赤ちゃんが夜に寝ない!理由が分かったので対策を考えてみた!

子育てをしていると、色々な悩みが出てきますね。

その悩みの中でも、

『赤ちゃんが夜寝ない!』

という悩みを、抱えているママが多いと思います。

  • お昼寝の時間も多くは無い
  • 日中、たくさん遊ばせたのに寝ない
  • 夜寝る時間なのに、眠そうでは無い

なのに、寝てくれない゚(゚´Д`゚)゚

私も実際に体験し悩みました。。。


そこで今回は、夜寝ない赤ちゃんの理由と対処法を、
まとめたので、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


赤ちゃんの眠りのサイクルが理由?

生後、間もない赤ちゃんは、
一日およそ15時間~20時間寝ると、言われています。

そして、体内時計がきちんと出来る3、4か月頃には、
夜になると眠り、朝になると起きるというサイクルになります。

また、5、6カ月になる頃には、
朝までぐっすり寝てくれるように!


このように、きちんとした眠りのサイクルを作るには、
体内時計を整える必要があります。

その為には、

『朝になると太陽の光を浴びて、夜になると電気を消す。』


そうする事で、赤ちゃんは自然と、
体内時計をコントロールする事が、出来るようになります。


逆に、夜寝る時に、明かりが付いていると、
赤ちゃんは朝だと錯覚を起こし、朝夜の区別が出来なくなります。

それが、赤ちゃんが夜に寝ない理由のひとつでもありますので、
規則正しい環境作りは、とても大切です!


それでは、他の原因もあわせて、対策も見てみましょう!


スポンサーリンク


寝ない原因と対策!

眠りには、赤ちゃんでも、大人でも、
浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。

実は、赤ちゃんは、少しの音でも起きてしまうレム睡眠がほとんどです。

そうなんです!やっと寝かしつけても、
すぐに起きてしまうのは、眠りが浅いのが原因だったのです(;´д`)

それに加えて、先程も説明した通り、
生活環境も影響しています!


赤ちゃんだからと言って、生活リズムを変えるのではなく、
大人と一緒に、規則正しい生活リズムにすると良いですね!


簡単に出来る対策としては、

例えば、

『夜は、夕飯の支度などで忙しいので、手の空いているお昼に、
 赤ちゃんだけ、先にお風呂にいれる。』

というママは、赤ちゃんも一緒に、夜にお風呂に入れてください。

そして、気持ちよくなったところで寝かします。

これを繰り返す事で、
お風呂に入ったら寝る癖がつけれます!



『お風呂に入ったら寝る!』

のように、何かをした後には寝るというリズムを付けておけば、
大きくなってからでも、その癖が身についてます。


ちなみに、私の娘も赤ちゃんの頃から、どんなに忙しくても、
20時には、必ず電気を消して寝る環境を作ってました!


幼稚園に通っている今でも、20時前になると寝る習慣が身についており、
何も言わないでも、寝るようになっています( ´▽`)


夜に寝ない赤ちゃん


また、日中に体力を消費していないと、
夜寝ない場合もあります。

大人も一緒なのですが、日中に体をたくさん使うと、
夜は、ぐっすり眠れますよね?


ただ、赤ちゃんは、大人のように自分で体を使う事は出来ません。

なので、運動の代わりに、赤ちゃんとのスキンシップも兼ねて、
ベビーマッサージはおすすめですよ!


赤ちゃんにとって、パパ・ママとの触れ合いは、とても嬉しいものです!
(パパやママの方が嬉しいですが^^)

ベビーマッサージの他には、
お天気の良い日にお散歩に出かけるのも良いですよ。

歩く事が出来ない赤ちゃんでも、
ママにだっこされて、太陽の光を浴びるだけで、
とても良い刺激になります!


何か刺激を受ける事で、夜寝る事に繋がりますので、
夜寝ない赤ちゃんには、試してみてはいかがでしょうか?


それでも寝ない時には?

赤ちゃんが夜寝る環境を整えたり、適度な刺激を与えても、
夜に、なかなか寝てくれないときがありますよね(><)


そんな時には、親もあかちゃんも、
気分を変えてあげる事が大事です!


赤ちゃんだけでなく、パパやママも気分を変える事で、
寝ない赤ちゃんに対して、イライラする事も無くなります。


赤ちゃんと、ベランダに出て外の空気を吸ったり、
車に乗せてドライブをして、赤ちゃんが眠るのを待つ。


寝ない赤ちゃんはドライブがおすすめ


ちなみに、赤ちゃんが、お腹の中にいる時には、
羊水の中で揺れている状態だったので、
揺れる動作をすると、赤ちゃんは心地良くなります。

なので、ドライブをして、車の振動が感じさせたり、
ベビーラックに乗せて揺らす事は、睡眠効果が期待できます!


また、赤ちゃんは包まれると安心します。

ただの抱っこで、ゆらゆら寝かすだけでは無く、
おくるみなどに、赤ちゃんを包んであげ、
抱っこしてあげると、安心してくれて、寝てくれる事が多いですよ~!


まとめ

いかがでしでしょうか?

赤ちゃんが夜寝てくれない理由が分かったでしょうか。

そして、対策をまとめると、

  • 環境を整える
  • 生活サイクルをキチンとする
  • 昼間に適度な刺激をあたえる
  • 気分を変える



一度には難しいかも知れませんが、
少しずつ取り入れて、子育てを快適に楽しんでくださいね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ