赤ちゃんに母乳を飲ませるコツ!苦手な授乳もこれで安心!

大変な出産を経て、感動の赤ちゃんとの対面は格別です。
生まれたての赤ちゃんは、本当にカワイイですよね(*^。^*)


そして、お母さんとしての大切な仕事が、母乳を飲ませる事

ですが、授乳は思っているよりも難しいんです(-_-;)

あなたも母乳をあげるのは、最初から上手に出来ませんし、
同じ様に赤ちゃんも最初から上手に飲む事が出来ません。


上手く授乳が出来ないとあなたにとっても赤ちゃんにとっても、
ストレスになりますね…。

そこで今回は、赤ちゃんに母乳を飲んでもらうコツをご紹介します!

ストレスフリーの子育ての為に、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


赤ちゃんが喜ぶ授乳方法!母乳を飲ませるコツとは?

赤ちゃんは、母乳の飲み方は本能で知っているのですが、
数を重ねないと上手く飲めません。

実は、授乳は、はじめから上手くいかないのが当たり前!

あなたと赤ちゃんの二人で、お互いが「あげやすく・飲みやすい」授乳の仕方を、
試行錯誤して色々と試すうちに、上手に母乳を飲ませるようになります。


さらにちょっとしたコツを知っていると、
上手になるのが断然早くなりますよ^^

そこで、赤ちゃんに母乳を飲ませるコツをご紹介しますね!


赤ちゃんに飲ませるコツ

飲ませるコツその1「縦抱き」

赤ちゃんに母乳をあげる時、
授乳枕などを使って枕に横たえた赤ちゃんに飲ませる「横抱き」を、
産院から指導されることが多いと思います。

しかし、赤ちゃんによっては、横抱きで飲むという授乳方法が、
嫌いな赤ちゃんがいます。


そんな赤ちゃんの場合は、「縦抱き」を試してみましょう。

縦抱きの授乳方法!

  1. あなたの膝の上に赤ちゃんのお尻を乗せる
  2. 乳首をしっかりとくわえさせる
  3. 体勢を若干前屈みにして、赤ちゃんの口と乳首の間に隙間をなくす



この時、あなたの手は赤ちゃんの首と腰にあて、
しっかりと支えてあげましょう。

飲ませるコツその2「フットボール抱き」

アメリカンフットボールのように、
赤ちゃんを脇に抱えて授乳する姿勢です。

フットボール抱きの授乳方法!

例えば、左の乳首から飲ませる場合。

  1. 赤ちゃんの首の下をしっかりと右手で支える
  2. 赤ちゃんの腰を左手の脇の下で挟む
  3. 赤ちゃんの上体が軽く起き上がった体勢にする



赤ちゃんによって、飲みやすい姿勢、飲みにくい姿勢というのが必ずあります!

自分の赤ちゃんがどの体勢なら飲みやすいのか、色々と試してみましょう(*^。^*)


スポンサーリンク


赤ちゃんが飲みやすい様にあなたの乳首をマッサージする

母乳を赤ちゃんによく飲んでもらう為には、
あなたの乳首を赤ちゃんが母乳を飲みやすい状態にするのも重要!

赤ちゃんが、母乳を飲みやすい乳首とは、
柔らかく伸びがいい乳首です。

乳頭の部分を揉んで柔らかくしたり伸ばしたりしましょう。


赤ちゃんは乳首を口に含んだ時に口の中で、
舌の上と上あごの部分で乳首をはさみ、つぶしながら母乳を飲みます。

ですので、口に含んだ乳首が柔らかいとそれだけで飲みやすく、
舌が外れてしまった時も、乳首が伸びると見つけやすく吸い付きやすいのです。


赤ちゃんの授乳方法

母乳が良くでるように食生活に気をつける

赤ちゃんが母乳を飲まない理由の一つに、母乳を飲もうと吸っていても、
思う様に母乳が出ない事があります。

母乳が出やすい様に、1日3食しっかりとバランスよく食べて、
水分をいつもより多く獲る事を心がけましょう。


ちなみに、脂っこい料理や甘い物は、
乳腺が詰まりやすくなるので、ほどほどに!

もちろん、ストレス解消のために少量なら良いですが、
一度に大量に食べない様にするなど、
工夫をしながら上手く付き合う事が大切です。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ