休むことになっても、

「休まないで済む方法がないか最善を尽くした!」

という説明ができれば、
受け止める側の気持ちは違うはずです。



最後に

最近では、子育てしながら、
働くことを当たり前にしていきたい、
世の中の流れがあります。


しかし、現実は、

「病気ひとつで、ここまでしないといけないのか・・・」

という気もしますが、
うまく世渡りしていくためと割り切り、
休み明けの仕事に精を出しましょう!


そして将来的に、

「私も昔は大変だったわ、どうぞどうぞ!」

と涼しい顔で言ってあげられる素敵なおばさまになることで、
今受けている恩を返すんだ!と思って頑張りましょう^^


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ