これって便秘なの?便が出ない赤ちゃんの原因とは!?

赤ちゃんのお腹がパンパンになって苦しそう・・・
そんな姿をみると、ママなら誰だって心配になりますよね。

この記事を読んでくれているという事は、
あなたの赤ちゃんが、便秘で悩んでいるのでしょうか?


スポンサーリンク



その気持ち痛い程わかります。

私も、子供の便秘に悩んだ親の一人です(;´д`)

少しでも早く楽にしてあげたくて、解決法を知るためには、
まずは、原因から!と目一杯調べ尽くしました^^


そこで今回は、赤ちゃんの便秘の原因について、分かりやすくご紹介します!


あなたの赤ちゃんを苦しめる便秘の原因は、一体なんなのか?
一緒に探って行きましょう!


スポンサーリンク


離乳食前の便秘の原因はなに?

いきなりですが、結論から言いますと、
離乳食前の赤ちゃんが便秘になることは、稀です。

ただ、稀とは言え、気になりますよね~^^

新生児の便秘は、

  • 水分不足
  • 腸内細菌

この2つが主な原因です!


それぞれの原因を詳しく見ていきましょう。


水分不足が原因?

新生児の頃は、母乳を飲んだら、飲んだ分だけ、
水のようにゆるいうんちが出ますよね。

1日に10回以上する赤ちゃんも(;゚Д゚)!

それが、月齢が進むにつれて、
回数が減ってきたり、ドロドロしたりと徐々に変化します。

今まで、かなりの回数出ていたので、少なくなると心配になるでしょうが、
これは授乳の回数や量によって、便のペースが変わっただけで、
決して、便秘ではありません



ただし、母乳だけで育てている場合、
母乳が足りないと水分不足になってしまい、
便が硬くなって、出にくくなることがあります。

また、ミルクだけをあげている場合でも、
母乳に比べて、消化に時間がかかってしまうので、
腸の中で便の水分が取られて、出にくなることも・・・。

と、希にですが、このように水分不足が原因で、
便秘になることもあります。


母乳やミルク以外に、白湯などで水分補給はしっかりしましょう!


ミルクを飲む赤ちゃん

腸内細菌が便秘の原因?

もう一つの原因は、腸内細菌がまだ整っていないことがあげられます。

排便と腸内細菌が深く関係していることは、周知の通りですが、
赤ちゃんの腸の中では、どんなことが起きているのでしょうか?

実は、お腹の中にいる時の赤ちゃんは、腸内細菌が0(ゼロ)!
つまり、無菌状態にあります。

そして、出産時、お母さんの産道を通ると口などから、
お母さんの腸内細菌が、赤ちゃんの身体に入り込んでいくのですヽ(´Д`;)ノ

つまり、生まれた時は、赤ちゃんの腸内細菌と、あなたの腸内細菌は、
ほぼ一緒ということになります!

フィンランドでされた実験では、75%の母子(お母さんと生後3ヶ月の赤ちゃん)の
腸内ビフィズス菌が一緒だったという結果でした。


このように生まれた時は、お母さんの腸内細菌とお揃いの状態ですから、
もしも、あなたが妊娠時に便秘がちだった場合、
赤ちゃんにも、影響してしまうことがあるようです。

しかし、ご安心ください。

赤ちゃんはその後、母乳やミルクをたくさん飲んで、
ビフィズス菌などの良い菌を、どんどん増やしていき、
自分で腸内環境を整えて行くので、心配はいりません^^


ただし、少し心配なケースもありますので、ご紹介しますね。

心配なケースとは?

ほとんどの便秘は心配ないのですが、「ヒルシュスプルング病」という先天的な病気という場合もあります。

ヒルシュスブルング病とは、肛門に近い大腸に神経細胞がなく、大便が出ない病気です。

ほとんどの場合は、産後すぐに病院で発見されます。

他にも、「クレチン症」といって、生まれつき甲状腺の働きが低下している病気の場合もあります。

この場合は、元気がなく、黄疸が続くといった症状が出ます。



ほとんどの場合、早期で発見されますが、
万が一の可能性もありますので、気になる時は、
すぐに病院にいきましょう!


離乳食後の便秘の原因はなに?

離乳食が始まると、今までの食習慣がガラリと変わります。

実は、一番排便のペースが掴みにくくなるのが、
この時期で、便秘の悩みも深刻化してきます(ーー;)


母乳やミルクだけの時のうんちとは、明らかに違いが!

離乳食を始めたばかりの頃は、まだまだ腸内環境が整っていないために、
うんちもゆるくなったり、硬くなったり。

それが、離乳食が終わる頃には、腸内環境が整い、
消化能力も高まっていくので、少しづつですが、
その子なりのペースが、定まっていきます!


夏場の赤ちゃん


もちろん、個人差はありますので、
1日2~3回出る子供もいれば、もっと多く出る子供や、
逆に2日に1回、5日に1回なんて子供もいますヽ(´Д`;)ノ

ただ、便秘かどうかは、うんちの出るペースではなく、
苦しんでいないか、うんちの状態が硬くないかで判断してください。

機嫌も悪くなく、うんちもスムーズに出るようなら、
毎日出なくても、便秘だと心配する必要はありませんよ^^

ただし、次のような場合は便秘を疑ってください。

こんな場合は便秘かも?

  • 5日以上出ない時
  • 毎日のように出ていたのに、急に出なくなった時
  • 排便の時に痛みがある時
  • 硬くてなかなか出なくて苦しい時
  • おなかが張って、食欲がなかったり、吐いてしまう時



ちなみに、離乳食後の便秘の原因で、真っ先に考えられるのが食事です!

子どもの好きなものばかりをあげてしまった結果、
食事内容が偏り、食物繊維不足になり便秘の原因になります。

工夫をこらして、野菜や海草類も積極的に与えてくださいね^^


ちなみに、なかなか改善しないときはこちらがおすすめ!
妊婦や赤ちゃんも安心の話題のオリゴ糖

便秘の時には、オリゴ糖が有効だと言われています。

ただ、赤ちゃんに食べさられるオリゴ糖が意外に少なくて、
困っていたところ、このオリゴ糖に出会いました(^O^)

何気に大人の私と一緒に使えるので便利で重宝しています^^
良かった、一度覗いてくみてくださいね!

また、運動不足も、便秘の原因のひとつです!

月齢によって運動能力の差はありますが、出来るだけ体を動かせてあげましょう。

まだ、自分で動き回れない赤ちゃんには、あなたが足を持って曲げ伸ばしをしたり、
お腹をマッサージするだけでも、効果がありますよ~!


そして、もう一つ!

赤ちゃんと言えど、大人と同じように心理的なことが影響している場合もあります。

排便に対して、嫌なイメージを持ってしまったりすると、
肛門の筋肉が萎縮してしまい、便秘になってしまうのです(;゚Д゚)!

例えば、排便のことで強く怒られてしまった経験や、
うんちが硬く痛い思いをしたことがトラウマに・・・。

便秘が治るまで、イライラせずに、優しく付き合ってくださいね。


まとめ

赤ちゃんの便秘の原因は、ひとつだけとは限りません。

いろんな要因が絡み合っている場合もあります。


そんな時、お母さんはあれこれと試行錯誤を繰り返して大変ですよね。

どうか、記事を参考にして、
思い当たることがあれば、改善してみてください。

私の場合は、真剣になりすぎたあまりに、
心理的にストレスを与えてしまっていたようです・・・。

あまり、思いつめずにどっしりと構える事も大切ですね^^


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ