お座りの練習は赤ちゃんに必要?知らずにすると危険な方法も!

寝返りが上手に出来るようになった赤ちゃんにとって、
次のステップはハイハイやお座り。。。

生後半年を過ぎると、赤ちゃんの成長には個人差がありますが、
我が子が周りと違ったり遅かったりすると、気になるのが親心。


ハイハイや高ばいから出来る子、お座りが先に出来る子、
お座りを嫌がる子、全くハイハイをしない子…。

どれも正常な発育で、何の問題もないのですが、
やはり、お座りをしないと心配になりますよね。

そこで今回は、赤ちゃんのお座りについて気になるあなたのために、
練習の必要性やその方法
をご紹介します!

そもそも、練習は必要なんでしょうか?

一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


お座りの練習は本当に必要?

自治体などで行われる6ヶ月検診などで、
「お座りはまだですか?」なんて、
聞かれたことがあるかもしれません。

「少しずつ練習していきましょう。」などと言われると、
練習して出来るようにならないといけないのかな、と思いがち…。


しかし、お座りは、腰や下半身の筋肉が発達してくれば、
自然と出来るようになるもの。

身体の面では、特に練習が必要ということはありません


実は、これはお座りに限らず、ハイハイやつかまり立ちも同じことで、
自然と必要な筋肉がついて出来るようになるのを、見守ってあげましょう(*^_^*)

むしろ、あまりに早い時期から無理やりさせる方が、
赤ちゃんの身体にとっては、負担になってしまうことも…。

それでも、どうしても練習をするのであれば、
離乳食を始める6ヶ月頃から、少しずつ座らせてあげるのがいいです。


ちなみに、お座りの早い遅いで、その後の身体の成長に影響はありません

ただ、赤ちゃんにとって、お座りをすることで、メリットはあります。

さて、それってどんなことでしょうか?


赤ちゃんのお座り練習

お座りの本当のメリットは!?

じつは、お座りって赤ちゃんにとっては、とっても大きな変化

まず、生まれてから、天井や寝返りの姿勢で見る景色に比べ、
お座りをして見る世界は全然違います。

お座りをすることで、平面的に見えていた視界を、
立体的に見ることが出来るようになります。


また、手を伸ばして近くのオモチャを取ろうとしたり、
転がってくるボールもお座りの姿勢で捉えたりすることで、
奥行き感も養えるように(*^_^*)

何より、目に入るものが格段に増えるので、
赤ちゃんの好奇心がとっても刺激されるんです!

好奇心が生まれると、自然と次の行動を起こすキッカケにもあります。

無理なくお座りを促してあげることで、
「お座りって楽しい」と思わせてあげられたらいいですね。


スポンサーリンク


お座りの練習のポイント

赤ちゃんの中には、お座りが嫌いという赤ちゃんもいます。

お座りの練習をさせようと、あなたは頑張るのに、
本人は嫌がって、先にハイハイをし出したり…という感じ(;´Д`)

もちろん、成長スピードは赤ちゃんそれぞれの個性ですし、
自然とするようになる時が必ず来るので、焦る必要はありません。


しかし、あなたが頑張っている練習方法が、
赤ちゃんにとって苦しいと負担になっているなら、注意が必要ですね。

どうしても、お座りの練習をするなら、
正しい方法で練習しましょう^^


案外良くやりがちなのが、
あなたのあぐらに、赤ちゃんを座らせてもたれさせる!というやり方。

これは意外と不安定な姿勢で、まだ未熟な赤ちゃんの腹筋を、
無意識に使わせていますΣ(゚д゚lll)ガーン


最初に赤ちゃんを座らせる時は、あぐらや正座の膝の上に、
赤ちゃんのお尻を乗せ、姿勢良く座らせてあげましょう。

背もたれがないとグラグラする場合は、
大人の身体の方を赤ちゃんに沿わせてあげるといいです。

これなら、身体にあまり負担を掛けずに座れます。

慣れてきたら、一人で座らせますが、本当に安定して座れるようになるには、
8カ月以降とかなり時間がかかります。

なので、注意して見てあげたり、転倒対策もしっかりしておきましょう。


まとめ

赤ちゃんのお座りについてお伝えしました。

お座りする赤ちゃんの姿って本当に可愛いですよね。

余談ですが、ハイハイをし始める前のお座り期は、
一番カメラに収めやすい時期でした!

動き出すと、本当に目が離せず、写真もままならなくなってしまいます。

今しかない姿、是非思い出に収めて下さいね。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ