子供の野菜嫌いには理由があった!すぐにできる克服法もご紹介!

食事は、子供の成長にとっても大切!

「心身ともに健康に成長してほしい!」と願いをこめて、
あなたも毎日、キッチンで料理をしていると思います。


それなのに、現実は、
「今日も朝ごはんのサラダを残してる…」
「ほうれん草のおひたしには手もつけなかった…」
などなど、野菜嫌いな子供が多いです。


せっかく、バランスの良い食事を意識して作っても、
野菜を食べてくれないと台無し(´Д`;)

そして、
「野菜を食べられないと、背が伸びないのではないかしら?」
「脳の発達に悪いのではないかしら?」
など、悩みはつきません…。


しかし、この悩みは、あなただけではなく、
実に多くのお母さんが抱えているもの。

そこで今回は、なぜ子供は野菜が嫌いなのか、原因と理由をご紹介します!

理由がわかれば、対処方法も見えてきますよ~♪


スポンサーリンク


野菜嫌いの理由は本能?

野菜には、もともと独特の苦みや渋みがあります。

実は、この独特の苦味や酸味が野菜嫌いの原因


口に入れて、苦いものや渋いものは、毒を含んでいたり、未成熟な可能性があり、
食べるとお腹をこわすなど、体に変調をきたす危険性が・・・。

すっぱいものも同じで、食べ物が腐ると、すっぱい味がしますね。
腐ったものを食べてしまうと、嘔吐や下痢の原因に!


子供は本能的に、苦味や渋みや酸味がある野菜から体を守る為に、
食べても大丈夫のものと、いけないものに分けているのです。

大人に比べて、野菜の味に慣れていない子供は、
独特の苦みや渋みを美味しく感じることができずに、
食べてはいけないもの=嫌いになっています。

これを踏まえた上で、次に具体的に何がダメなのかを見てみましょう。


スポンサーリンク


その野菜のどこが嫌いなの?

それでは、子供が嫌いな野菜をいくつかあげてみましょう!

  • ピーマン
  • ほうれん草、小松菜、水菜
  • トマト
  • しいたけ
  • なす



このあたりが代表的な嫌われ野菜たちですね(笑)


ピーマンとほうれん草等の葉物類は、
まさに、野菜独特の苦みや渋みがあるものですね。

トマトも、子供が本能的に避ける酸味ががありますし、
中のドロっとした種の感触がダメな子供もいます。

しいたけやナスは、黒い見た目や、歯触りが苦手で、
特に、しいたけの傘のひだがダメなようです(^_^;)

ちなみに、しいたけなどキノコ類のなかには、毒を持つものがたくさんあるので、
命を守る為に、本能的に避けているのかもしれませんね。


と、ここまで野菜嫌いの理由や原因を探ってきましたが、
できればバランス良く野菜も食べて欲しいと思うのが親心(*´▽`*)

次に、克服方法を見てみましょう!


野菜嫌いの子供

子供の野菜嫌いを克服したい!

野菜嫌いの理由は見えてきましたが、
本能ならば仕方がないと諦めるわけにはいきません!

なんと言っても、野菜には体に不可欠なビタミンやミネラルが、
多く含まれています。


一番簡単な克服法は、
「形をなくして、他の食材に混ぜ込んで食べさせる」
ですが、これでは、100%克服とは言えません。

しかし、現実的に短期間で野菜嫌いを100%克服させるのは、ほぼ不可能(´Д`;)

なので、100%を目指さずに、
「ある程度大きくなったら野菜を美味しく食べられる!」
を目標に、まずは「食べる練習」をしましょう!

子供と一緒に工夫する!

子供に「食べてみようかな?食べたい!」と思わせるのに効果的なのは、
料理および、食べるものを作ることに参加させることです。

そこで、一つ目のおすすめが、プランターで野菜を育てること

子供は土遊びが大好きですから、種や苗を一緒に選んで育ててください。

例えば・・・

  • かぶ:生育期間が短いので育てやすいです
    ラディッシュ(二十日大根)はさらに短くておすすめ
  • にんじん:根が小さく育つ、ミニにんじんがよいです
    芽が出てからの発育がゆっくりですが、気長に待ちましょう
  • ミニトマト:上の二つより少し手がかかりますが、
    真っ赤で小さなトマトの収穫は楽しそうですね

そして、もうひとつのおすすめ!

一緒にお買い物に行き、子供に野菜を選んでもらう!

これなら、今すぐにでもできて、準備も必要ありません^^

色や形を見ながら、できればどんな風に料理して食べるのかも話しながら、
お買い物をしてみてください。


野菜嫌いを克服


最後は、一緒にお料理を作ること

小さな子供でも、野菜を洗ったり、お皿に盛りつけたりすることはできますね。

包丁が使える子なら、好きな形に切らせると楽しいです。

クッキー型などで型ぬきした野菜を使うと、
出来上がった料理に思ってる以上に喜びますよ(*´▽`*)

そして、ポイントは食べる時に、
「○○ちゃんが、選んで料理してくれたお野菜、すごくおいしいね!」
と、大げさに褒めてあげると、また食べたくなります!



あなたができる工夫とは?

これまでに、野菜を食べるとどんなメリットがあるかを、
子供に話すときにどんな風にしてましたか?

例えば、
「体にいいから食べなさい。」「賢くなるためには食べなさい。」
では、あまりピンとこないかもしれません。

・・・実は私がそうでした(ーー;)

こんな風に説明しても、子供は食べてくれません。

しかし、子供が好きな事・憧れている事と関連づけて、
野菜を食べたらどんな効果があるかを、少し大げさに話と激変しましたヽ(*´∀`)ノ

例えば、サッカーが大好きな男の子には、
「緑色のお野菜を食べると、足が速くなってかっこよくゴールも決められるよ。」

おしゃれに興味が出てきた女の子には、
「きのこやワカメは、髪をサラサラにしてくれてキレイになるよ!」

などなど、野菜を食べたらなりたい自分に近づくことを、
イメージできるように説明してあげてください。

私の子供は効果てきめんでした^^


すぐに克服できなくても大丈夫!

いろいろ試してみたけど、全く食べてくれない・・・
という子供もいると思いますが、落ち込ん焦る必要はありませんよ。

長い目で見てあげて、例えば、嫌いな野菜を料理にひとつだけ入れてみる、
または、一口分だけ小鉢に入れてあげると、いつか食べれるようになります。

そして、少しでも食べられたら、
大げさに褒めて、自信をつけてあげてください!

今だけを考えて無理やり食べさせると、
大人になっても本当に野菜嫌いのまま・・・

大きくなるにつれ、「あれ?この野菜は嫌いだったのに、おいしいかも!」
と思えるものが、ひとつずつ増えるように、工夫や声かけをしましょう!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ