冷たいミルクはNG?直前につくるのは赤ちゃんの為になる!

お腹が空いて泣き叫んでいる我が子に、少しでも早くミルクをあげたい!
そう思うミルク育児ママさんは多いはず。

かく言う私も、完全ミルクで子供を育ててきた母親の一人!

母乳と違い、すぐに与えてあげられないもどかしさに、
焦りや不安を抱いたこと数知れず(-_-;)

粉ミルクの場合、お湯で作ってから冷まさないといけないので、
泣いたらすぐにミルク!とはいかず、赤ちゃんを待たせてしまいます


そんな泣き顔を見ながら、

「どうして粉ミルクは、お湯で溶かさければならないんだろう?」

「最初から水で作れる粉ミルクがあったらいいのに…」

「冷まさないといけないなら、最初から冷たくてもいいんじゃないの?」

などと考えて、本気で水で作れるミルクがないか探したことも…(*´Д`)

その時に色々調べた結果、どうも冷たいミルクはよくない事を発見!


そこで今回は、ミルクの温度について、私の実践談も交えてご紹介しますね^^

ミルク育児を頑張っているあなたに参考になるように、出来るだけ詳しく、
そして、分かりやすく説明するので一緒に見てみましょう!


スポンサーリンク


冷たいミルクにはリスクがあるの?

「冷たいミルクがどうして良くないのか?」

この理由を知ることで、冷たいミルクが売られていないことについて、
心から納得することができますよ^^


ミルク育児をしているあなたなら経験があると思いますが、
赤ちゃんは、キンキンに冷えたミルクでなければ、
ある程度冷たいミルクでも、普通に機嫌よく飲んでくれます。
(実際に私の子供も何度も飲んでました^^;)

ただ、問題は飲んだ後のこと


赤ちゃんの体内に入った冷たいミルクは、赤ちゃんの腸を冷やしてしまい、
白血球の働きを、弱めてしまうことがあります((( ;゚Д゚)))

その結果、赤ちゃんの免疫力がさがり、
色々な病気にかかるリスクが高くなります

それでなくても、免疫力が強いとは言えない赤ちゃん…

母親としては、できるだけ病気になるリスクは避けたいもの。
赤ちゃんが元気に過ごせるように、冷たいミルクは極力止めたいですね。


そうなってくると、気になるのが、赤ちゃんにとって、
ミルクの適温は、一体どのくらいなのでしょう?

それについては、次の章でお話ししますね!


スポンサーリンク


ミルクの適温はどのくらい?

母乳で育てている赤ちゃんの場合、当然ながら母乳の温度は人肌。

ミルクの場合も同じで、人肌程度が適温です!
具体的な数字で言うと、おおよそ40度。

とはいえ、毎回きっちり温度計で40度を測るのは、正直面倒(;´Д`)

まして、お腹が空いて泣き喚いている赤ちゃんが横にいたら、
出来るだけ、ささっとミルクを作って飲ませてあげたいですよね。


冷たいミルクはダメ


そこで、便利なのが自分の腕や手で簡易的に測る方法


腕ならば内側に、手ならば甲の上にミルクを少し落としてください。

その時に、やや熱いかな?と感じる程度が、
人肌でちょうどいい温度になります!
※火傷にはくれぐれもご注意くださいm(__)m


ところで、ミルクの適温が40℃ならば、40℃のお湯でミルクを作ればいいのでは?
と思いませんか。けれど、それはNGなんです!

やってみるとわかるのですが、40℃くらいのお湯では、
ミルクが完全に溶けません(-_-;)

ちなみに、粉ミルクのパッケージを見ると、
70~90℃以上のお湯でミルクをつくるようにと書かれています。

一度沸騰させて水を殺菌する必要があり、また、沸騰したての熱湯だと、
粉ミルクに含まれる栄養素を壊してしまう恐れが…

これらのことから、粉ミルクをきちんと溶かせて、
且つ栄養素を壊さない70℃以上が基準になっています。

だからと言って、作って自然に冷めるまでおいておくと適温に近づきますが、
雑菌が繁殖することもありますので、赤ちゃんに作り立てを飲ませてくださいね

ただ、毎回適温のお湯を沸かすのが大変というあなたにおすすめが、
こちら→赤ちゃんの為の超軟水!

安心安全なお水が、いつもでもミルクを作れる適温で使えます。

私もこれを使うようになってから、赤ちゃんを待たせるストレスから、
かなり解放されましたし、赤ちゃんも喜んでくれています(*^_^*)


まとめ

赤ちゃんが元気にすくすく育っているのは、
あなたがおいしいミルクを作っているからです!

赤ちゃんだって、ちゃんとわかってくれていますよ^^

ひと手間を惜しまず、今日も赤ちゃんにおいしいミルクを作ってあげましょう!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ