初めての離乳食!スプーンを使った上手な食べさせ方!

妹から離乳食に関する質問が来ました^^

どうやら、親子共々スプーンをうまく使えていない様子…。


離乳食をはじめたけど、上手く食べさせれなくて
四苦八苦しているママさんは、意外に多いのではないでしょうか?

そこで今回は、スプーンで離乳食を上手に食べさせるコツを伝授しちゃいます。

ぜひ参考にしてくださいね!


スポンサーリンク


どんなスプーンを使えばいいの?

5ヶ月から6ヶ月の赤ちゃんは、一般的に「ゴックン期」と呼ばれます。

おっぱいや哺乳瓶の乳首を「吸う」だけだった赤ちゃんが、
自分の舌を前後に動かして、物を飲み込めるように(*^_^*)

ただ、体はそうなってきているとしても、
赤ちゃん自身が「物を飲み込む」ことを理解しなければ、先には進めません。

スプーンで食べる離乳食は、食べ物の舌触りや食感に慣れると同時に、
赤ちゃんが自分で物を飲み込むことを覚える第一歩なんです!


ここで、ママが気をつけたいのは、使用するスプーンの形状

スプーンの形状ひとつで、赤ちゃんの食べる度合いも
変わってきちゃいます(;゚Д゚)!

離乳食のスプーンの形状!

  1. スプーンのボウル部分
  2. 物を乗せるところですね。

    ポイントは、ここが浅いものを選ぶ事!
    ほとんど平らに近いようなくらいの浅さでOk。

  3. ボウル部分の幅
  4. 出来るだけ、幅は狭めのものを選びましょう。
    大体、幅2センチくらいのものがベストです。



この2つのポイントで、赤ちゃんの口の大きさに合ったスプーンで食事が出来るので、
自然と食が進むようになりますよ!

また、大きさと同時に、素材にも気をかけてくださいね。

赤ちゃんの口元に当てた時、金属製のものだとヒヤッとして、
赤ちゃんが驚いてしまうことがあります。

それもあってか、離乳食用のスプーンは、
プラスチック製のものが多いですね!


ただ、プラスチック製のものを選ぶ際は、
塗装が剥がれてこないようなものかをチェック!

同様に、木製のスプーンを選ぶ際も注意が必要。

艶出し加工やコーティングを施していないものを選んでくださいね。


スポンサーリンク


いざ実践!上手な食べさせ方

さあ、スプーンが用意出来たら、いざ実践です。

赤ちゃんが一人でお座りできる場合は、ベビーチェアなどに座らせて、
あなたと向かい合う状態で、食べさせてあげましょう。

お座りがまだ微妙な赤ちゃんの場合は、あなたの膝の上に座らせて、
赤ちゃんを支えながら、食べさせてあげてください。


スプーンに乗せる食事の量は、小さじ1杯

もちろん、きっちり量る必要はありませんよ。
前の項でお話ししたスプーンを使えば、大体そのくらいの量になります。


離乳食のスプーン


ただ、せっかく平たいスプーンを使っているので、
ボウル部分に乗せる時も山盛りにはしないよう。

実際赤ちゃんの口元に持っていくとわかりますが、
山盛りにすると半分はこぼれてしまいます(;´Д`)

最初から大きくあーんと口を開けてくれる赤ちゃんもいますが、
大抵の場合は、指の関節一個分くらいしか口を開けてくれません。


ボウル部分に摺り切りで入っている状態ならば、
赤ちゃんもスプーンごと、口に入れるので楽です!

離乳食のスプーンでの食べさせ方!

  1. スプーンに離乳食を一口分入れたら、赤ちゃんに向かって笑顔で「あーん」と声をかける!
  2. この笑顔と声掛けをするだけで、赤ちゃんは安心して口を開けてくれるから不思議です。

  3. 上手にあーんをしてくれたら、その下唇にスプーンのボウル部分を乗せる
  4. 赤ちゃんは教えたわけでもないのに、ちゃんとスプーンをくわえてくれます!
    まさに自然の摂理。軽い感動さえ覚えます(゚ーÅ) ホロリ

  5. パクッと口を閉じてくれたら、優しく口からスプーンを抜きましょう
  6. この時、スプーンは水平に引き抜いてあげてくださいね。
    どうですか?ほら、上手にゴックン出来ました!




ここで気をつけたいのは、赤ちゃんが口を閉じる前に、
無理にスプーンを引き上げてしまわないことです。

せっかく口の中に入った食べ物が、
赤ちゃんの喉元に届く前に零れ落ちてしまいます。


赤ちゃんの両唇が閉じているのを確認して、
ゆっくりスーッと引き抜いてくださいね^^

スプーンの中身は、きちんと口の中に入っているはずです。


また、スプーンを赤ちゃんの口の奥に入れないことも重要!

こうしたことをすると、赤ちゃんの意思に反して、
離乳食が流れ込んでいく可能性があります。

その結果、むせ返ったり、のどに詰まらせてしまう危険も(;´Д`)


いずれにせよ、食べこぼしは赤ちゃんには当たり前!

食事用スタイをつけてあげましょう。それだけで、
あなたの気持ちも「こぼれても大丈夫」とゆとりを持てるようになりますよ(*^_^*)
カミカミ期の離乳食

楽しく離乳食を進めるために

「そうか、スプーンの形状と、口を開けてからのタイミングが間違ってたのか・・・」

この話を聞いた妹は、うまく出来てなかったポイントに気づいてくれたようです^^


スプーンの選び方や食べさせ方の基本をあなたが知っていれば、
赤ちゃんも楽しく離乳食を進めていくことが出来ます。

そして、赤ちゃんがちゃんと食べられた時には、
「出来たね!」「おいしいね!」と褒めて、
赤ちゃんに達成感や満足感を感じさせてあげましょうね!

スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ