赤ちゃんのうんちがでない!原因と対処法を分かりやすく!

新生児の赤ちゃんのお世話って大変ですよね。試行錯誤の毎日、本当にお疲れ様です^^

母乳、抱き癖などなど、ママの悩みは次々と押し寄せてきますが、
そんな中でも、意外にも多くのママが悩んでいるのが、新生児の「うんち」問題

特にうんちがでないと心配になります(;´Д`)


大人の感覚とは、何もかも違う新生児のの身体。

当然、便秘と言っても

  • 「どのくらい出ないと便秘なの?」
  • 「出ない時はどんな風に対処すればいいの?」

などなど、赤ちゃん特有のものがあるはずです!

そこで今回は、うんちがでない新生児に関する様々な疑問に対して、分かりやすくお伝えします!

これを読んで、是非赤ちゃんのうんち問題の判断材料にしてくださいね!


スポンサーリンク


新生児のうんちがなぜでない?

まず、大前提として、

赤ちゃんはすべてが未発達!

って、当然ですね(#^.^#)


まだ何も食べ物を、口に出来ない新生児赤ちゃん。

母乳やミルクしか飲んでいないのに、
どうして便秘になってしまうのか、確かに不思議です。

けれど、ママのお腹から出たばかりの赤ちゃんは、何もかもがまだ未発達

それは胃や腸の内臓も然りです。


ママの母乳でさえ、きちんと消化出来る力は、
まだ完璧には身に付いていません。

なので、排便を上手にコントロールできないことも、
成長過程の中では自然なこと。

しかし、それも、成長して胃や腸の大きさや機能が発達すると共に、
上手に出せるようになっていきますよ


と、新生児のうんちがでない原因が分かったところで、
次も、そもそもどういう状態を便秘というのか?
について、見ていきましょう!


スポンサーリンク


そもそも新生児の便秘って?

一般的に赤ちゃんの場合、週に2回以下の排便だと便秘と見なされています。

週2回以下というと、3〜4日に一度のペース!。

また、毎日出ていても便自体が固かったり、まとめて沢山出ることが増えている、
いきんでるのに出なくて機嫌が悪くなっている、などの場合も、便秘の傾向と言えます。


いずれにしても、大切なのは、なるべく便を溜めないようにしてあげること

便が溜まってくると、腸の壁の伸縮も悪くなって、
ますます便が出にくい状態になってしまうんです(*_*;


なので、早め早めに対処してあげて、便秘状態を悪化させないことが大切!

では、赤ちゃんが便秘になった場合、どんな対処法があるんでしょうか?

次章で具体的に確認していきましょう!


新生児の便秘

新生児がうんちがでないときの対処法とは?

では、便秘になった場合に、具体的にどうすればいいのでしょうか?

まずは、綿棒刺激などで、便を積極的に出してあげることです。

さらに、一度解消しても、また出にくくなってきた…などあれば、
何度でもこまめに刺激してあげてください^^


「何度も浣腸すると癖になるのでは?」という心配もよく耳にしますが、
この時期の赤ちゃんは、刺激で癖になったり、浣腸しないと排便出来なくなる
などという心配はないので、安心してください!

便が溜まらないように、こまめにケアしてあげてくださいね。


綿棒刺激をしても出ない場合は、無理やりすることなく、
掛かりつけの小児科で対応してもらいましょう。

実は、私も子供が生後2ヶ月程の時、5日以上排便がないことがあり、
さすがに心配になって小児科へ行きました。

処置してもらい、スッキリした顔のわが子をみて、
もっと早く対処してあげれば良かったと反省…。


うんち問題は病気ではないだけに、受診するのを躊躇いがちですが、
排便は赤ちゃんの健康にとって、とても大切なこと

小児科でも積極的に対応してくれます。是非、臆せず受診してください。


ちなみに、便秘には水分が大切なので、新生児の場合、
1日10cc以下の白湯を飲ませてあげるのも効果的。

ただ、母乳やミルクの飲みが悪くなることもあるので、
気に掛けながらあげてくださいね^^

対処法についてはこちらに詳しくご紹介しています!
→ 子供の便秘解消にオリゴ糖!その理由と選ぶ時のポイントとは?


まとめ

いかがでしたでしょうか。

新生児のうちから便秘になっていると、その後も便秘に悩まされるんじゃないかと、
あなたも心配になっているのではないでしょうか?


排便の傾向には、もちろん個人差はあって、
小さいうちから下剤を服用しなければならない子もいます。

しかし、先ほども触れましたが、胃腸自体が未発達であることが、
新生児のうんちがでない大きな要因の一つ。

乳幼児期の排便は、成長と共に改善していくもの

そう考えて、あまり神経質にならずに、その都度対処してあげてください。

これからは便秘に対してスムーズに対処していけるといいですね。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ