妊娠線はいつからできる?出来やすい人はこんな人!

赤ちゃんを授かって、マタニティライフがスタートすると、
嬉しい反面、何かと不安なことも増えてきます。

その1つが、妊娠線


妊娠線は、なんと!妊婦さんの8~9割に出来るというデータがあるくらい、
避けては通れない悩みです・・・。

「出産後もキレイでいたい!」と思うのは、
女性にとっては当然の気持ちですね。


そこで今回は、いつからできて、どうしてできるのか妊娠線について
分かりやすくご紹介します!

気になる妊娠線の正体とは?一緒に見ていきましょう^^


スポンサーリンク


妊娠線はなぜできる?

妊娠線とは、妊婦さんのお腹や太もも等に、何本も出来る線の事で、
個人差はありますが、網目のような状態だったり、筋状だったりします。


これは、妊娠で急激にお腹が大きくなった際に、皮膚が急に伸ばされ、
皮膚の弾性繊維が変性して出来てしまう、皮膚線条なのです。


もう少し詳しく説明をしますと・・・

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の三層に分かれています。

妊娠すると、赤ちゃんの成長と共に、妊婦さんのお腹が大きくなり、
表皮は伸びやすいのですが、真皮や皮下組織の一部は、弾力性が無い為、
急激に伸びることが出来ません。

弾力性の無い皮下脂肪の影響も受け、真皮や皮下組織が、
伸縮の限界を超えてしまいます。

それでも、お腹は大きくなっていき、皮膚も引っ張られて、
ついには亀裂が出来て、赤紫色の線状班が現れます。



これが妊娠線です。


妊娠線はいつから

また、妊娠線は、ホルモンバランスにも関係しています。

妊娠中は、ホルモンバランスが崩れ、
コルチコステロイドホルモンが大量に分泌されています。

このホルモンの影響により、コラーゲン生成が抑制されたり、
肌のターンオーバーの働きが抑制されたりして、
肌の代謝が、通常よりも抑えられた状態に(゚д゚lll)

その結果、肌は弾力を失い、余計に弱くなります・・・。

そして、非常にデリケートな状態になった肌は、
妊娠線が出来やすくなってしまうのです。


ちなみに、最も現れ易い場所は、やはりお腹で、
基本的には、脂肪がつきやすい場所によく出ます。

もちろん個人差はありますが、
下腹部、おしり、太もも、足の付け根、二の腕、バスト
などにも出来る場合が多いですね!


次に妊娠線が出る時期を知ることで、予防をいつからはじめるといいのか、
一緒に考えてみましょう。


スポンサーリンク


妊娠線が出来始める時期はいつから?

妊娠線は、一般的には、妊娠6ヶ月頃から出始める傾向にあります。

つわりが終わり、食欲が増す為に、体重が増加しやすい時期なので、
うなずけますね(;´д`)

ちなみに、少し見えにくい下腹部あたりから出始める人が多いので、
鏡などを使って、よく注意して見てください。


では、妊娠線が出来やすい人とは、どんな人でしょうか?


妊娠線ができやすいのはどんな人?

それでは、早速見てみましょう!

  • 皮下脂肪が厚い人
  • 皮下脂肪は弾力性が無い為、引っ張られても、
    なかなか伸びる事が出来ず裂け易くなります。

  • 双子以上を妊娠している多胎妊婦の人
  • これは分かりやすいですが、子宮も大きくなりますから、
    お腹の大きさが格段に大きくなります。

  • 経産婦
  • これは意外に思うかもしれませんが、出産を経験している為、
    子宮が伸びやすく、急激にお腹が大きくなりやすいからです。

    ちなみに、ママ友は、2人目の出産の時、
    1人目に比べて、お腹が大きくなるのが早かったです(;゚Д゚)!

  • 小柄でお腹が出やすい人
  • 小柄だと、骨盤が小さく、赤ちゃんの居場所が前しかなく、
    お腹も前にせり出してしまいます。

    また、元々皮膚面積が狭くなりがちなので、
    妊娠でお腹が大きくなると、皮膚が引っ張られてしまうのです。

  • 乾燥肌の人
  • 肌に潤いが少ないと、柔軟性に乏しくなり、
    亀裂が出来やすくなります。



と、ここまで、妊娠線については理解出来たと思います。

ただし、大切なのは予防方法についてですよね^^

双子ちゃんを出産したにも関わらず、
ほとんど妊娠線が出来なかった私の予防方法はこちら!
妊娠予防クリームはいつから使う?効果があった方法!


まとめ

いかがでしたでしょうか。

妊娠線の原因と時期を知ることで、正しい予防法して、
出来る限るケアをしてくださいね。

あとから後悔しても遅いですよ~!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ