子供の猫背を治す!超簡単にできて効果がある方法とは?

「この子の猫背どうにかしたい…。」なんて、
あなたも悩んでいませんか?

その悩み正解です!

実は、猫背は、子供のうちに治しておくのがベスト!!

というのも、子供の骨は柔らかいので、
悪い姿勢をとっているとそのクセがついてしまいやすいのですが、
柔らかいからこそ、治しやすいのも事実なんです。


スポンサーリンク



猫背を治して、姿勢をよくすることで、
頭痛や肩こりがなくなったり(←子供なのにすでにこの症状…(´・ω・`))、
集中力がアップして、成績が上がるなんて効果も期待できますよ。

まずは、子供の猫背の原因からお話していきましょう。

そして、その原因を解消することが猫背を治す近道となるんです。

今日から早速、始められることばかりですから、
ぜひやってみてくださいね。


スポンサーリンク


気付いたら子供が猫背に?!その原因とは!

実は、猫背は、「背中だけが丸く前かがみになること」
を、指しているのではありません。

ある瞬間だけ、背中を丸るめてのではなく、
骨そのものが、正常な状態ではなくなっています。

人の背骨は横から見ると、きれいなS字カーブを描いているのですが、
猫背の人の背骨は、S字カーブがすでに崩れている状態です(*´Д`)


子供の猫背


では、どうして猫背になるのでしょうか?
原因をあげてみます。

猫背の原因!

  • 運動不足による筋力低下
  • ゲームなどで長時間、背中を丸めて下を向いている
  • イスに座っている時に、イ後ろに引き机にあごを乗せている
  • お尻を前にずらして、背もたれによりかかっている
  • 親も姿勢が悪く、姿勢に関してあまり気にしていなかった



どうでしょうか、当てはまるものはありましたか?

原因が分かったところで、早速、改善して行きましょう。

まずは、運動です!

運動をして猫背を治す!!

運動をして、筋力をつける事で、
良い姿勢を保つ事が出来るようになります。

普段意識していなのですが、良い姿勢をキープするのには、
背筋、胸筋、腹筋…といろいろな筋肉を使っているんですよ^^


これだけ色々な筋肉を鍛えるのは大変…(;゚Д゚)!
と、難しく考える必要はありません。

お友達と、外でたくさん身体を動かして遊ぶことだって効果あり♪

また、家族みんなで取り組むのもいいですよね。

ラジオ体操だって、手の指先から足のつま先までしっかりと意識をして、
正しく体操すると、汗ばむくらいの運動量です。

知らない人はこちら↓




ストレッチを続けて、誰が一番、柔らかくなったか競っても面白いですよ。

入浴後など身体がほぐれている時に行うと効果的です。
とくに、背筋や腹筋を意識した運動がいいですね。


イスには常に正しく座るようにしましょう!

学校では、長時間、イスに座っていますよね。

ここで姿勢よくしていられるかどうかが、とても重要!

運動で、筋力を付けたら、
次に正しい椅子の座り方をマスターしましょう。

  1. イスと机を近づける
  2. 座った時に、机とこぶし1個分離れている程度。

  3. 足の裏を床にきちんとつける。足は組まない
  4. 背筋を伸ばす



たったのこれだけです(*^_^*)

慣れないうちは、これをキープするのが大変ですが、
意識すれば、すぐに慣れます!

しかも、良い姿勢で座ることを当たり前にしてしまえば、
メリットがたくさんあるんですよ。

  • 疲れにくくなる
  • 集中力がアップする
  • 目が悪くなりにくい


あとはちょっとした生活習慣の見直しです!

この際ですから、あなたも姿勢よく過ごすようにしましょう!

「ママが姿勢を悪くしていたら、教えてね。」
なんて、子供にお願いすることで、子供も良い姿勢を意識します。

また、あなたが、姿勢に関心を持って気を付けていれば、
「一緒にがんばろう!」と思えますよね。


そして、何より大切なことは、褒める事

子供が姿勢よくできた時に、
「姿勢がいいね。いつもよりかっこよく(かわいく)見えるよ」
なんていう声かけも、子供のやる気アップにつながります。


猫背を治す方法


姿勢を良くするためには、習慣化することが大切。
ほんのちょっとの心がけで、楽しく取り組めますよ~(*^_^*)


まとめ

姿勢って一生のテーマですよね。

子供にもいい姿勢でいることのメリットを話して、
今からしっかりとクセづけしたいものです。

何より、姿勢のいい人はきちんと見えます。

第1印象がいいというのは、これから先だって絶対に得!です。

この記事を参考に、今日からぜひ実践してみてくださいね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ