妊娠中に葉酸がなぜ必要?知らないと損するこの効果!

妊娠を機に食事の栄養バランス考えるようになったママ達が、
近年注目するようになった栄養素が、葉酸


妊娠中ばかりでなく、授乳期にも必要な栄養であることは分かっていても、

  • 実際にどれぐらい摂取するのが適量なのか?
  • そもそもどんな成分が入っていて、どんな効果があるの?

などなど、知らないことが多いのではないでしょうか?


そこで今回は、妊娠中に葉酸が与える効果についてご紹介します!


葉酸が足りないときのリスクや、効果的に摂る方法も、
合わせてご紹介しますので、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


葉酸の成分とは?

葉酸には、ビタミンB12の働きを補助する成分があります。

これは、ビタミンB12と葉酸の働きで、造血作用を促進させる作用があり、
赤血球のを作るのを助ける栄養素です。

また、葉酸が不足すると、貧血の原因になったり、
骨髄の中での細胞分裂が上手く作用しなくなってしまいます。


そのその名が表すように、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

葉酸を多く含む成分は以下の通りです。

—100gあたりに含まれる栄養素量—

  • ほうれん草(210μg)
  • モロヘイヤ(250μg)
  • 枝豆(320μg)
  • 春菊(190μg)
  • ブロッコリー(120μg)

ほかには、レバーなどにも多く含まれていますが、
実は、摂り方が難しいです(゚o゚;;

次に、その理由と、葉酸が妊婦に与える効果を見てみましょう!

スポンサーリンク

葉酸が妊娠中に与える影響と効果!

2002年から母子手帳にも、記載されるようになった葉酸。

普段の食事から、必要とされる量を摂るのは難しいです。

その理由は、葉酸は水溶性なうえに、熱にも弱いので、
茹でるなどの調理をすると、その成分の多くがなくなってしまいますΣ(゚д゚lll)


実は、厚生省からも、不足分を補充するために、
栄養補助食品(サプリメント)が推奨されています!

私が実際に飲んでいたおすすめの葉酸サプリは、後でご紹介しますが、
その前に、葉酸が不足するとどんな影響があるのでしょうか?


妊娠中の女性


葉酸には、妊娠中のママの悪性貧血や妊娠中毒の改善や、
赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防するために、必要な成分が含まれています。

妊活中の方は、妊娠予定の1ヶ月前からの摂取が推奨されており、妊娠3ヶ月までは、
葉酸を含むビタミンの豊富なバランスのとれた食事を、心掛けることが重要です。

また、葉酸は、赤ちゃんに必要な栄養素でもあるので、
出産後も授乳期間中は、摂ることが大切!

神経管閉鎖障害とは?


神経管閉鎖障害とは、脳および脊椎の癒合不全を言います。

その中で、脊椎の癒合不全を二分脊椎といい、
生まれた際に腰の中央に腫瘤があることが多いです。

また、脳に腫瘤のある脳瘤や、脳が発育できないことを無脳症といいます。


無脳症と診断された場合ほとんどの赤ちゃんは死産となり、
たとえ生まれてきたとしても1週間以上生存することが難しいのが現実です。


無脳症とは脳がない奇形症のこと。

その原因はよく分かっていませんが、葉酸の適切な摂取が病気の発症のリスクを、
低減させる1つの方法であると言われています。

リスクを低減させるのに、必要な葉酸の1日の摂取量は0.4mg
0.4mgの積み重ねが赤ちゃんの未来に繋がるのです^^


葉酸はあくまで補助食品

ここで忘れてはいけないのが、葉酸サプリはあくまで補助食品でということです。

葉酸を上手にとるコツは、何と言っても普段の食事!

バランスの良い食事を3食とり、そこで不足した栄養素を、
葉酸サプリから補充する形が、最も健康的な方法といえます。


しかし、せっかく摂る補助食品は良い物の方がいいですよね。

そこで、おすすめしたいのが、プラスαを考えた選び方!

プラスαを考えたかしこい葉酸選び方!

葉酸サプリメントを選ぶ際に、お得な選び方は、
葉酸以外の成分で、何が含まれているのかをチェックすることです。

特にチェックして貰いたいのが、
「鉄分・カルシウム・ビタミン」の含まれている葉酸サプリメント。

普段の食事で補給しきれないのは、葉酸ばかりではないのです。

鉄分、カルシウム、ビタミンはその中心ともいえる栄養素で、
尚且つ妊娠中に、とっておきたい栄養素でもあるのです!



お待たせしました!
色々試した中で、圧倒的に良かった葉酸サプリを発表します!!

私のおすすめは、こちら!
ベルタ葉酸サプリなら
必要な栄養が取れます

おすすめの理由は、なんと言っても、必要な栄養素がこれ一つで摂れます。
しかも、妊娠中・出産後に気になる美容に関係ある栄養素もたっぷり^^

疑問に思ったことも、現役ママさんがサポートしてくれるので安心です。

是非、試してくださいね!





葉酸のもたらす他の効果とは?

葉酸とビタミンB12には、産後うつ病を抑制する効果があることが、
近年注目されています。

葉酸が血中に少ない人と、十分に血中に含まれている人では、
うつ傾向にある状態が比較的高いのが、
前者であることをアメリカの研究機関が明らかにしました。

この葉酸とうつに関する因果関係に関しては、
今後の研究動向が気になるところですね。


また、ビタミンB12の欠乏は、疲労感や精力減退などの影響を及ぼしますので、
葉酸とあわせて摂取することをオススメします。

ビタミンB12は、鶏・豚・牛のレバーやシジミ・さんまなどに多く含まれています。

これらの食材は、葉酸を多く含むほうれん草やブロッコリーなどと、
一緒に食事でとることで、悪性貧血の予防にもなります。


まとめ

葉酸が妊婦に与える影響や効果が国から発信されたのは、
つい最近の2000年に入ってからのことでした。

ではそれまでの妊娠を経験してきた女性達が、
葉酸不足であったかといえば、そうも言い切れません。

昔は今ほどファストフード店が町中にありませんでしたし、
何より健康と食に対する意識が、今より高かったのです。


レトルトや、コンビニ弁当の並ぶ食卓が日常ではなく、
一汁三菜が常であり、そのほとんどが野菜中心の食卓でした。

妊娠を機に、こうした食生活を見直し赤ちゃんとママ自身にとって、
最善の食と健康についての方法を、考えてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ