夏の赤ちゃんの服装は何がいいの?基本からおすすめまでを大公開!

初めての赤ちゃんに、初めての夏…。

この猛暑の中、赤ちゃんにどんな服装をさせたら良いのか?
と悩んでいませんか?

着せすぎても汗をかくし、薄着すぎても風邪をひかせたり…
と、心配はつきません(;´Д`)

かわいい我が子が、少しでも快適に過ごせるように、
ネット・本はもちろん、先輩ママさんにも徹底リサーチ!

おかげで、夏の赤ちゃんの服装については、
めちゃくちゃ詳しくなりましたよ(*^_^*)

そこで今回は、夏の赤ちゃんの服装についてご紹介します!


赤ちゃんの中でも、主に生後6ヶ月ごろについて説明いきますね。

それでは、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


6ヶ月の赤ちゃんの服装の基本!

6ヶ月というのは、腰が徐々に据わってきて、
支えなしでも、少しならお座りできるようになってくる時期。

徐々に上下別れた服も増えてくる頃。

しかし、お腹が出ないようにはしたい場合は、
肌着は上下つながったロンパース(ボディスーツ)を着せたいですね。

  • 服のサイズは70㎝
  • 室内→肌着+セパレートの上下
  • 屋外→肌着+セパレートの上下+帽子+カーディガン



これが基本形になります。

セパレートの上は、Tシャツなどでもいいですね。

セパレートの最大のメリットは、
汚れても片方だけ変えられるのと、着脱しやすいことです。


ちなみに、お出かけをした時にお店に入るとエアコンが効き過ぎて、
大人でも寒く感じることが良くあります。

そこで、お役に立つのが、薄手のカーディガンやパーカーなど^^

いざという事に羽織れるので、とても重宝しますよ!


また、赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので
屋外に出る時は、帽子が活躍します。

ゴムのついたものがおススメです。

紫外線から守り、日焼けや暑さを防ぎます。


夏の赤ちゃんの服装


「夏場、肌着は着せなくてもいいですか?」
と、よく聞かれますが赤ちゃんは体温が高いので、
大人より一枚少ないくらいでちょうどいいです!

エアコンのない効いていない室内なら、
Tシャツ一枚、ロンパース一枚でも大丈夫ですよ。


また、赤ちゃんは汗っかきなので、綿100パーセントのものが、
吸収力がいいので、おすすめ!

実は、赤ちゃんは大人と同じ数の汗腺を持っています。

あの小さい身体で大人と同じだけの汗腺があれば、
そりゃ、汗っかきになりますね(*^_^*)

肌が弱い赤ちゃんは、汗取りタオルを背中にいれて
汗をかいたら、こまめに替えてあげてもいいですよ!


スポンサーリンク


赤ちゃんの服で気をつけたいこと!

ズリバイをそろそろ始める赤ちゃんも、増えてくるころ。

そんな時に、前にボタンがあると、痛がることも(;゚Д゚)!

なので、ボタンがない服の方が良いですね!


私は、後ろボタンの服を着せたことがあるのですが、
とても着せにくかったので、ほとんど着ることはなったです…。

あと、ゴムのキツイものや、肌触りが悪いものはNG


ただし、赤ちゃんがこの時期に着る服は、来年はもう着られません。

もしお祝いでいただいたものがあるなら、どんどん着せてあげましょう。

高価でもったいないなぁ~と着せずにいるよりも、
どんどん着て、使う方がいいですね(*^_^*)


ロンパースとボディスーツの違い!

各社色々なのですが、ロンパースはアウター、
ボディスーツはインナーというところが多いですね。

呼び方は違えど、インナーにもアウターにも使用できますし、
夏はこれ一枚でも大丈夫

ボディスーツは、肌にぴったりとしたかぶるタイプがあり、
首が座った赤ちゃんにはいいですね。

参考に赤ちゃんのこの時期の身長や足のサイズも明記しますね♪

  • 男の子の身長の目安:64~73㎝
  • 女の子の身長の目安:62~71㎝
  • 帽子の目安:44㎝


寝るときの服装は?

夏場は、寝るときも薄手のものがいいです。

赤ちゃんは寝汗をよくかくので、汗取りタオルを背中にいれてあげると良いですね!

汗取りタオルは、寝ている赤ちゃんを起こすことなく汗をとってあげれます。

また、タオルケットが肌蹴てしまって、お腹が冷えないか心配なら
腹巻をしてあげるのもいいかと思います。

腹巻つきのパジャマもあります。

パジャマの上と腹巻をつなぐボタンがあるので、
お腹が出ることもないので安心です。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ