カミカミ期のおすすめの食材!赤ちゃんの笑顔と成長の為に!

カミカミ期に入ると食べれる食材が増えるので、
毎日、何を食べさせようかと悩みますね。

あれも食べさせてあげたい!これを食べたら喜んでくれるのか?
などなど、赤ちゃんの笑顔を想像しながらの料理は楽しいです(*´▽`*)


そこで今回は、カミカミ期におすすめの食材と献立をご紹介します!

赤ちゃんの成長を喜びながら、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


カミカミ期のおすすめ食材ってどんなもの?

献立作りの基本は主食、野菜、たんぱく質

詳しくはこちらを参考にしてください!
離乳食後期!カミカミ期を失敗しないポイントとは?

それでは、順番に見ていきましょう!

カミカミ期の主食!

まずは、主食

カミカミ期になると、主食のおかゆは、5倍がゆになります。

少しつぶつぶがわかるくらいで、歯茎で簡単につぶれる程度の軟らかさ!


せっかくなので、とっても簡単な5倍がゆの作り方をご紹介しますね。

ごはんから作る5倍がゆ

  1. 鍋にごはん30g(子供のお茶碗に半分くらい)と水60mlを入れて強火にかける
  2. 沸騰したら弱火にして、15分ほど煮る
  3. 火を止めて、鍋にフタをして10分蒸らしたらできあがり!



この5倍がゆを基本として、野菜や肉、魚と一緒に煮込むと、
栄養バランスの良いおかゆが簡単ヽ(*´∀`)ノ

お粥以外の主食としては、

  • うどん
  • そうめん
  • 食パン
  • じゃがいも・さつまいも

じゃがいも、さつまいもは野菜ですが、栄養面で考えると、
炭水化物の割合が高いので、主食のグループに入れてます!
 
ビタミン、ミネラルも多く含んでいるし、
甘みがあって食べやすいので、赤ちゃんには人気の食材です^^

それでは、次に、野菜を見ていきましょう。


スポンサーリンク


カミカミ期の野菜!

カミカミ期になると、ほとんどの野菜が食べるようになります。

ざーーっとあげると、

おすすめの野菜

にんじん、たまねぎ、大根、かぶ、ほうれん草、小松菜、白菜、キャベツ、
かぼちゃ、ブロッコリー、カリフラワー、とまと、トウモロコシ、
里いも、レタス、アスパラガス、きゅうり、なす、えんどう豆、
青のり、長ネギ、春菊、もやし、ピーマン、きのこ、ひじき、などなど


ついでに、果物もご紹介します^^

おすすめの果物

りんご、桃、いちご、みかん、メロン、
スイカ、なし、バナナ



しょうが、にんにくなどの香辛料以外の野菜なら、ほとんどのものが大丈夫!

食べやすく調理して積極的に献立に取り入れましょう^^

最後にたんぱく質を、次に見てみましょう!


カミカミ期の食材

カミカミ期のタンパク質!

赤ちゃんの成長に大切なタンパク質

代表的なたんぱく質を一気にご紹介します。

おすすめのたんぱく質

青背魚、赤身魚、白身魚、牛肉、高野豆腐、生鮭、しらす、
卵、湯通しした豆腐、鶏肉、ひきわり納豆、豚肉、チーズ、
プレーンヨーグルト、レーズン、わかめ



貝類は、噛み切れずのどに詰まらせる危険があり、この時期には不向き!

カキだけは柔らかくて消化吸収がいいのですが、
貝類はアレルギーの心配があるので、食べさせるときは、
アレルギーの検査をしてからにしましょう。


また、同じ味が続いて飽きないように、調味料を使っても大丈夫です^^

ただし、少塩分や脂肪分の多いもの、香辛料の入っているものは気を付けましょう。

また、よく使う和風だしも大人用だと塩分や添加物が入っているので、
できたら、天然素材のものや、赤ちゃん用のものがおすすめ!

ちなみに、私が離乳食の時に重宝した調味料がこちら!
★あごだしファン必見!九州産あご使用【送料無料】五縁のあご入だしタップリ240g(8g×30袋) (あご 煮干しうるめ鰯 香信椎茸 本枯鰹節・粗節 枯鯖節 利尻昆布) だしパック《5〜7営業日以内に出荷(土日祝日除く)》


厳選された国産の素材で作られているので、赤ちゃんにも安心してあげれました。

そして、何よりも美味しいので、
赤ちゃんが喜んで食べてくれましたよ^^

もちろん、大人も食べれるので、一家に一つですね!


まとめ

いかがでしたか?

これだけ食べれる食材が増えた事は、本当に嬉しいですね^^
無事に成長してくれている証拠です!


子供の成長の為に、バランスの良い食事を、
楽しみにながら、作ってあげてくださいね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ