幼稚園児の水筒!失敗しない選び方のポイントをご紹介!

もうすぐ4月、入園入学の季節ですね(*゚▽゚*)

この春から幼稚園!ってご家庭では、
入園準備の追い込みで大忙しではないでしょうか?


色々と準備するものがありますが、その中でも悩むのが水筒

毎日、持っていくものなので、子供が使いやすくて気に入るものを、
選んで持たせてあげたいですよね^^


スポンサーリンク



そこで今回は、幼稚園の入園準備の中から、水筒の選び方をご紹介します!

幼稚園児に向いている水筒って、どんなものなのか?
是非、参考にしてみてくださいね。


幼稚園児の水筒の素材はどんなものがいい?

幼児用水筒の素材は、大きく分けて2種類!
プラスチック製か、ステンレス製です。


プラスチック製の最大の長所は、何よりも軽いこと

また、子供が大好きなキャラクターものが豊富にあるので、
お気に入りの水筒を見つかりやすいです。


短所としては、保冷・保温効果が期待できないこと

冬の寒い時に、温かく、夏の暑い時には、よく冷えたお茶を、
飲ませてあげたいのが、親心ですが、プラスチック製では難しいです(ーー;)

また、落としてしまった場合は、ステンレス製と比べ壊れやすい!

私の子供も入園の時に、プラスチック製の水筒をお祝いでいただきましたが、
なんと、6月には落として壊れてしまいました(;´д`)


一方、ステンレス製の長所は、保冷・保温機能が良いことと、丈夫なこと

短所は、キャラクターものの種類が少なく、比較的重いことです。

確かに、少々落としても、凹むことはあっても壊れることはありせん。
ただ、幼稚園の年少さんだと、少し重さが気になるところではありますね・・・。


悩む母親


見てもらって、お分かりの通り、一方の長所が一方の短所という感じです。

あなたが選ぶときに重要なのは、「何を重視するか」

  • 水筒は消耗品。軽いほうが良い→プラスチック製
  • 好きなキャラクターを選びたい→プラスチック製
  • 卒園までは、一つの水筒で過ごす→ステンレス製
  • 季節に合わせて、快適な温度で飲んで欲しい→ステンレス製



こんな感じで、あなたが重視するポイントを考えて決めてくださいね。

ちなみに、私のおすすめはステンレス製の水筒

というのも、プラスチック製の短所は、どう頑張っても埋められません。

ステンレス製の短所の重さについては、最近はかなり軽量の物も販売されていて、
以前ほど、プラスチック製の水筒と、大きな差ではなくなっています

そして、キャラクターについては、シールをラミネート加工して貼ってあげたり、
水筒カバーをお気に入りのもので、作ってあげることで解決です!


暑い時、寒い時に、ステンレス製にして良かったって思いますよ^^


スポンサーリンク


幼稚園の水筒の飲み口はどんなものがいい?

水筒の飲み口は、主にストロータイプ・直飲みタイプ・コップタイプがあります。

衛生面を考えると断然コップタイプなのですが、幼稚園に通い始める3~4歳くらいの子どもにとって、
「コップをねじって外し、ふたを開けて注ぐ」というのは、かなり難しいものです。


遠足など、テーブルのない屋外で飲む場合もありますので、
幼稚園からの指定がない限りコップタイプは避けたほうが無難


ストロータイプは、小さな子どもでも飲みやすく、倒してもこぼれないですが、
パーツが多いので、洗うのがなかなか大変(^_^;)

普段、コップで上手に飲めている(傾け方の調節など)のであれば、
子供の飲みやすさと、親の手入れのしやすさから直飲みタイプがおすすめです!


ただし、幼稚園や保育園によっては、飲み口の指定がある園もありますので、
購入前にご確認してくださいね。


入園の準備

幼稚園児の水筒の容量はどのくらいがいい?

実は、ここが一番悩むところだと思います^^

幼稚園によって、食事の時は別で飲み物を出してくれたり、
水筒の中身がなくなったら補充してくれるところもあります。

こういった対応をしてくれる園であれば、
300~350ml程度の小さめの水筒で十分です。

容量が少ないということは、全体の大きさも、小さく軽くなるので、
子供にとって扱いやすくなりますね!

逆に、水分は原則として持参した水筒のみという幼稚園の場合は、
最低でも500mlほどの水筒を用意したほうが安心です。



ここまでをまとめると、幼稚園児の水筒は

「ステンレスの直飲みタイプの300~350mlの水筒」

を、選ぶと失敗はないですね!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

水筒って、意外に奥が深いですね^^

ご紹介したことを参考にしてもらえると、
あなたのお子さんにピッタリの水筒を選べると思いますが、
最後に少しだけ、補足します。


細かいところですが、持ち運び方を指定している幼稚園もあります。

「紐をつけて斜め掛けに」という場合、
紐をつけられる水筒もしくは、ひも付きカバーを!

「通園鞄に入れて」という場合、連絡帳やタオル等、普段入れているものと、
一緒に入れることが出来る大きさのものを選ばなければなりません。


幼稚園からの指示をよく確認しつつ、
お子さんが使いやすい水筒を準備してあげてください。

親も子供も、不安とドキドキの幼稚園生活!
お気に入りの水筒で、楽しく通えるといいですね^^


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ