赤ちゃんの風邪の治し方!自宅で出来る対処法ガイド!

度々悩まされるのが赤ちゃんの「風邪

赤ちゃんは、風邪をひきやすく、長引くことも多いですね。

咳や鼻水は本当に心配になりますし、
辛そうな赤ちゃんをみているととても可哀想(;´Д`)

赤ちゃんが風邪をひいてしまったら・・・
こじらせない!早めに治す!

そのためにはきちんとケアしてあげることが、とても重要。

そこで今回は、赤ちゃんんの風邪の症状別での対処方法を紹介していきますね!


スポンサーリンク


赤ちゃんが風邪をひいた時の対処方法!

赤ちゃんが風邪をひき始めていると、
様々なところにサインが出てきます!

咳・鼻水・くしゃみ・発熱・食欲不振・嘔吐・下痢・ぐずり
などの症状が、が多いと思います。


ちなみに、咳・鼻水は風邪だけではなく、
ほこり・乾燥などが原因ということもあります。

と、それも踏まえて具体的な対処方法をみていきましょう。


赤ちゃんの風邪

咳の原因

空気の通り道である気道と呼ばれる部分に、
ほこり・ウイルス・異物などが入るとそれを排除しようと咳がでます。

赤ちゃんは大人に比べて、気道の抵抗力が弱いために
咳が長引くことがよくあるのです(;´Д`)

ポイント

  • 空気の入れ替えや掃除をするなど、ダニ・ほこりを排除することを心がけてあげましょう!
  • 加湿器などを利用して、湿度50~60%を保つようにしてあげましょう!
  • 水分補給を小まめにとってあげましょう!




それでも咳が長引くようでしたら、
小児科で胸の音を聞いてもらうことをおすすめします!

鼻水の原因

赤ちゃんは気温差やちょっとしたホコリにも、敏感に反応します。

鼻水も咳と同じようにほこり・ウイルス・異物を排除しようと出てるのです。

そして、鼻づまりはそういった細菌から、
体を守るためのブロックの役割をしています。

しかし、赤ちゃんにとっては、鼻水・鼻づまりは呼吸がしにくかったり、
よく眠れなかったり見ていて辛そうですよね。

ポイント

  • 鼻水・鼻づまりは鼻水吸引器などを使って小まめに吸い取ってあげてください
  • 加湿をしてあげると鼻水がやわらかくなり吸いやすくなります
  • お風呂は血行も良くなり鼻づまりも和らぎます
  • 睡眠時は枕を少し高くして傾斜をつけてあげることで鼻の通りも良くなり寝つきもよくなります




さらに詳しく知りたい人は、こちらを参考にしてください!
→ 赤ちゃんが鼻づまりでツラそう!超簡単で効果的な解消法はこちら!

鼻水が喉へ落ちると淡が絡んだりとさらに咳込んで辛くなるので、
鼻水を吸い取ってスッキリさせてあげてくださいね^^


発熱した場合はどうするの?

赤ちゃんはちょっとした体調の変化でも、すぐ熱を出したりするものです。

しかし、ママはやっぱり慌ててしまいますよね(;゚Д゚)!

通常38度以上を発熱と言いますが、熱の高さだけにとらわれずに、
機嫌が悪いか?食欲がないか?など全身の状態のチェックをしてください。

ポイント

  • 脱水症状を予防するため水分補給は小まめにしてあげましょう
  • 体に熱がこもらないよう衣類を調整するなどしてあげましょう
  • 汗が覚めると体温が奪われ悪化することもあるのでタオルで汗をふき、小まめに着替えをしてあげましょう


元気で食欲もあるようなら、お家ケアで様子をみてあげてください。


スポンサーリンク


食欲不振の場合

風邪で食欲がないと、ますます心配になるかと思います。

しかし、風邪の時はあまり栄養にとらわれず、水分さえ取れていれば心配はありません

体の水分が不足すると、ますます食欲が落ちて、
ぐったりし風邪と闘う力が弱くなってしまいます。

とくに熱が高い時は、出来るだけ小まめに水分をとりましょう!


まとめ

いかがでしたか?

症状別に紹介しましたが、なんといってもまずは予防することが大切です。

環境づくりとホームケアがとても大事になってきます。

大人でも辛い風邪の症状。赤ちゃんはもっと辛いはずです(-_-;)

風邪をひいたときは、普段よりもさらに気にかけあげて
一緒に乗り越えていきましょう。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ