赤ちゃんが離乳食を食べない!?簡単で効果がある5つの方法!

子育ての中でも、大きな山のひとつが「離乳食」

「心も体もすくすくと元気に成長してほしい!」
という思いを込めて、あなたも毎日台所に立っていると思います(*^_^*)


しかし、離乳食も中期に入る頃になると、
「せっかく作ったのに、急に食べてくれなくなったΣ(゚д゚lll)ガーン」
という事が残念ながら、頻繁に起こります…。

あなたも、同じ悩みをお持ちではないでしょうか?


そこで今回は、赤ちゃんが離乳食を食べないときの5つの対処法をご紹介します!

イライラしたり途方に暮れる前に、この記事の方法がお役に立つと思いますので、
是非、実践してみてくださいね^^

それでは、さっそく見ていきましょう!


スポンサーリンク


1.固さや味付けは赤ちゃんに合っている?

まずは、一番はじめに試してほしい方法が、「離乳食の固さを見直してみること」

離乳食中期に入ると、初期のドロドロ状の食べ物から、
舌でつぶせるものへと変えていきますが、慣れるのに時間がかかる赤ちゃんもいます。


ここは、焦らずに離乳食の段階を進めるスピードをゆるめましょう!

初期の固さまで戻す必要はありませんが、
今の固さよりも少し柔らかくしてあげると、機嫌良く食べることも(*^_^*)


そして、固さと同じくらい、味付けも重要です!

赤ちゃんでも、いつも同じ味だと飽きることがあります(^_^;)

離乳食も中期まで進むと、使える調味料が増えるので、
濃い味になり過ぎないよう注意しながら、
香りづけや風味づけで、色々な味を試してみましょう

あなたの赤ちゃん好みの固さと味の離乳食が出来れば、
驚くくらいの食欲になるかもしれません^^


スポンサーリンク


2.新しい食材をプラスする!特に旬のお野菜を!

新しい食材にどんどんチャレンジしてみましょう^^

味を変える効果もありますし、今まで使ってなかった素材を使う事で、
メニューの幅も広がります!

特にお野菜や果物は、季節ごとに旬のものがお店に並びます。

旬の食べ物は体に良いと言われますし、
何よりも美味しいです(*^。^*)

柔らかくて甘味のある春キャベツ、夏のみずみずしいトマト、
秋のほくほくしたさつまいも、冬には甘くなる大根や白菜など、
大人も楽しみな旬のお野菜をぜひ。


離乳食に野菜

3.ベビーフードを活用しよう!

「すでにやっているけど、効果が…」
というあなたには、ベビーフードがおすすめ!

あなたが愛情を込めて、一生懸命作った離乳食でも、
赤ちゃんの食が、なかなか進まないこともあります(;´Д`)

そんな時は、赤ちゃんの月齢に合ったベビーフードを試してみるのも、
ひとつの方法です!


実は、うちの子も、もうすぐ離乳食後期というところで、
一回の食事量が急に減ってしまいました(;゚Д゚)!

それまで、ベビーフードは全く使っていなかったのですが、
ママ友のすすめで試してみると、けっこうな勢いでペロリと食べてくれました


味見するとわかるのですが、自分が作った同じメニューでも、
作り手が違うと、味がずいぶん違います。

時々はベビーフードを献立の中に入れるのも、
赤ちゃんにとっては目先が変わってよいですね^^


4.スプーンやフォークを持たせてみる!

いままでは、食べ物に注目して来ましたが、
今度は、食べ方も考えてみましょう!


現在はあなたが、赤ちゃんに食べさせていると思います。

そこで思い切って、赤ちゃんにスプーンまたはフォークを持たせてみましょう


いきなりは上手く使えずに、お皿の中でぐちゃぐちゃにしたり、
上手に口に持っていくことは、難しいかもしれません。

でも、赤ちゃんが自分で食べてみようという気持ちになれば、
これから少しずつ食べることに興味をもってくれる可能性大です。

こぼしても大丈夫なように、レジャーシートを床に敷いたり、
赤ちゃんが食べるように少しだけ取り分けてあげると、良いですね^^


離乳食を食べない

5.家族や兄弟と一緒に食卓を!

最後におすすめの方法は、家族で一緒に食事をする

1日1回でも、または週末に1回だけでも、あなたと赤ちゃんの2人だけではなく、
パパや兄弟も一緒に食べる時間を作ってあげてください(´∀`)

特にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる子は、
真似をして自分も食べてみようとします。

栄養を取ることはもちろん大事ですが、食べる時間は楽しい!
と思わせてあげてくださいね!


さいごに!

元気に大きくなってほしい・・・これはあなたがいつも願っていることです。

離乳食の時期は、大事な時期だと思うからこそ、
一生懸命に日々取り組んでいることでしょう。

ですが、あまり「どれだけ食べたか」にこだわらず、
「食べる練習の時期」「新しい食べ物にチャレンジする時期」ととらえましょう。


私も離乳食づくりに四苦八苦している頃(9ヶ月頃でした(;´Д`)、
公園でたまたま話をした、5ヶ月くらい先に生まれた男の子のお母さんに、
「離乳食は、一歳過ぎるとぐっと楽になるよ。」と言われました。


そのときは、「本当?」とすぐにはピンときませんでしたが、
数か月後、本当にすっと楽になる時期がきましたよ(*^_^*)

赤ちゃんの体も心も少しずつ成長していくので、
食事タイムも楽しくなってくる日が来ます。

それまで、リラックスしてこの離乳食期を乗り切りましょう!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ