絵本の読み聞かせ!意外にしらない凄い効果とは?

絵本の読み聞かせが、子どもに与える効果を知っていますか?

もしも、あなたがその効果を知れば、
今日からでも読み聞かせをしたくなりますよ^^


赤ちゃんは、お腹の中にいる時から、
ママの声はもちろん、まわりの人の声や音を聞いて成長しています!

その声を覚えていて、産まれてきてからも、
聞き慣れた声の中で、安心してすくすく育つことができます。

と言う事は、絵本の読み聞かせは、
安心の中の学習でもあります。


また、読み手と聞き手である親子の絆を、
深める大切な時間にもなります。

そんな素晴らしい絵本の読み聞かせの効果について、
もっと詳しく見ていきましょう!



スポンサーリンク


言葉や表現力を豊かにする!

当然ですが、赤ちゃんは、
何も言葉を知らないで、産まれてきます。


では、どうやって言葉を覚えていくのでしょうか?

  • ママやパパの発する言葉
  • 接している人の言葉
  • 絵本
  • テレビ

などから覚えていきます。

その中でも、ママやパパの言葉掛けは大切です!

特に、聞き慣れた声で、絵本を聞かせてあげることは、
たくさんの言葉、そして、世界を広げていくことになります( ´▽`)


私は5歳の子どもがいますが、
産まれる前から、寝る前に絵本の読み聞かせをしてきました。

その効果なのか、5歳にもかかわらず、
言葉で表現することが得意です^^

また、表現することばかりではなく、
人の話もしっかり聞けますよ


毎日、決まった時間に、絵本の読み聞かせをすると、
安心した中で、最大限に言語を習得することができます。

 ここがポイント!


2歳~3歳ぐらいの時は、読んでいる中でも、
これは何?」「何で?」と聞いて、中断してくることもありました。

それも、5歳になると、中断することなく、
じっくりと聞いて、自分なりの解釈をしているようです。

2~3歳ぐらいは、自分なりに、
言葉と物や行動を結び付けています。

そして、5歳にもなると、
知った言葉で理解をしていくようです!



やはり、続けることで、
子供の成長につながる効果がありますね!


スポンサーリンク


読み聞かせは読書好きを作る!

話の内容を、理解が深くなってくると、
絵本の話の続きが、気になるようになります^^

そうすると、自分から本を読んでみたいという気持ちが芽生え、
そこから字への興味も沸いてきます。

元々、絵本で読み聞かせていた時に、
目に入ってくる文字は、子供にとっては、
違和感なく入ってくるようで、活字に対しての抵抗がすくないです。

そして、絵本の先の話を知りたいという欲求も手伝って、
自分で、読めるようになります。


最初はたどたどしく読んでいますが、回数を重ねると、
絵本の読み聞かせの効果からか、スラスラ読めるようになっていて、
親が驚くことも(;゚Д゚)!



絵本を読む子供


そして、一人で読めたことが、
自信にもつながり、更に本が好きになります!

自分で読むようになると、色んな本を読んで行くので、
言葉のボキャブラリー・表現力がアップしますね。


よく、

『自分で読めるようになったら、もう、親が子どもに、
絵本や本を読み聞かせる必要はないのでしょうか?』

と聞かれますが、そんなことは全然ありません。

子供と親とのコミュニケーションの意味でも、
いくつになっても、読み聞かせは大切なことです^^


読み聞かせの時間が親子の絆を深める!

子供はいくつになっても、
ママやパパの声は、心地いいものです。


大きくなる間には、反抗期があり、
親を受け付けない時期もある子供もいます。

もちろん、嫌がられているのに、
無理やり読み聞かせる必要はありません(。・_・。ゞ 


しかし、読み聞かせに耳を傾けている間は、読み聞かせてあげましょう!

それが、親子の絆を深めるかけがえのない時間となります。


絵本の読み聞かせ


子供は、自分が愛されている安心感の中で成長していく事になりますし、
絵本や本を読むことで、共通の話題もできますよ!


以前、先輩ママさんに、

『読み聞かせてあげられる時期は長くないわよ!だから、たくさん読んであげてね。』

と言われたことがあります。


その通りです!いまなら身にしみて分かります!

読み聞かせができる時に、たくさんしてあげましょう。

読み聞かせの効果はたくさんありますが、
その中でも、特に感じるのが、親子の絆を深めてくれることです。


そんな素晴らしい効果ある絵本の読み聞かせを、
今日から始めてみませんか?


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ