子供の目やにの原因は何?気になる病気をご紹介!

朝起きた時に、子供の目が目やにでいっぱい…

それが1日だけだったら、「昨日はほこりっぽかったからかな?」
って思うけど、しばらく続くようだと、さすがに心配になりますよね。

そこで今回は、子供の目やにの原因を色々と調べてみました

あなたの子供もその目やにの原因は一体何んでしょうか?


スポンサーリンク


目やには代謝活動の産物!

健康な状態のときでも、目やには出ます。

目の膜は、常に粘液を分泌しているので、
そこに、ほこりなどがくっつくことで目やにになるんです!

例えば、運動会や砂が多く待っているところに行った次の日に、
目やにと一緒に砂が出てくることがあります。

これは異物を目やにとして出すことで、目を守っているんです


しかし、基本的には代謝活動なので心配ないのですが、
あまりにもたくさん出るとか、なんだか膿っぽくてネバつく…
など、目の病気の可能性も(;゚Д゚)!

では、次に見て行きましょう。


スポンサーリンク


目やにの原因1:結膜炎

「目やにが出る・赤く充血している・かゆみがある…」
なんていう症状の時は、「結膜炎」の可能性があります。

結膜炎とは・・・

まぶたの裏側から、白目の表面の部分を覆っている結膜が、
何らかの原因で、炎症を起こしてしまっている状態です。

その何らかの原因が何かによって、3つに大きく分けられます。

  1. 細菌性結膜炎
  2. ウイルス性結膜炎
  3. アレルギー性結膜炎

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう!


細菌性結膜炎(感染力:弱い)

私達が一般的に、「結膜炎」と呼んでいるのがこれです!

結膜が、黄色ブドウ球菌などの細菌や微生物に感染して発症します。

汚れた手で目をいじったことが原因で、感染する場合も多いですね。

  • 目やにの特徴:黄色っぽくてドロドロしたタイプ
  • 治療:抗生物質の点眼薬で数日で治ります。
    また、市販の目薬で、治ることもあります。

たいていは軽症です。

うちの子供は、すぐに目がかゆいとか、目がゴロゴロして痛いとか言い出すので、
近所のドラッグストアで買った子供用の目薬を、常備しています。

今のところ、これで何とかなっています(笑)

ただ、ホームケアだけでは無理そう!と判断した場合は、
すぐに眼科を受診することにしています。


眼科のお医者さん

ウイルス性結膜炎(感染力:強い)

結膜炎の中で、一番感染力が強いのがこれです。

ウイルスに感染することで発症します!

  • 目やにの特徴:白くてネバネバ
  • そして、ウイルス性結膜炎はさらに細かく分類できます。

    • 流行性角結膜炎
    • はやり目ともいいます。アデノウィルスによる感染で起こります。
      症状としては、目やにと目の充血です。

    • 咽頭結膜熱
    • プールを通して感染して流行するので、プール熱と呼ばれます。
      でも実際は、プールに入らなくても、夏じゃなくても移ります(´Д`;)

      目やに、目の充血といった目の症状の他に、
      高熱が出たり、のどの痛みが強く出ることが特徴です。

    • 急性出血性結膜炎
    • 感染力がとても強いのと、潜伏期間が短いことが特徴で、
      感染したら1日で症状が出ます。

      症状は、流行性角結膜炎と似て、目やにと充血です。


    治療は、ウイルスに効く薬はないため、対症療法となり、
    目の症状には、ステロイドの点眼薬が処方されます。

    あと、ウイルス性結膜炎は、
    家族でタオルを使いまわすと感染ってしまうこともヽ(´Д`;)ノ

    結膜炎にかかった子供の使ったタオルやハンカチは、
    普通に洗濯してもウイルスが死滅しないので、
    しっかりと消毒をしてください。


    子供の目やに

    アレルギー性結膜炎(感染しない)

    最近、増えてきているのがこちら!

    ダニ、カビ、ハウスダスト、花粉などの物質が結膜に入ってきて、
    過敏に反応してしまった結果、かゆみや充血、目やにといった症状が(;´д`)

    • 目やにの特徴:黄色っぽい目やに
    • 治療:抗アレルギー剤の点眼薬が処方されます


    目やにの原因2:さかさまつげ

    普通まつげは、目に入らないように外に向かって生えています。

    しかし、赤ちゃんは、まぶたに脂肪が多くてはれぼったいので、
    まつげが内側に向かって生えている場合があります。

    そうすると、まつげが角膜を刺激して、目やにの原因になり、
    充血や痛み、涙といった症状がでることがあるんです。

    治療は、成長と共にさかさまつげは治ります。

    家で無理やり、さかさまつげをどうにかしようとはしないで、
    気になる人は、眼科に行きましょう!


    目やにの原因3:ものもらい(感染しない)

    さかさまつげの所でお話したように、
    まぶたには、脂肪や汗を出す線があります。

    その線が細菌に感染することで、ものもらいが発症

    目やにの他、まぶた全体の腫れ、目のかゆみ、赤みなどが主な症状です。

    治療には、点眼薬や目軟膏が処方されます。

    程度によっては、抗生物質などの内服薬が処方されることも。


    目やにの原因4:先天的な病気(先天性鼻涙管閉塞)

    この病気は、たいてい、生まれてすぐに分かります。

    涙は目を潤して、最終的に鼻涙管という管を通って、
    鼻からのどへ流れる仕組みになっています。

    生まれつき、この鼻涙管に薄い膜が残っていて、管を塞いでしまうために、
    涙が詰まって、鼻やのどに流れて行かないのが、先天性鼻涙管閉塞です。

    いつも涙が目にたまっている状態なので、
    常に涙目になって、目やにが出ます。

    また、涙嚢(るいのう)にたまった涙が、最近感染することで、
    涙嚢炎になってしまうことも…


    言葉だけ聞くとびっくりしてしまいますが、
    点眼やマッサージ、涙嚢の洗浄で自然治癒する場合もあります。

    様子を見て治らない場合は、ブーンという細い針金を通して、
    薄い膜を破る手術をすることで、改善されます。

    ちなみに、片目だけ目やにが出る場合はこちら!
    赤ちゃんの片目だけに目やにが!まさか病気?何科を受診?


    まとめ

    目やにがたくさん出たり、不快な症状があると、
    いくら親が「目をこすっちゃダメ!!」と言っても、
    子供ってついつい目をこすります…。

    こすることで、角膜に傷をつけてしまい、
    視力に影響が出てしまうこともあるんです。

    気になるような目やには、目だけの症状であれば眼科を、
    熱やのどの痛みなど他の症状も出ているようなら小児科を、
    ぜひ受診してくださいね。


    スポンサーリンク




    Facebookページで更新情報をお届け♪



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ