妊娠中に飲んでも大丈夫なハーブティーは?その驚きの効能とは!

「このハーブティー飲んでも大丈夫かな?」


あなたのお腹に新たな命が宿る。こんな素晴らしいことはありません!

と同時に、いままでの生活習慣でお腹の赤ちゃんに悪い影響がないか
不安になる事も多いですね。

実際、ハーブの中には子宮収縮作用により、
早産を引き起こす可能性があるものも(;゚Д゚)!


私は、妊娠前は、ハーブティーが大好きで良く飲んでいたのですが、
妊娠中には、良くないと聞いた事があり気になりました・・・。

この記事を読んでくれているという事は、あなたも同じように心配していませんか?

そこで今回は、妊娠中でも安心して飲めるハーブティーはあるのか?
また、あれば、どんな効能があるのかについて、
ご紹介します!

良いハーブティーをご紹介する前に、まずは、飲んではいけないモノから、
一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


妊娠中飲んではいけないハーブティーとは?

ハーブ先進国であるアメリカ、ヨーロッパ圏では、
妊娠中には、控えるように言われているハーブティーがあります。

まとめてご紹介するので、無事に出産が終わるまでは、
飲まないようにしましょう!

飲んではいけないハーブティー!

  • ベニバナ
  • ホルモンバランスを調整したり、コレステロールを下げる効果がある一方、
    子宮興奮作用があるため摂取を控えましょう。

  • リコリス
  • 内分泌系に対する強壮ハーブで、のどの痛みや咳止めなど、炎症に効果がありますが、
    高血圧、子宮出血の恐れがあります。

  • ハトムギ
  • 様々なお茶にブレンドされるハトムギですが、
    子宮収縮作用があるので注意が必要です。

  • パッションフラワー
  • てんかん、不眠症などの治療に使われたりします。
    しかし、子宮収縮作用の可能性があります。



他には アンジェリカ・ウコン・クローブ・サフラン・シナモン・セージ・センナ・ 
セントジョーズワート・ナツメグ・パッションフラワー・マザーズワート・ミルラ・
ヤロー・ラズベリーリーフ・レモングラス・ローズマリー・ワイルドチェリー

などなど


カフェイン同様、少量の摂取ならばあまり影響はないので、
過剰に心配する必要はありませんが、我慢できるなら摂らない方がいいですね。

ただ、「私はハーブティーが大好きで飲まないと気が済まない!!」
と言うあなたには、次の妊娠中でも大丈夫なハーブティーをご紹介します^^


スポンサーリンク


妊娠中におすすめのハーブティーはコレ!その効能とは?

 
  
お腹の赤ちゃんの成長が日々感じられ、嬉しい反面、
体質が変わり、今までに経験したことのないツラい症状もあります。

特に、むくみ・頭痛・便秘・不眠に悩まされる妊婦さんは多いですね。
(私も、むくみと頭痛で苦労しました(;´Д`))

実はハーブティーには、妊婦さんが飲んでも大丈夫なうえに、
便秘やむくみの改善に効果があるものもあります!


妊娠中のハーブティー


ただし、妊娠初期は体調も不安定ですし、どんな影響が出るかわからないので、
安定期に入るまでは、基本的には、飲まない方が無難です。


しかし、安定期に入って体調が落ち着けば、便秘やむくみの薬を飲むよりは、
副作用のことを考えると、ハーブティーをまず試すほうが安全で安心ですね^^

妊娠中に飲んでも大丈夫なハーブティー

  • ルイボスティー
  • カルシュウム、ナトリウム、マグネシウムを含み、
    妊娠中不足しがちな栄養素を補ってくれます。

  • ローズヒップティー
  • ビタミンCの宝庫!風邪予防、むくみ解消、利尿促進などの効果があります。
    ちなみに、ビタミンCはレモンの60倍!

  • ネトル
  • ビタミンやミネラルはもちろん、鉄分、カルシュウム、カリウム、
    マグネシウム、亜鉛など豊富な栄養素が含まれています。

    身体全体の組織を強くし、代謝を活発にしてくれます。

  • エルダーベリー
  • 風邪予防、便秘やむくみの解消。

  • ダンティライオンルート
  • 別名 たんぽぽコーヒーと呼ばれむくみ、便秘解消に効果があります。 

  • ハイビスカスティー
  • クエン酸を含み、食欲不振、風邪、疲労回復にも効果があります。
    あのクレオパトラも好んで飲んでいたそうです!

  • ラズベリーリーフ
  • 子宮収縮作用があるので、臨月以外には飲まないよう注意しましょう。

    逆に、臨月に入ると、別名「安産のお茶」と言われるくらいおすすめです。



ただし、例外としてルイボスティーとローズヒップティーは、
ビタミンやミネラル補給として、妊娠初期からでも大丈夫です。

ルイボスティーに関しては、栄養面や美容面を考えると積極的に摂りたいですね。

ちなみに、私のおすすめは、こちらのルイボスティー
→ 高品質ルイボスティー専門



味や香りももちろん大事ですが、お腹の赤ちゃんのことを考えると、
何よりも安全なものを選びたいと思います。

ここのルイボスティーなら、最高品質なので安心です^^

また、成分を効率よく吸収できる方法も紹介されていますので、
良かったら、一度覗いてみてください!


まとめ

お腹にいる赤ちゃんのことを考えるひととき、
大好きな音楽を聴いたり、景色を眺めながらハーブティーをいただく。

心も身体もすっかりリフレッシュできそうですね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ