子供の成長に必要なカルシウム!お手軽で効果的な摂り方とは?

「最近の子供はカルシウム不足…」なんて声をよく聴きます。

子供成長に必要な栄養素なのに、不足しがちとは、
わが子の健やかな成長を望む母親としては心配(;´Д`)

できれば積極的に、カルシウムを摂らせたいと思いますよね。

しかし、残念ながら、普段からよほど意識をしないと、
1日に必要な量のカルシウムを摂る事はできません(ーー;)

そこで今回は、子供の成長に必要なカルシウムの効果的な摂取方法をご紹介します!

忙しいあなたでも、簡単に実践できるので是非参考にしてくださいね!


スポンサーリンク


そもそもカルシウムにはどんな効果があるの?

カルシウムが成長に必要ということは知っていますが、
具体的な効果は?と聞かれれると意外に知らないもの(・・?

詳しくまとめたので見ていきましょう!

カルシウムの効果!

  1. 骨を大きくさせ、成長を促します!
  2. 成長期にある子供は、骨の成長が活発です。

    骨が成長するということは、骨の中のコラーゲンにカルシウムが吸着することで、
    成長するのに、カルシウムは必要不可欠!

  3. 骨を強くします!
  4. 骨の主成分は、ずばり!カルシウム!

    カルシウムを多く摂れば、強く丈夫な骨ができます。

  5. 骨粗鬆症予防になります!
  6. 骨粗鬆症とは、骨の内部がスカスカになって、骨がもろくなる病気。

    子供の時から、しっかりカルシウムを摂って丈夫な骨を作っておくことで、
    中年期以降にも骨粗鬆症の予防をすることができます。

    つまりは、骨の貯金ができるのです。

  7. 神経を安定させます!
  8. カルシウムが不足すると、イライラして怒りっぽくなります。

    カルシウムは神経を安定させる作用もあります。



なんと!体の成長だけでなく、心の安定にも作用するんですね(゚д゚)!

さらには、将来の骨粗鬆症予防にもつながるなんて、
これはぜひとも、積極的に摂りたいところ!

それでは、カルシウムが多く含まれる食材を、
ご紹介しますので、見ていきましょう。


スポンサーリンク


カルシウムが多く含まれている食材とは?

カルシウムを多く含む代表的な食材は…

  • 牛乳コップ1杯(200g):220mg
  • ヨーグルト1パック(100g):120mg
  • プロセスチーズ1切れ(20g):126mg
  • 小松菜1/4束(70g):119mg
  • ひじき 煮物1食分(10g):140mg
  • ししゃも3尾(45g):149mg
  • 木綿豆腐1/2丁:180mg
  • 納豆1パック(50g):45mg

乳製品が王道なのですが、野菜や大豆にも多く含まれています。

そこで気になってくるのが、
成長期の子供が1日に必要なカルシウムの量ですが、
なんと700~1000mg!!


牛乳に加算すると、コップ3杯強Σ(゚д゚lll)ガーン

牛乳好きでガブガブ飲んでくれる子供ならいいですが、
わが子のように、給食以外では飲まない子供も多いです。

それでも、なんとかカルシウムがを摂らせようと、
トーストにチーズを乗せたり、ヨーグルトを食べたり、しらす丼にしたり、
色々気を使って作ってはみますが…

毎日は出来ないですし、必要量には全然足りません(;´∀`)


ちなみに、カルシウムはビタミンDと一緒に摂ると、
身体に吸収されやすくなります。

ビタミンDが多く含まれる食材とは、
レバー、卵黄、シイタケ、キクラゲ、イワシやサンマなどの背の青い魚

いかにも身体に良さそうな食品群ですが、
これにカルシウムたっぷりの食材を合わせて…

と毎日、考えていたら、頭がパンクしそう(*_*)

家事に育児に仕事にと、忙しいのに、
そこまで考えられないというのが本音…。


カルシウム不足に悩む


そこでおすすめなのが、手軽にカルシウムが摂れるおやつ


小魚とアーモンドが入っている小魚アーモンドやカルシウム入りベビーチーズ。

ただのおやつと侮るなかれ、実は小魚アーモンドには、
100g中に500~800㎎のカルシウムが含まれていますΣ(゚д゚lll)

しかし、1日の必要量をクリアするには、
やっぱりそれなりの量を食べないとクリアできませんね…

そこで、便利なのが保健機能食品です!



安心便利!カルシウムに特化した保健機能食品とは?

保険機能食品ってご存知ですか?

医薬品、健康食品を含む一般食品とは別に分類された食品のことなんです。

いろんな食材が流通している中、
安心して食品選びをしたいですよね。

消費者庁は、国の規格基準に沿って、
情報提供することを目的とした制度をもっています。

それが、保健機能食品制度です。

商品の裏面などに、細かく100gあたりの栄養成分表が記載されていたり、
1日の必要量が明記されているものがそれにあたります。


例えば、カルシウムウエハース!

カルシウム強化食品の代表格ですが、私も妊娠中、お世話になりました(*^_^*)
ビタミンD配合のものもあり、1枚に約200mg含まれています。

スーパーのお菓子コーナーや、保健機能食品のコーナー、
調剤薬局でも見かけることがあります。

そして、いろいろ試した私の一番のおすすめはこちら





モンドセレクション最高金賞受賞!

値段的にはちょっとお高めですが、1日たった6粒で、
カルシウムの必要量が、バッチリ摂れる優れものです!

子供受けしそうな、ヨーグルト味、イチゴ味、グレープ味と、
色々な種類があるのも、うれしいところ(*^。^*)

これらの保健機能食品の一番の良さは、
1日に食べる目安が表示されていることですよね。

手軽に食べられて、しかも美味しいので言うことなしです!


まとめ

カルシウムについて、あれこれまとめてみました!

おかずやおやつとして取り入れたり、時にはサプリで補ったり…

色々と工夫をしながら、子供の成長のサポートをしてあげてくださいね^^


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ