赤ちゃんの口臭がすっぱい?!もしかして病気なの?

かわいいかわいい赤ちゃん。だけど、ふとした瞬間に・・・

「ヨーグルトのようなすっぱい臭いがする(;´Д`)」


赤ちゃんの口臭がすっぱい臭いだったら、「もしかして、病気??」
と、不安になってしまいますよね。

どこか内臓が悪いのかと気になって、病院へ連れていく方もいると思いますが、
まずは疑う原因を知っていくことで、不安がとれることもあります。

そこで今回は、赤ちゃんの口臭がすっぱい時の原因と対処法(予防法)をお伝えします。


スポンサーリンク


赤ちゃんの口臭の主な3つの原因

赤ちゃんの口臭の気になる原因の3つを、
それぞれ、詳しくご紹介していますね!

歯や舌のケア不足

口臭の90%は、口の中が原因です!

まずは、すっぱい口臭がする赤ちゃんの口の中を見てください。
舌を見ると真っ白!!ではないですか?

実は、その白いのが、舌苔(ぜつたい)と言われる口臭の原因!
※舌苔とは、食べかすや細菌などが舌の表面に残ってできるもの。


まだ歯が生えていなくても、離乳食を食べている赤ちゃんは、
残骸が口の中に残ることで、臭いが発生する場合があります。

離乳食が始まっていない方も、
ミルクや母乳が口の中に残ると舌苔となり、臭いが発生しまいます。

口の中の乾燥

大人もですが、口の中が乾くと唾液の分泌量が減り、
臭いの原因になります。

そして、口の中が乾燥する主な原因は、口呼吸

口呼吸になるのは、

  • 風邪をひき、鼻が詰まる
  • 暖房器具を使うと部屋が乾燥し、鼻が詰まる

などが挙げられます。

他にも、寝起きや部屋の乾燥、遊んでのどが渇くと、
口の中も乾燥していることが多いです。

食べ物

赤ちゃんの離乳食では、ほとんどお湯を通したり、
臭いも気にして作っている方は多いと思います。

しかし、食べ物を振り返ると、例えば、納豆・チーズ・ネギなど、
意外に臭いの原因になるものが多いです。

また、「お菓子」の食べ過ぎも気にしてくださいね。

市販のお菓子には、糖分が多く含まれているものが多く、
こうした成分は細菌のエサとなり、繁殖の原因になります。


スポンサーリンク


口臭の対処法・予防法

引き続き、対処法と予防法をご紹介しますね。

お口のケア

舌が真っ白な赤ちゃんには、
お湯でぬらしたガーゼで、やさしくふき取ってあげてください

離乳食が始まっている赤ちゃんも、歯ブラシがまだ使えなかったり、
歯が生えていなければ、同様に食後や寝る前にガーゼでふき取ってあげるといいですね。


また、離乳食後に湯さましや、お茶をあげて、
口の中を綺麗にしてあげると効果的!

歯がある程度生えてきている赤ちゃんは、
歯磨きをしてあげてくださいね(*^。^*)


赤ちゃんのすっぱい口臭

鼻づまりに気をつける

風邪をひいて鼻水がでている赤ちゃんは、
家族の方が、吸引してあげることが大切です。

市販でも様々な吸引器があるので、使いやすいと思うもので大丈夫。

家のケアだけでは心配な方は、
耳鼻科にいくと、吸引してもらえますよ

また、部屋の環境を見直して、乾燥を防ぎましょう。

部屋の換気や、加湿器の利用をしてみてくださいね

水分補給を気にする

外で遊ぶことが多い赤ちゃんや、朝起きたときに口が乾燥している時には、
水分補給をしてあげてください。

また、風邪などで、口呼吸になっている赤ちゃんにも、
水分補給は有効な方法です!

母乳のみの時期は、母乳で大丈夫。


まとめ

 
いかがでしたか?

口臭の原因で、あてはまるものはありましたか?

しっかりと口の中をケアしてあげてくださいね^^


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ