赤ちゃんの誤飲!こんな症状のときは注意!正しい対処法とは?

「赤ちゃんの様子がいつもと違う!
目を離したときに、何かを飲み込んでしまったかも…。」

気をつけているけど、子供を育てていると、
誰もが、経験することです(-_-;)

しかし、大丈夫!ちゃんとした知識を入れておくことで、
もしもの場合でも、慌てずに対応できるようになります!


今回は、赤ちゃんが誤飲した時の症状や、対処方法をご紹介します!

それでは、さっそく見ていきましょう。


スポンサーリンク


誤飲した時にみられる赤ちゃんの症状と対処法

次にあげる症状が、突然現れたときには、
赤ちゃんが誤飲をしてしまった可能性があります。

  • 意識がなくなる
  • けいれんを起こす
  • 呼吸がおかしい、呼吸が苦しそう
  • 泣き出したり、機嫌が悪くなる
  • ひどく痛がる
  • 顔色が悪い
  • 長く咳き込み、やまない
  • 食欲がない




こんな症状が出た時の対処法は、口を開けたときに、
異物が見えている場合は、指で取り出してください。

しかし、鋭利なもの(がびょう、くぎ、ガラス、プラスチック片など)が、
見えた場合は、気をつけてください。

取り出そうとすると、口の中を傷つけてしまう危険性が(;´Д`)


そして、異物が見えていない・何を飲み込んだかわからない場合は、
無理に取り出すとかえって危険です。

絶対にやめましょう!


ただしm、その場で吐き出すことができて、症状が和らいだ場合は、
急いで病院を受診する必要はありません。

その後の赤ちゃんの状態をよく見てあげましょう。

吐き出すことができずに、まだ症状が続いている場合は、
すぐに受診してくださいね。


スポンサーリンク


救急車を呼ばなくてはいけないときは?

次の5つは、すぐに救急車を呼んでくださいね。

  • 意識のないとき
  • 呼吸をしていないとき
  • 呼吸が苦しそうなとき
  • けいれんをおこしたとき
  • 以下のものを飲んだとき
  • たばこ、ボタン電池、揮発性のもの(石油、シンナー、ガソリン、マニキュアの除光液など)、鋭利なもの、強酸・強アルカリ性の洗剤、医薬品、農薬、殺虫剤、ホウ酸団子




異物がのどにつまって息をしていない、呼吸がおかしいときなど、
緊急の場合は、次の手順で対応してください。

  1. 赤ちゃんの頭を、胸よりやや低くしたうつぶせの状態で、大人の左腕にのせます。
  2. 赤ちゃんのあごを左手でしっかり固定します。
  3. 軽く握った右手で、背中の肩甲骨のあたりをたたきます。

※ただし、救急車を呼んでいる間、他になにか指示があった場合は、
そちらを優先してくださいね。


赤ちゃんの誤飲

水や牛乳を飲ませていいもの!いけないもの!

誤飲したものによっては、水や牛乳を飲ませた方が良いものがあります。
また、逆にダメなものありますので、ご紹介しますね。

水や牛乳を飲ませてから病院へ行った方がいいもの

強酸・強アルカリ性の洗剤(漂白剤、カビ取り剤に使われています。)などは、
水、牛乳を飲ませることによって、毒性を弱めることができます。

ただし、化学反応を起こす危険があるので、
ジュース、炭酸水を飲ませてはいけません。

水や牛乳を絶対に飲ませずに病院へ行った方がいいもの

たばこ、ボタン電池、揮発性のもの、鋭利なものなどは、
何も飲ませずに病院に行きましょう!

「覚えれない~!」というあなたも、
なんとなくでかまいませんので、頭に入れておくといいですよ。

そうすれば、救急車をよんだときに、
「水か、牛乳を飲ませたほうがいいですか?」と聞きやすくなるはずです。

そのあとの言われた指示に従ってくださいね。


誤飲した時の相談窓口

緊急の場合はすぐに救急車ですが、判断に迷った時、
かかりつけの小児科に電話し、対応を聞きましょう。

時間外の場合には、24時間対応しているところに電話し、
指示をあおいでください。

小児救急電話相談事業 #8000

#8000を電話からプッシュすると
お住いの都道府県の相談窓口に自動でつながります。

ここは、夜間対応しています。


問い合わせた時や受診の際に伝えること

  1. 赤ちゃんの月齢
  2. 体重
  3. いつ誤飲したのか
  4. 何を誤飲したのか(物品名)
  5. どのくらいの量を誤飲したのか(推測でもOK)
  6. 今の状態



役に立つことがあるので、メモができる状況ならばしておくことをおすすめします。

パニックになってしまっているかと思いますが、
赤ちゃんのこと、その状況のことを一番知っているのはママである、あなたです。

しっかりと丁寧に、受け答えができるといいですね。


最後に

赤ちゃんは、物をよく口に入れてしまいます。手にとったら、口へ・・・と。

安全確保しなくてはいけないママは、本当に大変です!

赤ちゃんの誤飲事故は、防げることが一番ですが、だれにでも起こりうることです。

慌てることだとは思いますが、落ち着いて対応ができるようにしましょうね。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ