妊娠中は食べ物に注意!控えた方がいいモノとは?

妊娠おめでとうございます!

すごく嬉しくって、何とも言えない幸せな気持ち・・・
小さな小さな命が育っているんだ(^^)

私も、妊娠した時はすごく嬉しくて仕方なかったです。


しかし・・・

ツワリが始まったり、何となく身体がだるかったり、
すごく眠かったり、今までと違う体調になって 戸惑いました。


でも、心音を確認できたら、すごくホッとして・・・

これから産まれるまで、大事に大事にしていきたい命
無事に産むにはどうしたら、何に気をつければいいのかな?


そこで今回は、妊娠中の食べ物で注意したい事をご紹介します!

お酒・タバコ・コーヒーは止めた方がいいとは、聞いたことはあるけど、
それ以外に気をつける食べ物なども、調べましたので、
さっそく、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


注意する食べ物とは?

妊娠前には、気にせず食べていたものも、
妊娠中は、控えた方がいい食べ物があります。


生の食べ物

生の食べ物には、食中毒になる菌や、
寄生虫がいる場合があります。

寄生虫・菌 症状 食べ物
ノロウィルス
O-157
サルモネラ菌
リステリア菌
食中毒を起こす菌。妊娠中は、食中毒にかかると、下痢による腹痛などで子宮が収縮し、流産や早産の危険性があります。 お刺身など生の魚
生ハム・馬刺しなど生肉
生卵
非加熱のチーズ・スモークサーモンなど
トキソプラズマ 豚・羊肉・鹿・猫の糞にいる寄生虫。妊婦が感染すると、胎児に重い障害がのこる可能性があると言われています。 生肉

『えぇ~~!好きな食べ物が多いんですが・・・。』


と、悲しい声が聞こえてきそうですが、
実は、ちょっとの注意で食べても大丈夫になりますよ~!


それは・・・


『しっかりと火を通す!!』

これだけです(´▽`)ノキッパリ!!

お刺身も、しゃぶしゃぶにして食べると安心。

生肉は、しっかり火を通した焼肉に、
たまごかけご飯はダメだけど、チャーハンにすればok!


生でなければ、食べても大丈夫なものばかりですね。


スポンサーリンク


大型の魚

私が、大型の魚で思いつくのは、鯛やまぐろくらいです。(^_^;)

普段は、お刺身や、煮つけで食べたりします。


たぶん、海に近い地域に住む方は 、
その他のいろいろな魚も食べますよね。


魚の鯛


大型の魚には、自然界の食物連鎖によって、
水銀が、多く含まれています((((;゚Д゚))))

魚は、身体にいいからと 大型の魚を大量に取ると、
胎児の神経発達に影響を及ぼすという指摘もあります。

摂取タイミング 摂取量 魚の種類
週一回まで 約160g キンメダイ・めかじき・クロまぐろ・メバチまぐろ
週二回まで 約80g キダイ・くろむつ・まかじき・ユメかさご・ミナミまぐろ

大型の魚は、上の表のように制限した方がいいけれど・・・

『魚にはDHAやEPAが豊富に含まれているから、
食べた方がいいと言われているのでは?』

と思いませんか?


そんな時は、大型の魚ではなく、小型の魚で、
それらの栄養を補給すれば、良いですよ~!

サンマ・イワシなど小型の魚、魚の缶詰にも、
多く含まれているのです。

しかも、魚の缶詰の汁にも含まれているので、
汁ごと調理すればバッチリですね♪


レトルト・インスタント食品など

便利だからと、ついつい使ってしまうのが、
レトルトやインスタント食品、揚げ物などのお惣菜。

共通して言える事は・・・

  • カロリーが高い
  • 塩分が高い
  • 食品添加物が入っている

と、妊婦にとって、危ないものが多く含まれています。


高カロリーは体重の増加、塩分は妊娠中毒症、
食品添加物は障害を起こす可能性があるので、
食べる時には、気をつけたいものです!


妊娠中は食べ物に注意


注意する飲み物とは?

食べ物だけではなく、
飲み物についても気になりますよね?

同じように、口から入れるものですから・・・

という訳で、次に注意した方が良い飲み物について、
見ていきましょう!


アルコール

妊娠中にアルコールをとることによって 
胎児アルコール症候群といって、
障害を持った赤ちゃんが生まれるおそれがあります。


基本的は、妊娠と同時に禁酒をおすすめします!

しかし、どうしても飲みたくなれば、
ノンアルコール飲料を飲んで、
お酒を飲んだ気分を味わうといいと思います!!

あまり我慢してストレスを溜めるよりも、
ノンアルコール飲料で、満足感を得たほうがいい時もあります。

ちなみに、私もよくノンアルコールを飲んで、
気分転換していました( ´▽`)
しかも、ノンアルコールはカロリーも控えめ!!

飲むことが好きな方は、飲んだ気分を味わえ、
ローカロリーなので、オススメです♪


カフェイン

知っている人も多いと思いますが、
コーヒーや紅茶、お茶に含まれている成分です。


カフェインが、赤ちゃんの及ぼす影響は・・・

  • 流産や早産
  • 低出生体重児
  • カルシウム・鉄分の吸収の妨げ
  • 胎児の発達障害・死亡


などの原因になっていると考えられています。

食後にホッと一息 入れたくて、
コーヒーって飲みたくなる時ってありませんか?

ランチを注文したら、食後のコーヒーが出てきたりするし・・・

コーヒーも1日1杯くらいなら大丈夫なのですが、
もっと飲みたい人には、カフェインレスのお茶やコーヒーが販売されているので、
そちらを、お試しください。

調べていて一番驚いたものが・・・

栄養ドリンク

これにも、カフェインが含まれているのです!!


ビックリですよね!?
私は、妊娠中は飲まなかったけれど、
気合を入れたくて飲む妊婦さんもいるはずです。。。

飲みたい時は、カフェインが入っていない栄養ドリンクを、
選んでのんでくださいね~!


元気な妊婦さん

まとめ

こうして書いてみると、
食べられる物が少ないように感じますが、
要点をまとめると、

  • 生の食べ物
  • カロリー、添加物の多そうな食べ物
  • カフェイン・アルコールの入った飲み物




が、妊婦が注意したい食べ物です。


私も、妊娠中は食べ物には、かなりの気を使いました!

そのおかげなのか、
子供2人とも 元気に生まれてきて育っています^^


お母さんが食べたものが、お腹の赤ちゃんの栄養になるので、
できるだけ気をつけてあげたいですものね。

この点に気をつけながら、栄養を考えて、
楽しく妊婦の食生活を送ってください!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ