子供が胸を痛いと訴えてきた!考える病気をまとめました!

いつも元気に走り回っている子供。

そんな我が子から、「胸が痛い」なんて突然言われたら、慌ててしまいますよね(;゚Д゚)!


「すごく元気そうだけど、何か心臓に問題があるのかしら…」なんて、不安に…。

実際、「胸が痛い」から考えられる病気は、本当に多岐に渡ります。

病気を特定するには、お医者さんいに診てもらわなければ判断出来ないことですが、
子供の痛み方や、最近の病歴などから、ヒントになることもあるんです!

そこで今回は、子供が「胸が痛い」場合に、考えられる症状についてまとめてみました。

是非、受診前の前情報として、参考にして下さいね!


スポンサーリンク


子供にとっての胸とは?

一口に「胸」と言っても、とても漠然とした表現。子供が言うとなれば、尚更です。

大人が「胸が痛い」というと、真っ先に「心臓」を連想しますが、
子供の場合は、色々と想像を巡らせる必要があります。


まずは、「気管支」の痛みの場合!

気管支炎を引き起こしてたり、強い咳を繰り返していた場合に、
胸の辺りに痛みを感じることもあります。

放っておくと、肺炎を引き起こして重症化することも(;´Д`)


夏風邪を拗らせている、咳がなかなか止まらない、といったことがあれば、
気管支など呼吸器系に問題がある可能性があります!


子供の胸が痛い


次に考えられるのは、「胃」の痛み

胃腸炎などの場合、大人でも胃の辺りがチクチクしたりしますが、
子供は、それを「胸が痛い」と訴えることもあります。

食欲や便の様子、嘔吐の有無などから、可能性を探ってみてくださいね!


最後に可能性があるのが、実際に「心臓」からの痛み

心筋炎」といって、心臓の筋肉がウィルス感染などをして、炎症を起こす病気です。

初めは風邪のような症状から始まり、「胸が痛い」などと子供が訴える時には、
病状も進んでしまっていることがほとんどと、発症後は進行が早く、
心不全や不整脈を起こして、命の危険も大いにある恐ろしい病気!


「心筋炎」を患っている場合は、速やかな処置が必要。

「胸が痛い」以外でも、いつもの風邪の症状とは違う、症状が酷く感じる、
など少しでもおかしい感覚があれば、すぐに医療機関を受診しましょう。


スポンサーリンク


ストレスが原因!?肋間神経痛!

子供の「胸が痛い」から考えられる病気を、いくつか挙げてきました。

しかし、中には病気らしい兆候もないのに、胸だけ痛がるといったこともあります。

実はこれが、子供が「胸が痛い」という場合の、一番多いケースで、
肋間神経痛」という、神経痛の一種。


神経痛というと、中高年に多いイメージがあり、子供とは無縁の症状に思えます。

実は、肋間神経痛の原因の大半は、「ストレス」

そして、子供にはストレスがない、なんて考えるのは大人の勝手な解釈で、
実際には、学校生活や家庭内、色々な環境の中で、
子供だってストレスを感じているんです。


肋間神経痛の場合は、直接的な治療法はなく、
ストレスの原因が解消されたりすることで、自然と痛みが消えていくことが多いです。

ただ、痛み自体は、針で刺されたようなチクチクしたもので、
場合によっては激痛が走ることもあります。

治療法としては、病院の医師と相談しながら、湿布や鎮痛薬を処方してもらい、
痛みを和らげるようにしていくことになります。


胸の片側や、一定箇所だけを痛がったり、
急に痛がったと思ったらまた平気そうにしている、
などの様子があれば、肋間神経痛の可能性がありますね!


子供の胸が痛い

まとめ

以上、子供の「胸が痛い」の訴えたときの考えられる事柄をまとめてみました。

どんな場合にしても、大切なのは、
やはりきちんと子供を観察すること


子供は言葉の使い方も未熟なもの。

また、子供によっても必要以上に痛がったり、
しんどくても何も言わなかったりと、訴え方は様々ですよね。

それだけに、こちらも軽くは捉えず、色々な可能性を考えながら、
最善の対応を心掛けることが大切です!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ