冬産まれの赤ちゃんに必要なもの!出産後に慌てない為の準備とは?

冬に出産が決まっている妊娠中のあなた!

「冬に産まれる予定だけど、
生まれる前に何を準備すればいいの?」

なんて、初めての出産だと悩みますよね。


そこで今回は、冬に出産する赤ちゃんが必要なものをご紹介します!

ただし、赤ちゃんは産まれてから1ヶ月間ほとんど外には出ません。

なので、生後1ヶ月後からの服装を重点的に考えていきますね!


ちなみに、冬生まれの赤ちゃんと一言に言っても、
12月に産まれた赤ちゃんが、出かけする頃は、極寒(;´Д`)

反対に2月に産まれた赤ちゃんは、
お出かけする頃は、ちょっと暖かくなった3月〜4月。


冬生まれでも産まれ月で、ちょっと準備する物が変わってくるので、
その説明もいれながら、冬産まれのベビーの準備する服を見ていきます♪


スポンサーリンク


冬に出産する赤ちゃんに必要なものとは?

では、さっそく見ていきましょう!

肌着5〜6枚

これは冬生まれみんな共通!

肌着は短肌着、長肌着など色々種類がありますが、
基本的には、どちらでも大丈夫です^^

色々組み合わせても良いですし、短肌着だけとかでも良いですよ♪

ツーウェイオール5〜6枚

前開きの服です。肌着の上に着ます!

産まれてから3ヶ月くらいは、ミルクなどをよく吐きます。
なので、1日2.3回着替えることもあります。

そして、冬は洗濯物が、とにかく乾きにくい(;´Д`)

その為5.6枚は、必要ですね。

12月産まれのベビーは、フリース素材の物も買っておくと、
気温調整しやすくて重宝しますよ!

ベスト・カーディガン1~2枚

少し寒い時に使えるので、あれば便利です”

冬は家の中での温度調整に使えるし、
春はそのまま外に出ていけるしで、
冬から春まで使えて、役に立ちますよ!

これは12月ベビーも2月ベビーも必要ですね♪

スリーパー1つ

スリーパーが1つあると、蹴っても布団が掛かってる状態になり安心!

ちなみに、2月産まれの赤ちゃんは、これから暖かくなっていく時期なので、
あまり使わないと思いますので、買わなくて大丈夫な代物です。

靴下1~2枚

赤ちゃんは足で体温調節をしているので、冬でも家の中では履く必要は無いですが、
外に出るときは寒いので履かせてあげると良いです♪

2月産まれのベビーも外に出るときは、靴下を履かせてあげましょう♪

カバーオール2枚+1

外に出る時に上に着る物。

雪のよく降る地域ではモコモコのものでないといけませんが、
あまりモコモコになると赤ちゃんが動きにくいのです。

なので、動きやすさを重視した物を探すと良いですね。

ただ、すごく寒い日用に+1枚くらいで、
モコモコを買っておくと意外に使うと思いますよ。

2月産まれのベビーは薄手のカバーオールが1、2枚あれば、
あとは、寒かったらおくるみで、包めば大丈夫だと思います。

帽子2枚

特に12月産まれの赤ちゃんは、モコモコの帽子があると暖かくて良いですね♪

2月産まれの子は段々と日差しが気になってくる時期なので、
ツバのある帽子と、薄手の帽子、2つあると使い分けれて便利です♪

帽子のサイズはしっかりとチェックしましょう!

意外と2,3ヶ月の赤ちゃんは頭が小さいです。
その為帽子は産まれてから買っても良いと思います。

スタイ2~3枚

前にも書きましたが、赤ちゃんはよく吐き戻します。

スタイに上手く吐いてくれれば、スタイだけを変えれば良いので楽ちんです♪

ベビーカー ケープ

これは服ではないのですが、冬産まれの赤ちゃんは必需品ですね!

2月産まれの赤ちゃんは来年も使うと思うので、
買っても良いと思いますが、来年買っても良いと思います。


スポンサーリンク


冬に出産!赤ちゃんの服装の目安とは?

冬生まれの赤ちゃんには、「寒いから・・・」
とついつい家の中でも、厚着をさせてしまうママが多いです。

しかし、部屋の中は極度に寒いことはほとんどないと思うので、
12月以降は、肌着1枚+ツーウェイオール1枚+ベスト+スリーパー又は布団
くらいで大丈夫だと思います。

外に出るときは、それプラスカバーオール1枚着せてあげましょう♪

赤ちゃんは、体温は高い為、
基本的にはそんなに厚着をさせなくても大丈夫です(^-^)
冬に出産で必要なもの


まとめ

いかがでしたでしょうか?

12月の冬産まれの赤ちゃんが、
外に出られる時期になると感染症とかが流行ってて…。
しばらくは外に出る機会が少ないかもしれません。

なので、外出用のお洋服の買いすぎには注意が必要ですね!

逆に2月産まれのベビーは外に出る時には、気温差が激しい時期だと思います!

気温調節できるような服を、買っておくのがベストですね♪

しっかりと考えて、無駄買いしてしまうのを防止したいですね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ