子供の癇癪!知らないでは済まない本当の原因とは!?

子育てにも慣れてくる頃、新たに出てくる悩みNO.1が、癇癪(かんしゃく)


私も3人の子育て中に、何度も体験しました(;´Д`)

外だと周りの視線も痛いし、本当にツラいですね。


スポンサーリンク



その恐ろしい癇癪ですが、そもそも何が原因なんでしょうか?

ここでは、2歳前後の子供を持つ親御さんの大きな悩みの、
癇癪の原因をご紹介しますね!

ぜひ、一緒に見てみてみましょう!


 

癇癪の原因!三大要因とは!?

癇癪を起こす主な要因は、大きく分けて3つ!

子供の癇癪3大要因

  • 疲労
  • 空腹
  • 欲求不満



それぞれ、どんな状況か、説明していきますね。

疲労

2歳前後の子供は、おとなしく座ってることはほとんどありません。

しかし、3時間、4時間と動き回っていたら、
きっちり、疲労は溜まります…。

そして、疲労がたまると、グズグズし癇癪を起こすのです(-_-;)


空腹

子供が小さいうちは、一度に多くの量を食べる事ができません。

なので、2時間くらいお腹が空きますが、
まだ、自分で、「おなかすいた」とは言えません。

空腹になると低血糖を起こし、調子が悪くなり、
グズグズなり、癇癪が起こります。


欲求不満

子供だとはいえ、欲求があり満たされないと、
癇癪の原因になります。


買い物中、欲しい物が手に入らないと、
泣き喚く子供をどこかで、見た事がありますよね?

あれも、立派な癇癪。


子供の癇癪


また、家事で忙しい場合も、子供はかまって欲しくて、
いたずらしたり、泣いて癇癪を始めることも(;´∀`)


実はこんな原因もある!?

癇癪の3大要因以外にも、こんな原因も考えられるます。

好き嫌い

「これ、食べない。」「あれも食べない」ばかりで、
いつも好きなものばかりを食べていると、わがままになって、
嫌いな食べ物を出した時に、癇癪を起こす原因ともなります。


ある程度食べられないものがあるのは、仕方ありません。

しかし、あまりの偏食ですと、ビタミン、カルシウムなどの栄養も足りなくなり、
癇癪を起しやすい子供になる可能性も(;゚Д゚)!


 

親が「早くしなさい」「急いで」と急かせる

子供にも、自分なりのペースがあります。

親がいつもセカセカしていると、子供もそのように育ち、
失敗したときなどに、イライラして、癇癪を起こしやすくなります

よほどの急ぎで無い限り、ゆっくりと見守るということも必要です。


テレビ・ビデオの影響

「2歳までのテレビ・ビデオ視聴は控えましょう。」
と、日本小児科医が提言しています。


テレビの見せすぎは、注意散漫になり、発達障害に近い症状でることも…Σ(゚д゚lll)

また、親がテレビを消せば、「まだ見る!!」と言って、
怒ってリモコンを投げたり、物に当たり、癇癪を起こし始めます。


ダラダラ見せたり、子守をテレビに頼りすぎず、一緒にお散歩に出かけたり、
親子のふれあいによって、情緒が安定した子供になりまよ^^


スポンサーリンク


もしかしたら、発育障害?

癇癪がひどいと、何かの病気なの?
と、心配にもなりますよね。

癇癪は、2~4歳の幼児の子供に見られる行動で、
5歳くらいになると、自然に回数が減っていきます

癇癪は誰もが通る、順調に成長している証拠ですので、
あまり心配はありませんが、中には発達障害の場合も…

  • 言葉が遅い
  • 物を指差したりしない
  • 他の子供と遊びたがらない
  • 呼吸が止まる
  • 頭を壁などにひどく打ちつける
  • 聴覚過敏(掃除機などの音で敏感に反応する)
  • 偏食



上記のような症状や、気になる点があれば、
小児科に相談してみましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

癇癪を起こしたとき、それを放置したり、怒鳴りつけたりすると、
子供の心に影響が出る事があります。


癇癪をおこされると、思わずイライラしますが、
できるだけ、子供の声に耳を傾けてあげましょう

言葉では通じなくても、何かを訴えているはずです。

そして、抱きしめたり手を繋いで、
何がしたいのかを聞いてあげましょうね。


癇癪は、子育てのほんの少しの間です。

今はとても辛いと思いますが、うまく癇癪に対応して、
子供もあなたも、笑顔でいられる時間を増やしてくださいね^^


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ