夏場の出産!赤ちゃんとママに必要な物とは?

ある日、同級生の一人からこんなメールが・・・

「夏に出産の予定だけれど、何を必要な物なのかわからない!」


初めての出産になる彼女。

あれこれと雑誌やインターネットなどの情報を見ているうちに、
本当にこれは必要な物か?などと準備するものに疑問を持った様子。

そこで、夏の出産経験(7月)がある私に聞きにきたのでしょう。

ここは、実際の経験を踏まえて、夏生まれの赤ちゃんに必要な物を、
リストアップしたので、夏に出産予定のあなたのお役に立てれば嬉しいです!


スポンサーリンク


赤ちゃんの為に必要な物!

まずは、赤ちゃんに必要な物から見ていきましょう!

短肌着(たんはだぎ)

短肌着は、新生児の肌着の基本とされているもので、
着せた時に、赤ちゃんの太ももくらいまでの長さになります。

普通はこの上にもう一枚、長肌着やコンビ肌着を重ねて着ますが、
夏の時期は、家の中にいる分には短肌着&おむつだけでOKです(*゚▽゚*)

赤ちゃんは、それでなくても大人より体温が高いもの。
地域差はありますが、極端に部屋の温度を下げていなければ、
短肌着だけで過ごす事も多いので、5~6枚は用意しましょう!

コンビ肌着

着丈は短肌着より長く、股下の部分が、
スナップで左右に分けて、留められるようになっています。

生まれて最初の1ヶ月は短肌着1枚でいいと思いますが、
2ヵ月を過ぎてくると、赤ちゃんも結構足を動かすようになります。

服がはだけないために、活躍するのがコンビ肌着!

短肌着を使わずに、新生児のうちから、
コンビ肌着とおむつだけで過ごす家庭も多いのでは。

短肌着かコンビ肌着、お好みによって、
どちらかを最低5~6枚くらい準備しておくといいです。


スポンサーリンク


ロンパース

最初の1ヶ月は、外に出ることは少ないですが、
検診もあるので、全く出ない訳にはいきせん。

せっかくの外出、さすがに短肌着&おむつでは、
少しかわいそうなので、ここはロンパースを使いましょう(笑)

股の部分がスナップで閉じられるようになっているのは、コンビ肌着と同じです。
違いは、上半身を留めているものが紐ではなく、スナップになっていること。

ちゃんとしたお洋服に見える上に、おむつが丸見えになることを防げます(*゚▽゚*)

しかも、夏場なら、肌着なしでこれ1枚を着せてもOKなので、使い勝手がいい服です。

私は子供が2ヶ月を過ぎたくらいから、
近所に遊びに連れて行く時は、よくロンパースを利用していました。

ロンパースは2~3枚セットで販売されていることが多いので、
1セット持っていると使いまわしできます。

肌着としても使えるので、成長に合わせて数を増やしていくといいですね。

ベビーベット

赤ちゃんが使用するものとして、ベビー布団についても一言。

実際、夏場は、敷布団・シーツ・バスタオルがあれば問題ありません。

掛け布団がセットになっているお布団セットが、多く売られていますが、
夏生まれの赤ちゃんは、掛け布団を使うことは、ほぼありません。

特に、新生児のうちは、寝ている間に動き回ることがないので、
短肌着がめくれてお腹が冷える・・・という心配もないです^^

ただし、敷布団だけはベビー用がおすすめです!

というのも、赤ちゃん用の敷布団は大人が使っているものより、
かなり固めのマットになっています。

1日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃんは、骨や関節が未発達な状態です。

柔らかすぎる敷布団に寝かせると、体が沈み込んでしまい、
正常な発達が出来なくなってしまうことがあります(;゚Д゚)!

そのため、赤ちゃんが使う敷布団は、固めに出来ています。

その他、必要な物は?

夏生まれの赤ちゃんは、他の季節に比べても汗をかく頻度が高くなります!

そこで、ガーゼのハンカチを準備しておくことをお奨めします。
10枚セットで販売されていることが多いので、最低1セットはあるといいです。

また、赤ちゃんの身体を洗うベビーソープは重要

特に新生児のうちは肌が敏感なので、
出来るだけ低刺激・無香料のものを選んでくださいね。

ちなみに、私のおすすめはこちら!
赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》



汚れをキレイにとれるのは、もちろんですが、
潤いもしっかりと残るので、デリケート肌の赤ちゃんにはピッタリです!

使えば、違いがわかりますよ~^^


しゃっくりをする赤ちゃん

ママのために必要な物とは?

ここからは、ママ側が使うものについてご紹介します!

雑誌などに載っている出産準備前リストを見ると、
とにかく、あれもこれもと書いてあります。

私も当時、それを見ながらある程度揃えましたが、
実際いらなかったものや、時期を見て購入でも良かったものも・・・。

そこで、これだけあれば大丈夫!な物をまとめした^^

マザーズバック

検診など外に出かける時に、
赤ちゃんのあれこれを入れるために必要!

マザーズバックとは言いますが、それ専用で売られていなくても大丈夫

電車などで移動する人なら、両手が空いた方が便利なので、
ショルダータイプのバックを!

自家用車で移動なら、ボストンバックタイプでも良いですね!

ちなみに、私は、キャリーバックにつけられる、サブバックを使用してました。

ナイロン製で汚れもすぐに落とせる点もさることながら、
柄も可愛いものを選んでも、お財布に嬉しいお値段でした(*゚▽゚*)

チャイルドシート

自宅に車があれば、絶対必要です!

新生児から使用出来るチャイルドシートなど、色んな種類があります!

自家用車を使われるのであれば、必ず準備しましょう。

夏の車内は、どうしても暑くなるので、
出来れば、チャイルドシート側の窓に、
車用のカーテンをつけておくといいですよ!

また、赤ちゃんは汗っかきなので、チャイルドシートに取り付けられる、
汗取りパットも用意しましょう。

パットだけ取り外して洗濯可能なので、いつでも清潔に保つことも出来ます^^


チャイルドシートの赤ちゃん

まとめ

今回リストアップした中に、
「これはいらないの?」というものが結構あったと思います。

例えば紙おむつや哺乳瓶など・・・

紙おむつについては、ほぼ使用することになると思いますが、
だからといって、早くから大量に購入しておく必要はないと思います。

紙おむつは、同じサイズでもメーカーによって差があったりしますし、
赤ちゃんによって、肌に合う合わないがあります。


それ以外にも、夏場は特に臭いが気になるおむつバケツ。

確かにおむつ専用のものは、密閉度が高く臭いを防げますが、
我が家の場合、密閉度が比較的高い蓋付きゴミ箱で代用していました。

赤ちゃん用、ママ用として販売されているものでも、
ちょっと考えれば、他のもので代用できるものもあったりします。

必要な物だけを、無駄なく揃えて準備を楽しんでくださいね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ